スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川の地酒「相模灘」の酒蔵を訪ねて

このゴールデンウィーク期間に以前から是非訪問したいと思っていた酒蔵に伺いました。
神奈川県相模原市にある「久保田酒造」さん。
神奈川の地酒の中で人気の「相模灘」を醸す酒蔵です。

創業は1844年(弘化元年)と170年の歴史ある酒蔵。300石の小さな酒蔵ですが、若き蔵人たちが熱い思いを持って新世代の美酒を醸しています。

橋本駅からバスで30分ほど「無料庵」というバス停で降りるとすぐ目の前に大きな看板が見えます。
DSC_1620.jpg

DSC_1619.jpg

そこから川の方に下りて、橋を渡ると酒蔵に到着。蔵は鬱蒼と茂る木々で囲まれ、川と森の自然に恵まれた酒蔵です。この地形が安定した温度や日光の影響を少なくするなど酒造りに適しているそうで、この場所に酒蔵を作った
理由が分かります。

入り口の門の後ろが本家の母屋で、その横の煙突のある建屋が酒蔵です。いずれも創業当時のまま残っており、映画の撮影でも使用されており、映画「八ッ墓村」のロケにも使われました。また本家の母屋は「かながわの建築物100選」に選ばれています。
酒蔵入り口

出迎えてくれたのは代表取締役(蔵元さん)の久保田晃さん。この方、京都市立芸術大学で日本画を専攻して画家を目指されていましたが、2006年杜氏の突然の引退で本格的に酒造りを行うことにしたそうです。
以来、弟で杜氏の徹さんと共に兄弟で伝統の酒蔵を守りながら、新たな酒造りも取り入れた次世代の酒を目指してチャレンジしています。

まず事務所で、酒蔵のことや酒造りのことなど色々話を聞かせていただきました。
そのあと、蔵の中を案内していただきました。

↓酒米の蒸し釜、この上に甑を載せて蒸します。
今は粕とり焼酎を作るのに使用しているとのこと。
蒸し釜

ここ↓は洗米する場所ですが、今は器具はかたずけられています。
洗米場

隣の部屋に貯蔵タンクがズラリと並んでいます。久保田酒造さんでは、基本的に瓶詰めして貯蔵するとのことで、こちらのタンクも今はほとんど空とのこと。
貯蔵タンク

↓麹室の中です。二重扉で一定温度に厳重管理されています。
麹室

更に奥に入ると仕込みの場所があります。
↓仕込みのタンクです。ここで醪が発酵されお酒になっていきます。
仕込みタンク

そしてこちらが上槽するための圧搾機です。初めて見ましたが、これで一気に搾るのは豪快です。ここから搾りたてのお酒が出てくるのを見てみたい、呑んでみたい! 
晃さん曰く「搾ったすぐを呑めるのは蔵人の特権ですね」 
圧搾機

こちら↓が火入れの機械と瓶詰めの機械です。
火入れ機
火入れ機、この中の蛇管と呼ばれる管に酒を通して65℃の熱湯で加熱します。

瓶詰め機
瓶詰め機、今は動いていません。

瓶詰めされたお酒は、こちら↓の5℃に保たれた冷蔵室で貯蔵されます。
生酒も瓶詰めしてから約1ケ月ここで貯蔵してから出荷されます。少し寝かせることで、味を落ち着かせ旨みを出させるとのこと。
瓶冷蔵室

さらに出荷直前にこちら↓でラベルが貼られます。手前のハンドルを回してラベルを貼って行きます。
ラベル貼り機

酒造りの一通りの工程を駆け足で見ることができました。既に仕込みが終わった時期なので、かたづけられている場所もありましたが、私にとってはこれだけじっくり見たのは初めてなので貴重な見学でした。

蔵見学が終わるとお酒の販売処に行って試飲をさせていただきます。
販売処店内

販売処は本家の母屋にあります。江戸時代からそのまま残っている建屋なので、中に入るとタイムスリップしたような感じに浸れます。この囲炉裏を囲んで一杯やったら最高ですね。
本家内部

