スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小左衛門 純米 播州愛山 無濾過生酒 限定品

横浜・伊勢佐木町にある酒屋「徳丸商店」は、最近人気の地酒を豊富に扱っている店なので、時々伺っている。今回、運よく「而今」が置いてあり、徳丸指定銘柄とセットなら購入できるという。さっそく指定銘柄を見比べ、七福神のイラストラベルに魅せられて中島醸造「小左衛門」に決定。

「中島醸造」さんは、岐阜瑞浪にて1702年創業し、300年以上の歴史と伝統を持つ酒蔵。2000年に新ブランド「小左衛門」を立ち上げ、今では人気銘柄のひとつになっている。

ラベルは数種類あるが「福禄寿」を選ぶ。全部集めると七福神が完成するとか。
DSC02337.jpg

お酒を片手にほろ酔い加減の「福禄寿」がいい感じだ。
DSC02339.jpg

徳丸商店さん限定品。愛山で日本酒度-4とくれば、甘い味わいが想像される。
DSC02340.jpg

冷酒でいただく。
香りは穏やかながら果実香がほんのり漂う。口に含むとフルーティな甘い味わいが舌の上に広がる。無濾過の雑味も被さってか、濃厚な甘さではない。酸味はわずかで、後半のキレはあまりないが、全体的にきれいにまとまってインパクトが薄い。ちょっと想像していた味わいと異なる。(★★★☆)

ということで、少し日をおいて味わってみることにする。

4日後、再び冷酒でいただく。
初日よりしっかりした米の旨味が出てきて、後半の苦味と酸味もほどよく出てきて後口のキレもよくなりメリハリのある味わいになってきた。それと温度が上がったほうが味わいのふくらみが感じられるので、次回は燗酒を試すことにする。(★★★★)

開栓から1週間後、今度は燗酒でいただく。
秋の味覚「秋刀魚」とともに味わう。こちらの酒器は以前中国で買ってきたもの。中に湯を入れて酒が温められるように二重構造になっている。
IMG_20140914_175752.jpg

酒温度計を見ながら熱燗まで温めて、温度を下げながら味わいの変化を試す。
IMG_20140914_184836.jpg

熱燗は甘みが抑えられきりっとしまった味わい、ぬる燗は甘みがふくらみしまりが弱い。いずれも冷酒よりもまろやかで飲みやすくなるが、後半の酸味が少なく、キレの良さはいまひとつという感じか。(★★★★)

飲み続ける酒ではなく、最初の一杯が旨いという印象である。愛山のせいかわからないが、他の酒米バージョンも試してみたい。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2014年7月
 精米歩合  :70%
 アルコール度:17.5度
 使用米   :播州愛山
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :-4
 酸度    :1.6
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :中島醸造株式会社
 所在地   :岐阜県瑞浪市       
 創業    :1702年
 代表銘柄  :始禄、小左衛門

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

ダルマ正宗 辰年限定ブレンド 長期熟成古酒

武蔵新城の「おばら」さんで珍しいお酒をいただきました。
昨年の4月以来です。==> 前回訪問ブログ

築地直送の新鮮な魚や旬の料理をつまみながら、きき酒師の若女将さんお奨めの美味しいお酒を味わいました。

この日サービスでいただいた「達磨正宗 辰年限定ブレンド 長期熟成古酒」。

岐阜県に日本酒通の間で知られる伝説の酒蔵があります。
古酒のジャンルにおいてナンバー1の蔵元で、「達磨正宗」という他の酒蔵にはないお酒を造る「白木恒助商店」さんです。

創業は天保6年(1835年)で、現在まで7代続く酒蔵です。6代目蔵元、白木善次氏の代から古酒造りを開始。ちょうど昭和40年代は大手酒造メーカーがシェアを伸ばしていた時期で、大手との競争をどうしたらよいか思案され、まったく異なるコンセプトのお酒で挑戦されたわけです。
初めは様々な批判を受けたり苦労が多かったそうですが、一貫して古酒造りにこだわり、素晴らしいブランドに育てられました。
普通の清酒とは異なり、10年〜20年と熟成させた際に美味しくなるような味のバランスで造られています。

ラベルにはだるまと干支を組み合わせた絵がかかれています。
今年は辰年。ちょっと太ったユニークな辰ですね。
辰年の昭和51年、63年、平成12年のビンテージをブレンド。
36年前のお酒との一期一会です!!

