スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初呑み:天鷹 大吟醸 秘蔵酒

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

仕事が忙しく長い間投稿できませんでしたが、新年を機会にまた再会します。
タイムリーに投稿できるように、今までより軽い内容で掲載したいと思います。

元旦の初呑みのお酒。
栃木県の天鷹酒造さんの2001年仕込みの熟成酒。
何と15年を経ての開栓、まさに秘蔵酒です。

備前の徳利、唐津のぐい呑みと共に

お気に入りの「備前の徳利」と「唐津のぐい呑み」でじっくり味わう。
ゆっくり温めたぬる燗が最高。しっかりした旨味が口の中にからまり、後口はすっきり切れていく。
おせちの煮物や肉系の料理と相性抜群。

天鷹 大吟醸 秘蔵酒
2001年のヴィンテージ

天鷹 裏面

昨年は多い少ないありますが、492のお酒を飲みました。
今年も更にパワーアップしていきます。



スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

忘れたころに嬉しい贈り物

4月に参加した「新世代栃木の酒 新酒発表2014」でアンケートに答えたところ、思いもかけず当選したとのことで、栃木県酒造組合より栃木の地酒が送られてきました。

DSC_0656.jpg

宇都宮酒造さんの
「四季桜 純米吟醸」
シンプルながらも和を感じさせるラベルです。
DSC_0657.jpg

20年くらい前に宇都宮に住んでいたことがあり、その当時は「四季桜 はつはな」という地酒を飲んでいたこともあり、思い出あるブランドです。
宇都宮酒造さんは、宇都宮市街から車で20分ほどのところにあり、鬼怒川沿いの田畑に囲まれた場所に位置します。創業は明治4年、当初は『四季の友』と銘していましたが、古人が詠んだ『酒なくして何のおのれが桜かな』に題を発し、二代目が『月雪の友は他になし四季桜』とし、これより『四季桜』と銘しています。(蔵元hpより)

こちらのお酒は鬼怒川の伏流水を仕込水に、山田錦を原料として香露酵母を使用しています。
DSC_0659.jpg

立ち香は甘めのフルーティな吟醸香がほどよく感じられます。口に含むと爽やかで綺麗な軽めの甘みと柔らかい米の旨みが舌に絡んできて、山田錦ならではの華やかな香りが鼻に抜けます。後半は酸味も出てきてすっきり感たっぷりに後口を〆ています。強烈なインパクトはありませんが、全体的に綺麗でバランスのとれたお酒で、食中酒としても良し、お酒の味わいを楽しむのにも良しという感じです。

思いもかけず嬉しい贈り物に感謝感激!!
栃木県酒造組合様、宇都宮酒造様、本当にありがとうございます。栃木の酒蔵が益々繁栄されることを祈念いたします。


[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2014年4月
 精米歩合  :58%
 アルコール度:16度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :香露酵母
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.5
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :宇都宮酒造株式会社
 所在地   :栃木県宇都宮市
 創業    :1871年(明治4年)
 代表銘柄  :四季桜

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

十一正宗 尚仁沢湧水仕込 純米大吟醸

以前栃木の方からいただいた栃木のお酒を鍋とともにいただきました。
栃木県矢板市にある酒蔵「森戸酒造」さんのお酒。

「森戸酒造」さんは明治7年創業で、「十一屋」の屋号で酒を造り続ける事120余年。名前の通りの通り「一」甘からず、「十」辛からず、 飲み飽きしない「旨口酒」を造り続けてきました。那須連山を背に仰ぎ、清らかな伏流水とともに自然環境に恵まれた地でお酒造りをされています。

今回いただいたお酒は
「十一正宗 尚仁沢湧水仕込 純米大吟醸」

全国屈指の銘水の地・塩谷町に位置する日本銘水百選のひとつ「尚仁沢湧水」を全量仕込み水に使用して、山田錦と八反錦を丁寧に高精白して造られた蔵人入魂の逸品です。
DSC_0514.jpg

ラベルの側面にこのお酒の特徴が書かれています。飲むのが楽しみ。。。
DSC_0517.jpg

この日は久しぶりに家族が揃ったので、鍋と共にいただきました。
DSC_0511.jpg

香りは穏やかですがふわっとした吟醸香が鼻に感じます。口に含むと、どちらかと言えば淡麗な口当たりでやや甘めの味を舌先に感じますが、舌の上で転がしていると米のふくよかな旨みがじわぁ~と湧き出てきて、鍋の具との相性もバッチリです。後半に酸味もほどよく出てくるのでキレも良く、大吟醸ながら食中酒としても良い感じです。