「相模灘」は基本3種類の酒米を使用してます。7割が長野産美山錦、残り3割の半分づつは播州山田錦と備前雄町を使用。美山錦が多いのは、この酒蔵の造りに一番適している酒米だからとのことです。
そして通年販売は火入れで7割、季節限定は生酒で3割というように種類はシンプルで分かり易いです。

6種類を試飲させていただきました。
こちらが火入れ酒。左から
・相模灘 純米吟醸 山田錦
・相模灘 特別純米 美山錦
・相模灘 純米吟醸 美山錦
試飲酒 火入れ

こちらが生酒。左から
・相模灘 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒
・相模灘 特別純米 山田錦 無濾過生原酒
・相模灘 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
試飲酒 生酒

今の時期、やはり生酒が旨いです。瓶詰めしてから寝かせてあるので、フレッシュさを残しつつも落ち着いた味わい、旨みも乗っています。3種の米の違いも良くわかります。

ということであっという間に2時間経ち、帰りのバスの時間が迫ってきました。
最後に門の前で晃さん(左)と記念写真を撮り、固い握手をして帰途につきました。
晃さんとの記念写真

飲食店や酒販店の方ならともかく、一般消費者が一人で訪ねてこれほど丁寧に対応していただいたことに本当に感謝しています。これも晃さんの人柄でしょうね。

若きエース久保田兄弟が造るお酒はまだまだ発展途上だと思います。さらに進化する「相模灘」を楽しみしています。そして新酒造りの時期にまた再訪したいと思います。


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

酒飲みのテーマパーク "石川酒造"

先週の休日に東京都の酒蔵の一つ「石川酒造」さんに伺いました。
1月26日の日本経済新聞の別刷り「プラス1」で紹介されていた「訪ねて楽しい日本酒蔵元」で3位にランクされいます。

ちょうど職場の仲間が酒蔵を知っていたので、休日にゆっくり楽しみに出かけました。
場所は青梅線の拝島駅から徒歩15分の多摩川に近い場所。東京都とはいえ、私の自宅からだと2時間近くかかるので小旅行気分。

16時に拝島駅で待ち合わせ、天気もよく暖かかったので歩いていきました。閑静な住宅街の中に忽然と真っ白な蔵が立ち並び、時代をスリップしたような別世界が広がります。ここが「酒飲みのテーマパーク」かと感嘆!

「多満自慢」と書かれた蔵の入口をくぐると、白壁の蔵が立ち並ぶテーマパークに入場です。
酒蔵入り口

「石川酒造」さんは、文久3年(1862年)創業の伝統蔵。明治13年に現在の熊川の地に本蔵を建造し、酒造りの拠点を築きました。「石川酒造は、地域の誇りであり、自らの誇りである」を理念として、人生に活力を与える、地域に活力を与える酒造りを行っています。

「多満自慢」の酒銘は、「多摩の心をうたいつつ、多摩の自慢となるよう、多くの人達の心を満たすことができたら」をいう願いを込めて命名されました。

こちらがまさに今新酒造りを行っている「本蔵」。新酒を知らせる「杉玉」が吊るされています。「本蔵」をはじめ場内の建造物は、「国登録有形文化財」に指定されています。
本蔵

敷地内に流れる「熊川分水」。明治20年頃、玉川上水から生活用水として引かれたもので、石川家を中心に熊川村の人々が工事に携わりました。
場内の水

分水のすぐ近くに樹齢400年を超える「夫婦欅」があります。。根元にお米の神様「大黒天」と水の神様「弁財天」が祀られており、石川酒造さんでは毎朝夕、酒造りの精進を祈っています。
写真の後ろの蔵が「本蔵」と「新蔵」です。夜はこのようにライトアップされ幻想的です。
夫婦欅

石川酒造さんは、明治20年から2年間「日本ビール」の銘柄でビールを製造していた歴史もあります。そのころ使用していた「ビール釜」が保存されています。かなりでかい!!
ビール釜