だるま正宗全景

古酒独特の鮮やかな黄褐色。
独特の香ばしい香りが漂いますが、結構熟成系の香りが強い気がします。
口に含むと意外とさらっとした口当たりの後から、やや重のスモーキーな香りがふわっと鼻に抜けながらビターな味とともに柔らかい甘みが舌に染みてきます。熟成酒にしては意外とライト系です。
お酒だけ呑んでいるとビターな香ばしさが余韻を引いていますが、いかの煮つけと合わせてみると煮つけの濃い目の味とお酒の重厚感がうまくマッチして、お酒の旨さを引き出しながら溶け込む感じです。

だるま正宗 左側面

普段は熟成酒呑む機会はほとんどありませんが、うまく料理と合わせるとお酒の旨さが引き出てくるなど奥行き深いお酒です。いつの日か熟成酒を旨く呑めるほどにお酒を極められるのでしょうか。。。

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

岐阜の隠し酒「百春 純米中汲み しぼりたて 槽口直詰」

少し前になりますが、こちらでは中々呑めない美酒をいただきました。
目黒「KIRAZ」のオーナーが岐阜で試飲して即購入したという絶品のお酒で、岐阜県美濃市の「小坂酒造場」さんが醸している「百春」という銘柄です。
岐阜のお酒を飲んだことはありますが、「百春」は初めてです。「百春」の酒名は、「お酒を楽しみながら健康で百度目の春を迎えられますように」と祈りを込めて命銘されたとのこと。体に良い清き酒を感じさせますね。

「小坂酒造場」さんは安永元年(1772)創業で、その酒蔵は江戸の造り酒屋を今に伝えるどっしりとした構えで、この地方独特のうだつ造りやむくり屋根などを含め、国の重要文化財に指定されており、歴史と伝統のある酒蔵です。全国銘水百選の長良川の名水、酒造りに適した気候風土と良質な酒造用好適米により、美濃の美酒を醸しています。

今回いただいた美酒は、「百春 純米中汲み しぼりたて 槽口直詰」です。

純米酒を機械で圧力をかけることなく、一度もタンクに汲みあげることなく、搾り機(酒槽)より純米の中汲み部分を直詰したフレッシュ感たっぷりのお酒です。

百春拡大  百春 表拡大

上立ち香は、それほど強くありなせんが芳醇な香りがあり、口に含むとフレッシュを感じさせるピリッとした舌触りがあります。口の中に広げていくと、軽めの甘さとしっかりした旨味が感じられ、圧力をかけずに瓶詰めしたならではの なめらかで優しい口当たりです。のど越しは、キリッと引き締まった酸味が広がり、後口はすっきり切れていきます。

岐阜のお酒はこちらでは飲む機会も少なく、銘柄もあまり知られていませんが、このような美酒が隠れてあるのは、奥の深さを感じました。
美濃のお酒との一期一会は旨いっす!!

[お酒の評価:5段階]
★★★★☆

[女性おすすめ度:3段階]
★☆

[お酒のデータ]
製造年月  :2011年4月
精米歩合  :60%             
アルコール度:18%             
使用米   :五百万石               
使用酵母  :非公開            
日本酒度  :+3              
酸度    :2.0             
アミノ酸度 :非公開             

[蔵元のデータ]
蔵元名 :株式会社小坂酒造場
所在地 :岐阜県美濃市
創業  :安永元年(1772年) 
代表銘柄:百春

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
94位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。