スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学ブランド酒 「純米吟醸酒 東京農大」

昨年、息子が東京農大の学園祭に行った際に大学ブランドの酒があったので買ってきました。しばらく家で寝かせて少し熟成したところでいただきました。
東京農大と言えば、日本で唯一「醸造」の名を持つ学科が設置されており、発酵の力となる微生物の機能を研究しています。発酵食品に欠かせない伝統的な醸造技術から最先端のバイオテクノロジーやケミカルバイオロジーまで、幅広い知識を学べます。最近の若手蔵元・杜氏には東京農大卒業生が多くおります。

その東京農大が静岡の「富士錦酒造」さんに特別に製造委託して造ったオリジナルのお酒が
「純米吟醸酒 東京農大」

東京農大の学生が酒造りに関わったのかは??です。
和紙のラベルに東京農大のマークが書かれています。
東京農大 全景

東京農大 裏

常温(といっても今の時期ですので、それなりに冷たい)でいただきました。
上立ち香は吟醸香は感じられず、少しミルキーな香りがあります。口に含むと仄かな甘みと共にやや重めの米の旨みとコクが舌に広がります。含み香もほとんどなく、やはり少し熟成した感じがします。後口は酸味も出てスッキリキレていきます。これならぬる燗がいいかもしれません。食中酒向きです。
熟成させずに呑んでみたいですね。

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★☆
[女性おすすめ度(三段階)]★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年7月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:15~16度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.5
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :富士錦酒造株式会社
 所在地 :静岡県富士宮市
 創業  :元禄年間 
 代表銘柄:富士錦

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

開運 純米 無濾過生原酒 

久しぶりに静岡を代表する酒蔵「土井酒造場」さんが醸す美酒「開運」をいただきました。

「土井酒造場」さんは明治5年創業で、吟醸王国「静岡」を全国に知らしめるべく大きな役割を果たした蔵です。
伝説の能登杜氏「波瀬正吉氏」の技が伝承され、まろやかな軟水である高天神城の湧き水を使い、山田錦はじめ好適米をぜいたくに磨くことにより、安定した高い品質のお酒を造られています。

今宵の美酒は、今年一番最初に仕込んだ純米しぼりたての第一号、この時期だけの限定酒。
「開運 純米 無濾過生原酒」

原料米に兵庫県特A地区の山田錦を全量使用し、55%まで磨いた純米酒を、搾ったばかりの出来立てそのままを瓶詰めした無濾過生酒です。

開運

香りは穏やかながら爽やかな吟醸香が漂います。口に含むとフレッシュで躍動感ある口当たりとともに無濾過純米生原酒ならではの力強いコクと米の旨みがこみ上げてきます。絶妙な酸味がバランスよく効いて美味しさを存分に引き出しています。米の旨味を生かした濃醇な味わいと抜群のキレを伴う爽やかな後味は、見事な仕上がりです。後味の爽やかさゆえ新酒でありながら飲み飽きしません。

新酒シーズン初めから素晴らしいお酒をいただきました。

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★☆
[女性おすすめ度(三段階)]★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年11月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:17~18度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :9号系
 日本酒度  :+5
 酸度    :1.4
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :株式会社土井酒造場
 所在地 :静岡県小笠郡大東町
 創業  :明治5年 
 代表銘柄:開運

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

臥龍梅 純米吟醸山田錦 無濾過生原酒

静岡の新世代日本酒「臥龍梅」をじっくり家呑みしました。

「臥龍梅」の蔵元「三和酒造」さんは、母体となる鶯宿梅蔵元、鈴木家が貞享年間に創業したことに遡ります。それ以来「鶯宿梅 おうしゅくばい」と名づけられたお酒は近隣の住民に愛されてきましたが、昭和46年5月、消費社会の発展と需要拡大の要請に応え、三和酒造株式会社を設立しました。
さらに平成14年に、酒造りの伝統を守りながら清酒市場の変化と時代の流れに対応してゆくため、まったく新しいコンセプトのお酒「臥龍梅 がりゅうばい」を発売しました。従来の静岡型吟醸酒とは一線を画し、味も香りも豊かでインパクトのある酒質が人気を博しています。

ともかく「臥龍梅」という名前がいいですね。蔵元によると「龍が天にのぼるがごとく天下人となった徳川家康が植えた梅が三百年の月日を経て大木に成長し、さながら龍が臥したような見事な枝振りから何時の頃からか『臥龍梅』と呼ばれるようになり、その故事に習いやがては天下の美酒と謳われることを願って新しく発売するお酒を『臥龍梅』と命名した」とのこと。

今回の家呑み酒は「臥龍梅 純米吟醸山田錦 無濾過生原酒」です。

臥龍梅 表
情緒ある浮世絵ラベルがレア品を思わせます。

臥龍梅 裏
山田錦50%磨きの大吟醸並みの贅沢なお酒です。

上立ち香はおだやかで純米らしい米麹の香りとわずかに吟醸香が感じられます。口に含むと無濾過生原酒のまったりした舌ざわりの中から甘みと米の旨みがじわっととわいてきて、それでいて山田錦50%磨きのシャープで綺麗な含み香が拡がり、柔らかく厚みのある味わいです。酸はそれほど感じられなく、終始旨みとコクがしっかりしていて後口は余韻を残しながらゆっくり引いていきます。
静岡型吟醸酒と一線を画す、奥行きが深く蔵元のこだわりが感じられる美酒です。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2011年9月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:16-17度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+2
 酸度    :1.3
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :三和酒造株式会社
 所在地 :静岡県静岡市
 創業  :1686年(明治35年)
 代表銘柄:臥龍梅

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。