蔵の敷地内には、和食とイタリアンの2件の食事処があります。
こちらは、自家製ビールとイタリアンが楽しめる「福生のビール小屋」。 平成10年に「多摩の恵」という名でビールを復活させました。その地ビールを蔵で飲むのは格別だと思います。周りには桜の木があるので、春には花見酒が楽しめるとのこと。
ビール小屋

こちらが本日のお目当てで、ここでしか呑めない日本酒と和食の店「雑蔵」。明治31年に造られた土蔵を改装したもので、二階には資料館もあり、蔵の歴史や貴重な資料を見ることができます。
雑蔵

本日のメインイベントは、「雑蔵」で新酒と板長自慢の料理をいただくこと。
まずは地ビール「多摩の恵 ペールエール」で乾杯。つまみは、ゆで生落花生と大根とジャコサラダ。
ビールは濾過、加熱していないので、酵母が生きており、フレッシュ感と旨み、コクのある深い味わいを楽しめます。

レギュラーメニューに加えて、こちらのボードに本日オススメの日本酒と料理が書かれています。
おすすめメニューボード

さぁそして日本酒に移行。
お酒を入れてくださるのは、女性の店長補佐で、素晴らしい方です。
物腰柔らかく、和やかにゆったりと楽しめるような心遣いをされており、実に心地よい気分で過ごすことができます。

一杯目は「多満自慢 純米原酒 しぼりばな あらばしり生酒」
あらばしり

香りは穏やかでフルーティな感じ。口に含むとじわっと甘みが広がり、それでいて重みはなく、どちらかと言えばスッキリ綺麗な味わいで、旨いです。生原酒であらばしりというとかなりキツイ、重い感じですが、そんな感じはなく、含み香もフルーティ、味わいもまろやかで綺麗、女性にも好まれる感じです。

それに合わせて「いわしの薄造り」が出てきます。これ板長さんの肝いり。ちょうど節分も近いということもあり、「いわし」にしたそうで、付け合せの海藻がひいらぎを似せた感じ。しかし「いわしの薄造り」というのは初めて。
いわし薄造り

板長さん曰く「いわしは血合いの部分で良し悪し分かるので、通常は皮のある側を上にして盛り付ける。薄造りにするとそのごまかしは利かないので、本当にいいものしかできなんですよ!」と...
身が柔らかくて崩れやすい「いわし」をこんなにも薄く造れるのは、さすが職人技ですね。

二杯目は「多満自慢 純米生原酒 かめぐち」
こちらは、この時期に酒蔵まで来た人しか呑めない貴重なお酒。搾りたてをそのまま瓶詰めしているので、瓶にはラベルが貼ってありませんでした。なので写真はなし。後で蔵の売店でお土産に買ったのには、簡易ラベルが貼ってありました。(後日ブログで紹介します)

関サバの塩焼きといわしの唐揚げ。関サバはかなり大振りで、脂も乗って旨い。いわしは頭から尻尾まで全てカリカリに揚げてあるので、いいつまみになります。
関さば&いわし

三杯目は「山廃純米大吟醸2001」
これも本日のお楽しみ。2001年に仕込んだものを冷蔵熟成した特別限定酒。この一升びんが最後とのこと。
山廃2001

山廃2001 裏

熟成酒というと赤褐色で独特の香りと味わいが特徴ですが、このお酒は冷蔵熟成のため、12年経っても色はやや黄色みかかった程度です。香りはほとんどありませんが、熟成香ではなく米の香が仄かに漂います。味は山廃の重みがまろやかになった感じで、旨みもしっかりあり、洗練された味わい。貴重な味をかみしめながらいただきました。
山廃2001 色

四杯目は「多満自慢 たまの八重桜」。このお酒は創業150年を記念して製造されたもので、創業時のラベルが復活しています。
八重桜

八重桜 裏

こちらを燗と冷でいただきました。季節ということもありますが、燗酒がまろやかで体に染み渡る感じでいいです。

最後に再び「あらばしり」に戻り、〆の「蕎麦」へ。
ここは蕎麦も手打ちでオススメとのことで、半そばに半熟玉子を入れていただきました。
さっぱりした蕎麦に玉子のまろやかな味が合わさり、〆にピッタリです。
蕎麦

