スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最北のお酒 "國稀 上撰"

北海道に出張した折に「日本最北の酒蔵」が醸すお酒を呑みました。
北海道増毛町の「國稀酒造」さん。日本最北にある造り酒屋として有名だそうですが、無知な私は初めて知りました。

蔵の代表銘柄「國稀」は、その昔は「國の誉」でした。「國稀」という名の酒が、乃木希典元陸軍大将の名前にちなんで登場したのは大正9年のことです。
創業者「本間泰蔵」氏が、日露戦争の戦没者を弔うために慰霊碑建立の発起人となり、碑文の揮毫を乃木大将に依頼。乃木大将に面会し人格に大きな感銘を受けた泰蔵氏は、乃木希典の希の一字をもらい「國の誉」を「國稀」と改銘。「希」ではなく「稀」としたのは、そのまま使用するのはおこがましいと考えたためで、「のぎへん」をつけて「国に稀な良いお酒」という意味合いももたせました。

いただいた銘柄は「國稀 上撰」

国稀 表
大正時代から現在も使われているクラシックなラベル

国稀 裏
北海道で産まれた酒造好適米「吟風」を100%使用

一口で言うと、香りは穏やかで淡麗辛口、後口はスッキリ切れる味わいです。
北海道のお酒を呑む機会は多くはありませんが、いつも感じるのはスッキリ辛口の味わいです。
濃醇旨口系を好む私には、ちょっと物足りないですが、北海道の旨い魚とはよく合うように思います。

以前、札幌の居酒屋に入ったら、北海道の地酒は一つも置いてなく、久保田を全銘柄揃えているのを自慢していました。
悲しいですねぇ。地元の酒蔵の方々は、厳しい自然環境の中、一生懸命旨い酒を目指して酒造りをされているのに。。。地元の人こそが、地元産のお酒を応援してほしいです。

いいお酒、いい酒蔵との「一期一会」でした。



[じゅん吟好み度:5段階] ★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★
[お酒のデータ]
 精米歩合  :65%
 アルコール度:15-16度
 使用米   :北海道産吟風
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+4~+6
 酸度    :1.2~1.4
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :国稀酒造株式会社
 所在地 :北海道県増毛町
 創業  :1882年(明治15年) 
 代表銘柄:国稀

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
94位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。