スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王祿 超辛純米 中取 無濾過生原酒

「王祿」は、ひと頃独特の味わいにすごく嵌ったお酒です。
最近呑む機会があまりなくなりましたが、先日とある居酒屋に行ったところ、日本酒メニューに「王祿」があるではないか! ということで、早速注文。

王祿酒造さんは、蔵元・杜氏の「石原丈径」さんが、「生きている酒 王祿」をコンセプトに、全量無濾過、できる限り火入れしない、全量瓶内熟成等々、こだわりを持った独特のお酒造りをされています。ともかく一切の妥協を許さず、全身全霊で旨い酒造りに取り組んで、「王禄ワールド」を築きあげています。

今回いただいたお酒は
「王祿 超辛純米 中取 無濾過生原酒」

久しぶりにじっくり拝んだ筆字の「王祿」。この文字と同様に味わいも力強い。
DSC_1376.jpg

スペックを見ただけで、このお酒が半端な辛口ではないことがわかる。
そして製造年月が何と昨年の1月。ということは冷温貯蔵して熟成させてたってこと?
DSC_1377.jpg

辛口だがしっかりした旨み、熟成した濃醇さが口の中に広がります。その上からインパクトある極上の酸味が被さってきて、濃醇な旨みをきゅーっと〆ていくのが素晴らしい感触。
うーん、これって本当の意味で日本酒通の人でないと、旨さがわからないかもしれない。今流行のフルーティで芳醇甘口系のお酒とは大局的な味わいですね。

呑めば呑むほどに旨さがわかってくる、まさしく石原丈径氏しか造れない味わいです!!

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★
[女性おすすめ度(三段階)]★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年1月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17~18度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :協会9号
 日本酒度  :+9.6
 酸度    :2.3
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :王祿酒造有限会社
 所在地 :島根県松江市
 創業  :明治5年(1872年)  
 代表銘柄:王祿

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

I LOVE MY SAKE "智 純米吟醸 無濾過生原酒"

長男の"MY SAKE"で誕生日の祝いを。
昨年の長男の誕生日から始めた"I LOVE MY SAKE"も2年目に入ります。
今年も家族の誕生日にはそれぞれの"MY SAKE"でお祝いをしたいと思います。

今宵の"MY SAKE"は、長男の一文字"智"のついたお酒。
島根県の吉田酒造さんが醸す
「智 純米吟醸 無濾過生原酒」

吉田酒造さんは島根県安芸市にある老舗蔵で、酒蔵の創業は文政9年(1826年)、広瀬藩の酒造館として始まりました。この地は、戦国時代山陰を統治していた尼子氏居城「月山富田城」のある城下町です。
主銘柄の「月山」の酒名はこの城山にちなんで命名。「智」は次期蔵元の智則氏が新しく立ち上げたブランドでラインナップは全て無濾過生原酒というこだわり。まさに新世代日本酒です。

智 全景 縮小

智 拡大 縮小
上立ち香は、わりと穏やか。ほどよい果実香が鼻をくすぐります。
口に含むとまず柔らかい甘みを感じ、そのあと米の旨味が広がってきて芳醇さを感じますが、しっかり酸がきいてきて、後口はすっきり爽やかに引いていきます。濃醇と思わせておいてすっきり〆ていく、そして米の旨みもたっぷり感じられるなど非常にバランスがよく、呑み飽きしない美酒です。
吟醸の香りが強くないので、食中酒としても良いです。

智&料理 縮小
逗子の小坪港で仕入れた魚を刺身をつまみに。旬の太刀魚やコリコリのヤリイカが旨い。やはり日本酒と刺身は抜群の組み合わせ。この「智」もピッタリ合うお酒です。



[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年4月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:17-18度
 使用米   :島根産佐香錦
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.6
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :吉田酒造株式会社
 所在地 :島根県安芸市
 創業  :1826年(文政2年) 
 代表銘柄:月山、智、智則

 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

李白 純米吟醸 超特撰 ~WONDERING POET~

先日、三十数年ぶりに松江に行きました。松江の近くの出雲は神の国として良く知られています。ちょうど十月は八雲立つ出雲国にとって「神有月」。全国から八百万の神々が出雲に集い、国護りの議事や縁結び談義を重ねたと伝えられます。そのため出雲以外の国では「神無月」と言われます。
また、酒造りの神である久斯之神(くすのかみ)を祀っている佐香神社は、出雲国風土記に記され、古くから酒の神様として信仰を集めてきました。この佐香(さか)が酒の古名に該当するこの地が日本酒発祥の場所であるとされています。
そんな神々しい国の美酒「李白」をお土産に買ってかえりました。
「李白」は松江市の「李白酒造」さんが醸すお酒です。
「李白酒造」さんは、明治15年に創業し、出雲神話に出てくる酒造りの伝統を引き継ぐ出雲杜氏が古今の酒造技術の巧みな調和から幾多の賞に輝く芳醇でまろやかな清酒李白を醸しつづけてきました。
大正から昭和にかけて二度も内閣総理大臣を経験した松江市出身の若槻礼次郎氏によって「酒仙李白」に因んで命名された由緒ある酒名です。

