スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島の美酒 「三芳菊 純米吟醸 雄町おりがらみ 無濾過生原酒」

川崎の「げん」さんでいただいた美酒のご紹介です。
前回は「香川」、前々回は「高知」で、今回は「徳島」の「三芳菊」です。「三芳菊」は、このブログに何度も登場している銘柄なので、酒蔵や蔵元の情報は、以下の記事をごらんください。

<今まで掲載した三芳菊の記事>
  ワインのようでワインより旨い
  三芳菊 聴水 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石60
  三芳菊 岡山雄町 呑み比べ
  三芳菊 山田錦 呑み比べ

今回いただいた三芳菊は、「三芳菊 純米吟醸 雄町おりがらみ 無濾過生原酒」です。

三芳菊 表  三芳菊 ラベル拡大
     雄町おりがらみ       華やかな色彩のラベルが印象的

上立ち香は、三芳菊ならではのリンゴとメロンを合わせたような甘い果実香が漂いますが、雄町のせいか吟醸香は緩やかです。口に含むと「おりがらみ」の若干のピリ感を舌に感じながら、フルーティで甘みたっぷりの味わいが口の中に広がります。けっしてしつこい甘さではなく、雄町の米の旨さがしっかり感じられる味わいです。舌の上で転がしていると、次第に酸味が全体を包み込んで甘さが調和され、すっきり感が出てきます。初めの甘味の迫力とこの酸味のバランスが非常に素晴らしく、後口はスッキリ切れて、またすぐに呑みたくなります。
三芳菊はどれを呑んでも美味しいですが、雄町ファンとしては、たまらない美酒です。

[お酒の評価:5段階] ★★★★★

[女性おすすめ度:3段階] ★★★

[お酒のデータ]
製造年月  :2011年6月
精米歩合  :60%             
アルコール度:17%             
使用米   :雄町               
使用酵母  :徳島酵母            
日本酒度  :+2              
酸度    :非公開             
アミノ酸度 :非公開             

[蔵元のデータ]
蔵元名 :三芳菊酒造株式会社
所在地 :徳島県三好市
創業  :1903年 
代表銘柄:三芳菊

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

ワインのようでワインより旨い! 「三芳菊 特別純米 無濾過生原酒 雫取り 阿波山田錦60」

久しぶりに三世代の家族が我が家に揃って、美味しいお酒と肴をたっぷり堪能しました。2回にわたって紹介します。

今回は、徳島県三好市の「三芳菊酒造」さんが醸す「三芳菊」です。

このブログでも何回か紹介した「三芳菊」ですが、今回は家呑みということで、普段日本酒を呑まない女性陣に「三芳菊ワールド」を味わってもらおうという趣向です。 

<以前の紹介記事>
  三芳菊 聴水 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石60
  三芳菊 山田錦 呑み比べ
  三芳菊 岡山雄町 呑み比べ

いただいた美酒は、「三芳菊 特別純米 無濾過生原酒 雫取り 阿波山田錦60」です。
逗子の小坪漁港で仕入れた新鮮な魚をつまみにワイングラスで乾杯!!

刺身全景  三芳菊と料理
しまあじ、いさき、ひらまさ、地だこ     ワイングラスで乾杯

このお酒は、三芳菊の中でも数量限定で出荷される希少な雫取りバージョンです! 雫取りとは、上槽(搾り)の一種ですが、モロミを小分けに詰めた酒袋を吊るして、自然にポタリ、ポタリと滴り落ちてくるお酒だけを瓶に詰めたものです。とにかく手間暇かかる究極のしぼり酒です。

三芳菊 全景  三芳菊 裏ラベル
  鮮やかなブルーのボトル        阿波山田錦60%精米
      
三芳菊 表下アップ  三芳菊 表上アップ
    阿波の地酒 三芳菊          限定品 雫取り      

上立ち香は、三芳菊ならではのマスカットのような華やかで甘い香りがふわっと鼻をくすぐります。ワイングラスなので、いっそう香りが引き立ちます。口に含むと雫取りが醸す繊細で軽快な飲み口に始まり、すぐ後から三芳菊の個性溢れるジューシーな甘味が口の中いっぱいに広がり、甘味を感じているとその後にしっかり酸味が甘味を包んでいき、スーっと甘みが消えると共にさっぱりと爽快な後口の切れが感じられ、またすぐに呑みたくなってしまう、恐ろしいお酒です。
甘みと酸味のバランスが最高うまくからみ、雫取りの繊細で綺麗な呑み口が全体を包む、三芳菊の中でも屈指の美酒だと思います!!

女性陣からも「これ日本酒?? 呑み易い! ワインに似ているけどこっちの方が美味しい!」という歓声があがり、ワイングラスを呑みほしてしまいました。まさに「三芳菊ワールド」全開!! 

