スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燦然 特別純米 備前雄町 原酒生詰

この時期、酒屋の店頭には「ひやおろし」が並ぶ。
「ひやおろし」とは、春に搾ったお酒を火入れして貯蔵し、ひと夏越させて熟成させ、秋にそのまま(火入れせず)瓶詰めしたお酒のこと。夏を越して冷えてきた時期(秋)に卸すので、「ひやおろし」とか「秋あがり」と呼ばれる。

どれにしようか迷っていたら、大好きな「備前雄町使用」のラベルが目に留まり、「これだ!」と思いきや「燦然(さんぜん)」という銘柄は呑んだことがないので、ちょっと迷いが出たが、備前雄町の産地・岡山の酒蔵ということで、試すことにした。

倉敷市にある「菊池酒造」さんの銘柄。
明治11年に創業、かつて千石船が行き交い備中玉島港町(現岡山県倉敷市玉島)として繁栄した昔の問屋街の一角にある。数多い酒の中にあって一段と輝く素晴らしい酒であるようにという願いから、酒銘を「燦然」(さんぜん)と名付けた。社長が音楽人でもあり、酒造りの期間中、蔵の中に蔵元自身が厳選したモーツァルトの楽曲を流す試みを行っているユニークな酒蔵でもある。(蔵元HPより)

ネットで調べてみると、昨年「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」の金賞受賞した銘柄。これは期待ができるとワクワクしてきた。

「燦然」の文字が黄色く色づけられ、「燦然と輝く酒」をイメージしたラベル
DSC02571.jpg

酒造りのこだわりが記載されている。
DSC02574.jpg

冷酒と燗酒を試した。
まず冷酒から。
香はおだやかで若干米の香りがある。口に含むと想像していた濃いめの甘さではなく、どちらかというとしっかりした甘旨みという感じで、雄町の特徴であるやんちゃな味わいは影をひそめている。ひと夏越して、味がこなれてバランス良くなってきたせいだろうか。口に含んでいると次第に米の旨みが出てきて、やはり濃醇さが広がってくる。後半はほどよい酸味が徐々に味を引き締め、キレのよい後口である。こんなにうまくまとまった雄町の酒を飲んだのは初めてかもしれない。

さて燗酒はどうか。
熱燗とぬる燗を試す。熱燗はキリキリとした味わいが強く感じられ、このお酒の旨みや柔らかさを消してしまう感じ。それに比べてぬる燗は、含み香も出てきて、米の旨みもしっかり感じられ、ふくらみが出てくる感じだ。更に燗さましにするとその傾向が強くなり、冷酒とは一味違う味わいに変化するのが面白い。

冷酒でも燗酒でも楽しめる万能選手。濃醇さあり、キレの良さもあり、米の旨みもたっぷりあり、と非常に良いとこどりをした逸品である。これはいい酒に巡り合った。今回はひやおろしであったが、また違うタイプを試してみたい。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2014年9月
 精米歩合  :65%
 アルコール度:18~19度
 使用米   :備前雄町
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :菊池酒造株式会社
 所在地   :岡山県倉敷市       
 創業    :1878年(明治11年)
 代表銘柄  :燦然、木村式奇跡のお酒

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

嘉美心 純米吟醸 無濾過生酒 冬の月

前回紹介した「清水家」さんでいただいて印象に残ったお酒。
岡山の「嘉美心酒造」さんが醸す
「嘉美心 純米吟醸 無濾過生酒 冬の月」。

瀬戸内海の海辺の小さな町、寄島町にある渚の蔵「嘉美心酒造」さんは、1913年(大正2年)、初代藤井長十郎によって創業されました。
酒銘は「身も心も清らかにして御酒を醸したい」という願いから「神心」(かみこころ)と同音の「嘉美心」を選んだと伝えられます。

五代目蔵元「藤井進彦」氏の言葉が、蔵の原点である「米をふんだんに使う米旨口」の酒造りを語っています。
”日本酒は「日本人の主食である【米】」からのみ醸されます。「米の旨味をそのまま伝える・・・」そんな「日本人の心」に響く「日本のお酒」をこれからも魂を込めて醸して参ります。”

「冬の月」とは「銀光に輝いた月からしたたり落ちた絹のようなお酒」をイメージしたもの。そして「本来冬期仕込み期間中の酒蔵を訪ねない限り口にすることが不可能であった幻の酒」。
何ともミステリアスでロマンチックなお酒ではありませんか。
一年に一度の数量限定出荷の希少酒。ここで呑めた一期一会に感謝!!

