スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬる燗でじっくり呑みたい「たまの八重桜」

やっと夏の暑さが和らぎ、朝晩は秋の爽やかな涼しさも感じられるようになってきました。
そろそろ燗酒もいいなぁということと、ちょうど北海道に行った親戚がお土産を買ってきてくれたので、それを肴に呑むことにしました。

いただいたお酒は
「多満自慢 たまの八重桜」
先日、東京・拝島にある「石川酒造」さんに伺ったときに購入しておいたお酒。

こちらのお酒は、石川酒造創業150周年を記念して、創業時の銘柄「八重桜」のラベルを復刻して「たまの八重桜」として昨年の10月1日「日本酒の日」に発売されました。
たまの八重桜 全景

精米歩合70%の純米酒。蔵元曰く「最も石川酒造らしい酒」であり「華やかさはなく平凡ではあるけれど、これは偉大なる平凡」とのこと。何やら意味深ですが、期待できますね。
たまの八重桜 裏

酒蔵でこのお酒は「ぬる燗」がいいと聞いていましたが、冷蔵庫に冷やしておいたので、初めの一杯は冷酒として呑んでみました。きりっとしまった感じで、甘みや米の旨みも穏やかですっきりした味わい、悪く言うと特徴がない味わいという感じです。
やはり「ぬる燗」だなぁと、酒温度計を見ながらしっかり40℃になったところで、いただきます。
柔らかい香りが立ち上り、甘みと米の旨みもぐっと広がり、ふくよかで奥行深いお酒に変身します。体の中に優しく浸み込んで、体が柔らかく気分が大らかに心地よい酔い加減になっていきます。燗酒のいいところですねぇ。

こちら↓が肴、北海道産の「根ボッケ」。半身ですが、お皿からはみ出るくらいの特大サイズ。
ホッケは回遊魚なので、北の海を回遊しながら成長していきます。しかし、その中に回遊しないホッケがいて、海の底に定住し、回遊しないので体が大きくなり、それゆえにこのホッケは「根ボッケ」と呼ばれます。
脂がのって、燗酒と良く合うこと、この上なしの相性です。
北海道産ねぼっけ

これからの季節燗酒もいいですね。体に染み渡る優しく柔らかしい心地よさが病みつきになります。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年6月
 精米歩合  :70%
 アルコール度:15~16%
 使用米   :アキヒカリ
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :±0
 酸度    :1.3
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :石川酒造株式会社
 所在地 :東京都福生市
 創業  :1862年(文久3年)  
 代表銘柄:多満自慢

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

多満自慢 純米大吟醸 無濾過原酒 夏の慶

東京・拝島にある酒蔵「石川酒造」さんの夏のお酒を家呑みしました。
「石川酒造」さんについてはこちら→石川酒造をご覧ください。

「多満自慢 純米大吟醸 無濾過原酒 夏の慶」 

こちらのお酒は「春夏秋冬 季節の慶」シリーズの夏バージョン。搾りたての新酒をすぐに瓶詰して生貯蔵し、数か月ごとにそれぞれの季節まで熟成させ、季節の名前を入れて出荷されます。パストライザー(瓶燗火入れ)仕様なので香りや風味が損なわれずに熟成されています。

夏をイメージした涼しげなブルーのラベル
DSC_0024.jpg

季節ごとの「慶」名と出荷時期が記載されています
DSC_0026.jpg

この日は旬の食材を使った料理「かますの塩焼き」「とうもろこしのかき揚げ」「アサリの柳川風」「空豆」などなど。
DSC_0022.jpg

上の写真でお酒の後ろの鍋の中に「アサリの柳川風」が入っています。鍋の中は下の写真。こちらの料理は以前横浜・元町にある「横濱人」でいただいていたく感激した料理です。
ちょうど大ぶりのアサリが手に入ったのでトライしました。殻つきのアサリとゴボウを甘辛の味付けして卵でとじるのですが、この組み合わせが抜群の旨さを出して、日本酒の肴に最高です!
DSC_0020.jpg

さてお酒のほうですが、香りは穏やかながらフルーティな吟醸香が漂います。口に含むとフルーティな含み香と共に綺麗な甘みが広がり、その後から柔らかくふくよかな米の旨みがしっかり効いてきます。「春の慶」は若干のピリピリ感が新酒の味わいを感じさせていましたが、今回はその荒さはなくなり、柔らかく爽やかな味わいです。
後半に酸味も効いて後口もすっきりキレていきます。多満自慢の持ち味である芳醇な味わいはそのままに、少し寝かせた分落ち着きと柔らかさを醸し、確かに夏に呑むにはいい感じですね。旬の食材ともバッチリ合っていました。

春、夏と味わいの変化を感じましたが、秋、冬はどのようになっていくのでしょうか。季節の味の変化が楽しみです。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年5月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:16~17度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+1
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :石川酒造株式会社
 所在地 :東京都福生市
 創業  :1862年(文久3年)  
 代表銘柄:多満自慢

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

多満自慢 純米大吟醸 無濾過原酒 春の慶

東京の酒蔵「石川酒造」さんの春のお酒を家呑みしました。
「石川酒造」さんについてはこちら→石川酒造をご覧ください。

「多満自慢 純米大吟醸 無濾過原酒 春の慶」 

こちらのお酒は「春夏秋冬 季節の慶」シリーズの春バージョン。搾りたての新酒をすぐに瓶詰して生貯蔵し、数か月ごとにそれぞれの季節まで熟成させ、季節の名前を入れて出荷されます。パストライザー(瓶燗火入れ)仕様なので香りや風味が損なわれずに熟成されています。