ということで、見学や買い物も含めて、たっぷり5時間目いっぱい楽しみました。自宅からはちょっと遠いですが、多摩の自然を楽しんで帰りにこちらに寄って一杯やっていくというのもいいですね。
全て満足、素晴らしい「一期一会」に感謝!! これからも旬の味わいを楽しみに行きたいと思います。


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

手打蕎麦 雑蔵そば(蕎麦) / 拝島駅熊川駅牛浜駅

夜総合点★★★★ 4.5


テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

東京23区唯一の酒蔵 ”小山酒造”で蔵しるセミナー

11月11日、FBO主催の「蔵しるセミナー」に参加しました。
第1回は、東京23区内唯一残る酒蔵「小山酒造」さんにて行われました。
東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅から徒歩5分のところにあります。

「小山酒造」さんは明治11年創業。蔵の地下130mからくみ上げる浦和水脈秩父山系の伏流水は、酒造りに最も適するといわれる中硬水。この水の特性を活かしてスッキリのど越しの良いお酒を丁寧に醸しています。

DSC_1120.jpg
創業当初はかなりの規模の酒蔵だったそうですが、現在はその一角に集約され蔵自体もリニューアルされています。蔵入り口の門柱や講義を受けた部屋のはりやふすまなどに昔の面影が残っています。
新しい建屋に「杉玉」が吊るされています。

DSC_1101.jpg
初めにFBOの長田講師が「今、世界中で注目される日本酒」の講義をされました。

DSC_1105.jpg
続いて蔵元5代目の奥様「小山久理」さんが講師をされ、「小山酒造の酒造りと丸眞正宗の特徴」を紹介されました。「小山久理」さんは、蔵に嫁いで来る前は日本酒は縁遠い存在だったそうですが、こちらに来られてから日本酒に目覚め、利き酒師の資格も取得されて、今では小山酒造の表の顔として活躍されています。
このように若くて美しい方が積極的に活動されると女性の日本酒ファンも増えることでしょう。もちろん男性もですが。。。

DSC_1100.jpg
そしてお待ちかねの試飲となります。3種類の丸眞正宗のテイスティングと仕込み水の比較を行い、丸眞正宗の美味しい飲み方をご教示いただきました。

このあと蔵見学を行いましたが、残念ながら蔵内撮影禁止とのことで、写真はありません。蒸米を行う甑、瓶詰め機、麹室等々を見学しました。
この日は休日ということで、酒造りの社員の方も一緒に回ってくださり、色々と質問に答えていただきました。以前は越後杜氏がおられたそうですが、現在は社員制度に切り替えて若い蔵人が酒造りに励んでいます。

DSC_1111.jpg
蔵見学が終わると、新酒しぼりたての試飲、丸眞正宗の温度別試飲です。
押上「よしかつ」ご主人の佐藤さん自ら燗付けして、色々とご指南いただきながら温度差による微妙な味の変化を楽しみました。「吟醸辛口」の燗さましが非常に美味しく感じました。

蔵しるセミナー 小山酒造(SSIさんのサイトから借用)
最後に全員で記念撮影。
そして純米吟醸酒のお土産までいただきました。非常に中身の濃い2時間に皆さん満足された様子。
また、是非こういった機会を作っていただきたいと思います。
小山酒造の皆さん、FBOの方々、ありがとうございました。


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

浦霞醸造元「佐浦」を訪問

仙台に行った際に塩釜に足を伸ばして、東北の銘酒「浦霞」醸造元の「佐浦」さんに伺いました。
仙台から仙石線で約30分の「東塩釜」にあります。

「佐浦」さんは1724年(享保9年)創業で、徳川幕府8代将軍・徳川吉宗の時代に遡る老舗の蔵です。
佐浦家の酒造りの歴史は、「鹽竈(しおがま)神社」の御神酒酒屋として酒を醸した事に始まっているとのこと。
酒銘「浦霞」は、源実朝が詠んだ歌「鹽竈の の松風むなり 八十島かけて 春や立つからん」の「浦」と「霞」をいただいたことに由来します。