[お酒の評価:5段階]
★★★★★

[女性おすすめ度:3段階]
★★★

[お酒のデータ]
製造年月  :2011年6月
精米歩合  :60%             
アルコール度:17%             
使用米   :徳島県産山田錦               
使用酵母  :徳島酵母            
日本酒度  :+2              
酸度    :非公開             
アミノ酸度 :非公開             

[蔵元のデータ]
蔵元名 :三芳菊酒造株式会社
所在地 :徳島県三好市
創業  :1903年 
代表銘柄:三芳菊

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

三芳菊 聴水 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石60 

和酒バル「KIRAZ」でいただいた美酒紹介の第三弾です。
最後の〆にいただいたお酒は「三芳菊 聴水 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石60」です。

上立ち香は、抑え気味のおだやかな吟醸香が漂います。口に含むと濃いめの口当たりとともに軽めの果実香が感じられ、そのあとから「三芳菊」独特の甘みが口いっぱいに広がります。後半は酸がきいてすっきり切れていきます。「五百万石」なので、どちらかというと辛口系を想像していましたが、甘さを十分出しながら、濃醇さを感じるお酒です。
初めに呑んだ山田錦に比べると重め、濃いめのお酒です。なので、煮込みとも合いますが、何といってもトルティージャの卵とぴったりですね。〆にまたまた美酒をいただきました。

聴水 表ラベル
三芳菊 聴水 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石60 


[お酒の評価:5段階]
★★★★

[女性おすすめ度:3段階]
★☆

[お酒のデータ]
製造年月  :2011年3月
精米歩合  :60%
アルコール度:17%
使用米   :五百万石
使用酵母  :徳島酵母
日本酒度  :+2
酸度    :非公開
アミノ酸度 :非公開

[蔵元のデータ]
蔵元名 :三芳菊酒造株式会社
所在地 :徳島県三好市
創業  :1903年 
代表銘柄:三芳菊


よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

三芳菊 岡山雄町 呑み比べ

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日和酒バル「KIRAZ」でいただいた美酒紹介の第二弾です。
今回は岡山雄町を使った2種類の「三芳菊」の呑み比べです。

三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒 

まず最初に「三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒」をいただきました。

上立ち香は、リンゴとメロンを合わせたような甘い果実香が漂いますが、先にいただいた山田錦より吟醸香は緩やかです。口に含むとフルーティで甘みたっぷりの味わい口の中に広がり、甘みが芳醇さをかもしながらもしつこくなく、口の中に次々と米系の旨さが迫ってきます。最後に酸がきいてきて、後口はスッキリ切れていきます。
山田錦は華やかな香りが特徴ですが、雄町はしっかりした旨みが特徴で、三芳菊ではどちらも甲乙つけがたいですね。
山田錦同様にアルコール臭さがないので、女性でも抵抗なく呑めるお酒です。
このお酒は雄町の良さを活かしながら三芳菊のコンセプトを発揮する絶品ですね。雄町ファンとしては、たまらない美酒です。

三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 表ラベル
三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒

次に「三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒」をいただきました。
このお酒は、岡山雄町を使用した生原酒で2年熟成させた美酒です。熟成酒というと琥珀色で濃い味わいを想像してしまいますが、このお酒はまったく異なります。色は殆ど無色に近く、見た目には熟成酒には見えません。
上立ち香は穏やかな果実香が漂いますが吟醸香は弱く軽やかです。
口に含むと甘みは感じられますが、前の雄町に比べると緩やかで、初めは濃い口を感じますが次第に酸がきいてすっきりした味わいになります。適度な甘みとスッキリ感、そして酸味と切れのバランスが素晴らしいですね。
生原酒の熟成酒は初めて呑みましたが、こんなにのみやすく、旨さがはじけるお酒になるものかと感嘆しました。
よほどしっかりと保存管理して大切に寝かしていたのでしょうね。出会えて良かったという感じです。

三芳菊 岡山雄町 熟成 表ラベル
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒 


[お酒の評価:5段階]
三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒:★★★★★
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒    :★★★★

[女性おすすめ度:3段階]
三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒:★★☆
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒    :★★

[お酒のデータ]
<三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒>
 製造年月  :2011年3月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17%
 使用米   :岡山雄町
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

<三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒>
 製造年月  :20BY
 精米歩合  :65%
 アルコール度:17%
 使用米   :岡山雄町
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