春の季節感を出したラベル
表 拡大

季節ごとの「慶」名と出荷時期が記載されています
裏 拡大

この日のメインは「和牛のステーキ」。この日本酒と合うか??
和牛ステーキ

香りは穏やかで果実の吟醸香が漂います。口に含むと綺麗な甘みが広がり、若干のピリピリ感が新酒のフレッシュさと爽やかな春の清々しさを感じさせ、その中に柔らかくふくよかな米の旨みがしっかり効いています。
後半に酸味も効いて後口もすっきりキレていきます。生酒に比べると落ち着いた味わいですが、初めのフレッシュ、フルーティから中盤の原酒の濃醇さ、後口のキレとバランス良い味の変化が楽しめます。
ステーキの味付けは、塩コショウ+若干の醤油で肉の味を引き出す感じにしているので、このお酒との相性はよく、脂っこい味にも負けず肉の旨味を引き立たせています。

春、夏、秋、冬とそれぞれの季節の味の変化を楽しみたいと思います。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年3月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:16~17度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+1
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :石川酒造株式会社
 所在地 :東京都福生市
 創業  :1862年(文久3年)  
 代表銘柄:多満自慢

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

多満自慢 純米大吟醸 生酒 ささにごり慶 

4月に東京・拝島にある「石川酒造」さんに伺った際に購入したお酒を家呑みしました。
「石川酒造」さんについてはこちら→石川酒造をご覧ください。

「多満自慢 純米大吟醸 生酒 ささにごり慶」 

こちらのお酒は「慶」シリーズでも季節限定品。酵母の滓を残し、かすかににごっているため「ささにごり」と名付けたとのこと。「ささ」は「少し、ちょっと」という意味だそうですが、「笹」とも掛けてラベルには「笹」の絵が描かれています。
DSC_0001.jpg

DSC_0002.jpg

この日は「いわしのつみれ汁」を肴にいただきました。
DSC_0006.jpg

香りは穏やかで若干の柑橘系果実香があります。口に含むと「多満自慢」の特徴でもあるフルーティな甘みが舌に広がります。甘たるいというのではなく、若干酸味を帯びて柑橘系の爽やかな味わいです。その後からしっかりした米の旨みが被さってきて、味に厚みを増します。無濾過で滓がらみなので、コクや旨みがしっかり感じられるのが「ささにごり」の特徴だと思います。最後はほどよい酸味とともに綺麗にキレていきます。

「石川酒造」さんで呑む味は格別ですが、その味をそのまま家で味わえるのも格別です。
「ささにごり」という名前もいいですが、味も秀逸。まだ半分残っているので、少し置いて味の変化を楽しみます。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年2月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:16~17度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :石川酒造株式会社
 所在地 :東京都福生市
 創業  :1862年(文久3年)  
 代表銘柄:多満自慢

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

多満自慢 しぼりたて純米生原酒 かめぐち

先日おじゃました多摩の酒蔵「石川酒造」さんで買ってきたお酒。
このお酒は酒蔵限定販売なので、酒蔵に行った人しか手に入りません。

酒蔵のレストラン「雑蔵」でいただいたときは、ラベルなしの瓶でしたが、販売用はラベルが貼られています。
かめぐち 全景

「かめぐち」とは、上槽中に酒が酒槽(さかぶね)から出てくる口のことで、「ふな口」とか「垂れ口」とも呼ばれています。ここから滴り落ちる無濾過の生原酒をすぐに瓶詰にしたものがこのお酒です。

かめぐち 側面
ラベルにはしぼりたての貴重なお酒であることが書かれています。
「ふな口から出るお酒をそのまま樽に詰め、酵母や酵素が生きている「しぼりたて」のお酒です。今まで蔵人しか味わうことのできなかったフレッシュでフルーティーな味わいを是非ご賞味ください。」

搾ってすぐのお酒を量り売りするためでしょうか、瓶の栓は金具で封止されていません。その代り「厳封」と書かれた帯ラベルが栓にしっかり貼られています。普通のお酒のように造り置きしていないということですね。
かめぐち 厳封 厳封アップ

今宵は「水炊き」と共にこの美酒をいただきました。
かめぐち水炊き

上立ち香は、穏やかながらもフレッシュでフルーティな香りが漂います。口に含むと舌の上にフルーティな甘みがほとばしり、しばし舌の上で転がしていると米の旨みが被さってきます。そののち程よい酸味が湧いてきて、原酒ならではの若干の苦みもからみ、それまでの甘旨みを引かせるような第二弾の味わいに変わっていきます。前半の濃醇な味わいが全く後に残りません。これは凄いお酒です。まさしくできたてをその場で飲める蔵人しか味わえない美味しい酒。

「水炊き」との相性も抜群。鶏の旨みを活かして、お酒の旨みも失わず、相乗的に味を高めて美味くしているような感じです。
実はこのお酒、精米歩合が70%なんです。とてもそう思えない、吟醸クラスの上品で洗練された味わいです。これもこの蔵のなせる技なのでしょう!

「雑蔵」でいただいた時も旨さに感激しましたが、家でじっくり呑んで完全に嵌ってしまいました。私の好みをずばっと射抜かれた感じです。この時期限定、蔵でした手に入らない貴重な美酒に出会えたことに感謝!!

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★☆
[女性おすすめ度(三段階)]★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年2月
 精米歩合  :70%
 アルコール度:17~18度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :石川酒造株式会社
 所在地 :東京都福生市
 創業  :1862年(文久3年)  
 代表銘柄:多満自慢

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。