「尚仁沢湧水」が醸す清らかさと蔵人の丁寧な造りからくる優しさが感じられる美酒です。「十一正宗」は初めて飲みましたが、蔵人の思いが感じられる奥深いお酒です。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年7月
 精米歩合  :48%
 アルコール度:15度
 使用米   :山田錦、八反錦
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.5
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :森戸造株式会社
 所在地   :栃木県矢板市
 創業    :1874年(明治7年)
 代表銘柄  :十一正宗

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

今年の初呑み「天鷹 純米大吟醸 吟翔」

今年の初呑みは、栃木にいる息子が正月用にと買ってきた栃木「天鷹酒造」さんが醸す美酒でスタートです。

「天鷹酒造」さんは、栃木県大田原市にある酒蔵で、大正三元年(1914年)の創業。社名の「天鷹」は創業者が京都の旅館に泊まっていた時、天空を悠々と舞う大鷹の姿を夢に見て「天鷹」と名づけたそうです。
創業者は「辛口でなければ酒ではない」という辛口一本槍で、現在もその言葉通り辛口酒を作り続けています。そして「よい酒はよい原料から」と早くから全商品の高精白化をしてきており、「吟醸」を手掛け、数々の鑑評会で受賞歴があり、輝しい歴史を持ちます。

その「天鷹酒造」さんが醸す最高峰のお酒
「天鷹 純米大吟醸 吟翔」
で今年初の乾杯です!

見た目も天鷹最高峰の装いです。さらに2012年2月蔵出でじっくり低温熟成された優れものです。
DSC_0442.jpg

山田錦を35%まで精米した大吟醸造りです。
DSC_0446.jpg

久しぶりに揃った息子達とともにおせち料理をつまみながら「吟翔」をいただきます。
天鷹&おせち

精米歩合35%ならではの華やかで上品な吟醸香が立ちのぼります。口に含むと、なめらかで優しい甘みがスーっと舌に広がり、それとともに上品な吟醸香が鼻に抜けます。全体的にはスッキリしたまろやかな味わいで、じっくり丁寧に造られた熟成感を感じます。後半は酸味はおだやかながらも、若干の苦みとともにキリっとしめる辛みが出てきて。後口は爽やかにきれていきます。まさに新年にふさわしい華やかで清々しい美酒です。

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★☆
[女性おすすめ度(三段階)]★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年8月
 精米歩合  :35%
 アルコール度:16度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :9号系
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.5
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :天鷹酒造株式会社
 所在地   :栃木県大田原市
 創業    :大正三年(1914年) 
 代表銘柄  :天鷹 

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

鳳凰美田 別誂至高 雫絞斗瓶取り 大吟醸原酒

栃木の美酒「鳳凰美田」の最高峰をいただきました。
栃木県は個性的な蔵元が色々のタイプのお酒で楽しませてくれますが、その中でも私が嵌っている小林酒造さんの「鳳凰美田」は今や全国でも指折りの人気銘柄です。

小林酒造さんは、栃木県小山市にあり、創業は明治5年、栃木を代表する銘酒として年々進化してきました。10数年前は廃業も考えたという小さな蔵ですが、5代目蔵元専務の熱き情熱と醸造試験場の講師として活躍していた奥様、そして杜氏、蔵人が一丸となって造り上げた「新世代日本酒」として躍進してきました。

その蔵元が渾身の思いを持って醸した「鳳凰美田」最高峰が
鳳凰美田 別誂至高 雫絞斗瓶取り 大吟醸原酒
一年に一度の超限定酒。

格調高い黒ボトルに筆文字入りの和紙ラベル
鳳凰美田 表

上立ち香は、華やかな香りが特徴のお酒にしては少し抑えぎみですが、イチゴのような甘い香りが広がります。
口に含むと上品なトロっとした甘みが舌にからまりますが、けっしてしつこくなく程よい酸味がかぶさってバランスよい味わいに仕立てています。半年程度寝かせてあるので、米の旨みも程よく乗っていますし、原酒ならではのしっかりした味わいもあります。
それでいて全体的に清らかな綺麗さを感じるのは、35%精米で雫絞り斗瓶取りの丁寧な酒造りの成せる技でしょう。

裏ラベルには美味しい呑み方が指南されています。これも蔵元のお酒へのこだわりですね。
鳳凰美田 裏

「鳳凰美田」はあれば必ず呑むほど好きな銘柄ですが、このお酒は本当に別格、確かに「至高」ですね。
日本酒の旨さをすべて備えた感じです。ただ一言いわせてもらうと「純米」だったらどうなるのだろうか。。。ですねぇ。
「鳳凰美田」ますます進化する美酒として目が離せないです!!


[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★★
[女性おすすめ度(三段階)]★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年4月
 精米歩合  :35%
 アルコール度:17~18度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+1
 酸度    :1.2
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :小林酒造株式会社
 所在地 :栃木県小山市
 創業  :明治5年(1872年) 
 代表銘柄:鳳凰美田、鳳凰金賞

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
56位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。