[蔵元のデータ]
蔵元名 :三芳菊酒造株式会社
所在地 :徳島県三好市
創業  :1903年 
代表銘柄:三芳菊


よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

三芳菊 山田錦 呑み比べ

和酒バル「KIRAZ」でいただいた美酒を紹介していきます。
今回は山田錦を使った3種類の「三芳菊」の呑み比べです。

三芳菊 阿波山田錦60 おりがらみ 無濾過生原酒
三芳菊 零 おりがらみ 無濾過生原酒
三芳菊 阿波山田錦55 亀口直汲み 無濾過生原酒

まず最初に「三芳菊 阿波山田錦60 おりがらみ 無濾過生原酒」をいただきました。
これは前回伺った時に一番美味しく呑んだお酒で、オーナーがそれを覚えていて、一番初めに出してくれました。
このお酒は、蔵元地元徳島県産の山田錦を使用しており、60%の磨きで、更におりがらみバージョンです。普通のおりがらみに比べて白く濁っているので、おりの混ざりが多いのでしょうが、それがこのお酒の特徴ある味わいを出していると思います。
上立ち香は、リンゴとメロンを合わせたような甘い果実香と華やかな吟醸香が漂い、口に含むと果実のいい香りと共にストレートな甘みが口いっぱいに広がり、おりのシュワシュワも感じて、口の中に次々と芳醇な旨さが駆け巡っていきます。まったくアルコール臭さがないので、女性でも抵抗なく呑めるお酒です。最後に酸がきいてきて、後口はスッキリ切れていきます。初めに感じる芳醇な甘みは、呑み終わるとまったく残っていなく、またすぐに呑みたくなってしまう不思議な美酒です。

三芳菊 阿波山田錦 おりがらみ 表ラベル   三芳菊 阿波山田錦 おりがらみ 裏ラベル
三芳菊 阿波山田錦60 おりがらみ 無濾過生原酒

次は、米以外のスペックは同等で山田錦産地違いの播州山田錦を使用した「三芳菊 零 おりがらみ 無濾過生原酒」をいただきました。
このお酒は、山田錦100%を使っていますが、等外米の播州山田錦を使っているため特定名称酒(純米酒)は名乗れないとのこと。等外米といえどあえて等級検査を受けていないものも含まれ、全量山田錦を使用しているので、実質は純米の造りになります。
上立ち香は洋ナシのような穏やかな果実香が漂います。初めに呑んだお酒に比べると吟醸香は弱く軽やかです。
口に含むとフルーティな香りが広がり、続いてほどよい甘さが満ちてきます。芳醇ではありますが、滑らかで綺麗な口当たりで、品の良い感じがします。その分アタックは軽めで、初めのお酒を呑んでしまったあとなので、やはり印象度は弱くなってしまいます。後口は酸がきいてスッキリ切れていきます。

三芳菊 零 おりがらみ
三芳菊 零 おりがらみ 無濾過生原酒

三番目のお酒は、「三芳菊 阿波山田錦55 亀口直汲み 無濾過生原酒」です。
初めのお酒と同じ阿波山田錦を使用して、精米歩合は55%と更に磨き、21BYの1年熟成ものです。搾ったお酒が槽(ふね)から出てくる出口のことを槽口(ふなぐち)と言いいますが、別名、垂れ口(たれくち)などとも言います。では亀口(かめくち)と何でしょうか。私も初めて知りましたが、亀口直汲みとは上槽時に槽から一時的に受けるタンクから直に汲むことで、そのタンクの形が亀に似ているところから「亀口」と言う名前になったそうです。
これを搾りたてではなく、1年寝かして呑むわけです。
上立ち香は香りはほのかにする程度。口に含むと初めわずかに甘めの味が感じられますが、すぐにナッツ系のローストのグワっとくる重めの香りが鼻から抜けて、含み香もスモーキな重め味を感じます。前の2つのお酒とは全く異なる味わいです。
淡泊で繊細な料理ではなく、チーズや濃厚な味付けの料理とピッタリ合います。お互いの主張とクセがうまく絡み合って、更に美味しさを引き立たせ合うようです。うーん、日本酒の幅の広さと奥の深さを感じます。

三芳菊 阿波山田錦55 表ラベル
三芳菊 阿波山田錦55 亀口直汲み 無濾過生原酒

米の違いや熟成度でこれだけ香りや味わいが異なるというのは不思議ですね。それに料理も合わせると更にいっそうそれぞれのお酒の持ち味が引き立ちます。
こういった呑み比べは、本当にそのお酒の特徴をわかっている人でないとできませんね。オーナー様、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。


[お酒の評価:5段階]
三芳菊 阿波山田錦60 おりがらみ 無濾過生原酒:★★★★★
三芳菊 零 おりがらみ 無濾過生原酒      :★★★★
三芳菊 阿波山田錦55 亀口直汲み 無濾過生原酒:★★★★

[女性おすすめ度:3段階]
三芳菊 阿波山田錦60 おりがらみ 無濾過生原酒:★★★
三芳菊 零 おりがらみ 無濾過生原酒      :★★☆
三芳菊 阿波山田錦55 亀口直汲み 無濾過生原酒:★★

[お酒のデータ]
<三芳菊 阿波山田錦60 おりがらみ 無濾過生原酒>
 製造年月  :2011年3月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17%
 使用米   :阿波山田錦
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

<三芳菊 零 おりがらみ 無濾過生原酒>
 製造年月  :2011年3月
 精米歩合  :65%
 アルコール度:17%
 使用米   :播州山田錦
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

<三芳菊 阿波山田錦55 亀口直汲み 無濾過生原酒>
 製造年月  :21BY
 精米歩合  :55%
 アルコール度:17%
 使用米   :阿波山田錦
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+3
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

[蔵元のデータ]
蔵元名 :三芳菊酒造株式会社
所在地 :徳島県三好市
創業  :1903年 
代表銘柄:三芳菊


よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
62位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。