「李白 純米吟醸 超特撰 ~WONDERING POET~」
酒造好適米「山田錦」を55%に精米し、伝統的手造りの技法でじっくりと低温発酵させた純米吟醸です。まろやかな味わいとコクがあり、且つ爽やかでキレの良さが特徴です。様々な料理と相性の良い、世界各国で飲まれている李白の代表的なお酒。ちなみに「李白」の英語酒銘は「WONDERING POET(吟遊詩人)」です。
李白 表
「李白」の文字は若槻氏の揮毫(きごう)を写したものです。

李白 裏
蔵元の「李白」への思いが綴られています。

上立ち香は、穏やかでわずかに果実系の香りが漂います。
口に含むと、一転して青リンゴのようなフルーティな含み香が口から鼻に抜け、やや辛口で酸味がきいた味わいが口に中に広がり淡麗辛口系を思わせますが、その奥から米の旨みとじわぁ~とした甘みが絡み合い、柔らかみとふくらみを持たせた味わいに仕上げてきます。酸味もほどよく効いて後口はスッキリ切れていきます。
しっかりとした甘みと旨味があり、丁寧に旨さを引き出した美味しいお酒に仕上がっています。

「李白」は何度か呑んでいますが、すっきりシャープな味わいでちょっと物足りなさを感じていましたが、今回家呑みでしっかり味わってみると甘みや旨味が奥底からからんできて深い味わいがあるお酒だと思いました。是非また違った種類を呑んでみたいですね。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2011年10月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:15-16度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :協会9号
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.6
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :李白酒造株式会社
 所在地 :島根県松江市
 創業  :1882年(明治15年) 
 代表銘柄:李白

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

I LOVE MY SAKE「智 純米吟醸 佐香錦 無濾過生原酒」

日本酒の銘柄には、酒蔵の歴史や伝統、蔵元の思いなど多種多様な名前がつけられており、その銘柄に自分の名前の文字が入っていると、すごく愛着を感じます。最近、我が家では、家族それぞれの名前の一文字が入った日本酒を探して「MY SAKE=自分のお酒」とし、誕生日などの記念日に愛着をもって味わうことにしました。これがタイトルを「I LOVE MY SAKE」とした理由です。探せばあるもので、4人家族のいずれも一文字の銘柄が見つかりました。
今回は、その第一弾を紹介します。
今月誕生日の長男の名前の一文字が「智」で、その文字が入ったお酒を探しました。弘明寺にある「ほまれや酒舗」さんにありました!! 島根県の吉田酒造さんが醸すその名もずばり「智」です。

吉田酒造さんは、文政九年(1826年)の創業で、翌年の文政十年(1827年)には山陰地方で最も早く藩公から認可を受けた古い歴史と伝統を誇る酒蔵です。「月山」が主銘柄で、酒質は非常に口当たり柔らかく、飲み飽きしない特徴から、「全国新酒鑑評会」において、今日までに二桁の金賞受賞歴を誇る全国でも屈指の銘蔵です。
その吉田酒造の蔵元後継者の吉田智則さんがこだわって造ったお酒に自らの名前を銘柄に入れた「智則」と「智」があります。

今回味わった美酒は、「智 純米吟醸 佐香錦 無濾過生原酒」です。
「佐香錦」は、幻の米「改良八反流」を母に「金紋錦」を父として生まれた「山田錦」に匹敵する島根県オリジナルの酒造好適米です。名前は、お酒の神様「佐香神社(松尾様)」に由来して命名されました。

智 全体  智 ラベル拡大
                    ラベルにスペックを詳細記載
智 智拡大
 大きな「智」の文字が引き立つ

上立ち香は、ほどよい果実香が心地よく鼻をくすぐります。口に含むとまず柔らかい甘みを感じ、そのあと米の旨味が広がってきて芳醇さを感じますが、しっかり酸がきいてきて、後口はすっきり爽やかに引いていきます。濃醇と思わせておいてすっきり〆ていく、そして米の旨みもたっぷり感じられるなど非常にバランスがよく、呑み飽きしない美酒です。吟醸の香りが強くないので、食中酒としても良いですね。
我が家の「MY SAKE」コレクションにぴったりの美酒に満足、満足!!

[お酒の評価:5段階]
★★★★★                 

[女性おすすめ度:3段階]
★★                 

[お酒のデータ]
製造年月  :2010年2月
精米歩合  :55%             
アルコール度:17.5%             
使用米   :島根県産佐香錦               
使用酵母  :非公開            
日本酒度  :+3              
酸度    :1.9             
アミノ酸度 :1.4             

[蔵元のデータ]
蔵元名 :吉田酒造株式会社
所在地 :島根県安来市
創業  :文政九年(1826年) 
代表銘柄:月山、智

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村





テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
99位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。