通常は「三日月ラベル」だそうですが、120本に1本このような「満月ラベル」もあるとか。二本が揃った写真は希少でしょう!
冬の月

岡山で開発された「白桃酵母」を使用。
冬の月 裏

上立ち香は、パイナップル系の穏やかな甘い香り。口に含むと優しくそれでいてしっかりした甘味が舌を取り巻きます。そして米の旨みもかぶさり、芳醇旨口最高潮の味わいで口の中はパニック状態。けっして重い味わいというわけではなく、まさしく”絹のような”のとおり、柔らかくスルスルとした口当たりで、後口もスッキリしています。

蔵元のこだわった「米旨口」の酒造りをしっかり感じる秀逸な美酒です!!
是非、一本入手して家呑みでじっくりやりたいです。


[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★☆
[女性おすすめ度(三段階)]★★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年12月
 精米歩合  :58%
 アルコール度:16~17度
 使用米   :日本晴
 使用酵母  :白桃酵母
 日本酒度  :-4
 酸度    :1.5
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :嘉美心酒造株式会社
 所在地 :岡山県浅口市
 創業  :1913年(大正2年)  
 代表銘柄:嘉美心

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

酒一筋 純米大吟醸 赤磐雄町

幻の酒米「赤磐雄町」を使用した美酒をいただきました。
岡山県赤磐市にある「利守酒造」さんが醸すお酒。

「利守酒造」さんは、慶応4年創業の伝統ある酒蔵ですが、昭和40年代後半、『良い米で本当の酒を』と決心した利守酒造四代目・利守忠義氏が、かつて“酒米の帝王”と呼ばれた雄町米の中でも最高とされた軽部産・雄町米の復活に乗り出し、「赤磐雄町」ブランドの美酒を造りました。忠義氏曰く「酒は本来、旨いものでなくてはいけません。雄町という米から、どこまで個性的で、しかも旨い酒が作れるか、これからも挑戦の日々だと思っています。」(蔵元hpより)

今回のお酒は
「酒一筋 純米大吟醸 赤磐雄町」
「酒一筋」という酒名に蔵元の思いが込められていますね。
酒一筋

立ち香は穏やかで仄かに吟醸香が感じられます。口に含むと舌にわずかに甘みを感じたあとからしっかりした米の旨みが舌の上に広がり、味の膨らみと若干の熟成感を感じます。後半は酸味がしっかり利いてのど越しすっきりキレていきます。今はやりのフルーティなお酒とは一味違うストレートな米の旨みをしっかり味わせる個性的なお酒です。赤磐雄町独特の味わいなのでしょうか、好き嫌いが分かれるお酒という感じですが、オマチストにはたまらない逸品でしょうね。

酒一筋 裏
裏ラベルには、蔵の「雄町」へのこだわりがびっしり書かれています。

私も米の旨みがしっかりある雄町が大好きですが、「酒一筋」のこだわりには敬服します。これからも「赤磐雄町」を活かした個性的な雄町酒を造って楽しませてください。

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★
[女性おすすめ度(三段階)]★
[お酒のデータ]
 精米歩合  :40%
 アルコール度:15~16度
 使用米   :赤磐雄町
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+4
 酸度    :1.3
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :利守酒造株式会社
 所在地 :岡山県赤磐市
 創業  :慶応4年(1868年) 
 代表銘柄:酒一筋、かたつむり

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
88位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。