昨年の東日本大震災では、震度6強の強い揺れとともに、敷地内には津波による浸水もありましたが、蔵の方々は皆さん無事とのことでした。
しかしながら、土蔵の外壁崩落、浸水による機械、器具類の故障、約3万本のお酒の破損など大きな被害を受けました。その後修理、買い替えなど復旧に努められ、昨年9月より酒造りを再開して、今年も素晴らしい新酒を醸しています。

浦霞 全景
こちらは明治初期の建物で、販売店舗「浦霞 酒ギャラリー」になっています。
浦霞各種商品販売やきき酒を行っています。
また、予約すると酒蔵ガイドも行っています。ただし、蔵内部や製造工程の見学はなく、外観を見ながらの説明になります。

法蓮寺 向拝 縮小 
こちらは現在事務所になっていますが、江戸時代、鹽竈神社の別当寺として大きな勢力を誇った「法蓮寺由来の向拝」を移築し復元したものです。

享保蔵 南側 縮小
こちらは「享保蔵」といって、江戸末期から明治初期に建てられたもの。
北側の扉から冷気を取り入れ、南側の天窓から熱気を逃がして、室温を調整するようになっています。
震災で外壁が崩落して、昨年12月に修復が完了しました。

大正蔵 縮小
こちらは「大正蔵」といって、大正から昭和にかけて建てられたもの。
中では「純米吟醸 禅」が造られています。

家紋 縮小
販売店舗の横に蔵内への入口があり、家紋が入った暖簾がかけられています。
この家紋は佐浦家代々の家紋「丸に違い丁字」。「丁字」は、海外渡来の高価な珍重物であるとともに、仏教においては宝物の一種であり、瑞祥的な意味もある縁起の良いものとしても知られています。
貿易が盛んだった港町ならではの家紋です。

稲井石
蔵通路や事務所入り口に敷き詰めてある石材。石質は黒くどっしりと重く、石目が美しく滑らかできめ細やか。

杉玉 縮小
蔵内に入ると、「享保蔵」の前に「酒林(杉玉)」が掲げられているのが目に入ります。青々とした「酒林」は「今年も新酒ができました」という酒蔵からのお知らせだったようです。

享保蔵 縮小
「享保蔵」の中には「酒タンク」が立ち並んでおり、甘いいい香りが立ち込めています。
その中に「木桶」もあります。これは創業280周年を記念し、2004年に伝統的な木桶による酒つくりを復活させたもので、「貮百八拾號(にひゃくはちじゅうごう」と命名されています。

きき酒 縮小
蔵ガイドが終わると店舗内できき酒をしました。
きき酒は季節折々の3種のお酒を「浦霞」のおちょこで味わうことができます。
この日は「本醸造 辛口」「純米しぼりたて」「純米吟醸 春酣」の3種。
それぞれ個性があって美味しいお酒です。季節がら「純米しぼりたて」がフレッシュ感あり、しっかりした味わいがありで旨かったので、買って帰りました。

まだ時間があったので、「鹽竈神社」に寄っていきました。

塩釜神社 三蔵
「鹽竈神社」の表参道。鳥居をくぐり「二百二段」の石段を上ります。
祭りのときには重さ1トンの神輿がこの石段を駆け上るとのこと。

塩釜神社 縮小
石段を上りきると荘厳な「鹽竈神社」の社殿が目の前に現われます。古来より東北を鎮護する「陸奥国一宮」で、隣の「志波彦神社」とともに全国的に「しおがまさま」と尊称されています。
最近ではパワースポットとしても注目されています。

塩釜港 縮小
「東塩釜駅」近くの「壱番館」の屋上から塩釜港方面を望む。塩釜港は日本屈指の水揚げ漁港として知られています。今回は行くことできませんでしたが、塩釜は寿司屋の町としても有名で、豊富な海の幸が旨い寿司を育んでいます。

また機会があれば、ゆっくり泊りで来て、風光明媚な地を巡り、旨い酒と新鮮な海の幸を存分に楽しみたいと思います。

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
116位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。