スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜中華街の年越しイベント

今回も日本酒ではありませんm(__)m
少し前になりますが、横浜中華街で初めて年越ししたご紹介です。

12月31日の23時頃、横浜中華街に繰り出しました。風もなく思っていたより寒くはありません。
朝陽門から中華大通りに入ると、既に閉店している店もあり、いつものネオンが煌々としている雰囲気とは違います。
中華大通り

でも豚まんや小龍包といった点心のお店はしっかりやっています。
その中で上海小龍包専門店「鵬天閣」には長蛇の列ができてます。何でもTVで紹介されて大人気とのこと。
鵬天閣

小龍包を作る様子が見えます。独特の生地で皮を造り、具を入れて、お団子のように丸めます。皮は意外と厚い。
小龍包作り

我々も列に並んで、人気の「焼き小龍包」を買います。(4個入り480円)
皮はカリっと揚がっています。ぐっと噛むと熱々のスープが飛び出して、口の中がパニックになります。なるほどこれは旨い!! 揚げた皮とスープと肉が合わさって美味しさを増長。寒い中で食べるので格別です!
小龍包

お腹も満たされて、カウントダウンされる「関帝廟」に向かいます。大通りから横道に入ると、こちらはお店がほとんど営業しており、関帝廟通りはすごい人でごったがえしています。年越しはこちらが中心ですね。

23時40分に関帝廟に到着。初めてなので勝手がわからず、周りの人の様子を伺っていると、どうも関帝廟の隣にある横浜中華学院の校庭でカウントダウンが行われるようです。
関帝廟

早速、校庭に入ると前にステージがあり、既に多くの人が取り巻いています。
50分頃か、綺麗な小姐達が中国舞踊を舞い、新年に向けて盛り上げます。
中国舞踊

0時1分前から、カウントダウンコールが始まり、「10,9,8,・・・1,0」でいっせいに「新年好!」の歓声が上がります。周辺からは爆竹の音が響き、校庭では獅子舞が始まります。
獅子舞-2

この獅子舞がすごい! 2人1組の獅子達がまるで生きているかのように歩いたり、走ったり、立ったりして楽しませます。見物人の中にも入ってきて、頭をパクパクします。これは日本の獅子舞にも似ています。

途中から花火も打ちあがり、宴は最高潮!
花火

後半、関羽に扮した高さ3m位の人形(中に人が入っています)が関帝廟からステージまで歩いて回ります。それと共にたくさんの飴が撒かれ、皆さん福をもらおうと争奪戦。我々も10個位ゲットしました。

最後は再び獅子が登場して、飛んだり、舞ったりの曲芸を披露してくれます。これも一見の価値あり。

そんなこんなで約1時間たっぷり楽しめました。
多分、春節の時は、もっとすごいのでしょうね。また行ってみたいです。

いつもと違った年越しがしたい方には超オススメです。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 横浜&川崎周辺のグルメ
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
98位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。