スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻のビール「サッポロラガー 赤星」

先日、スーパーに買い物に行った時、いつものようにビールの冷蔵ショーケースを覗いていたら、端の方に「今だけ限定!」という文字が目に入る。何と「サッポロラガービール」、通称「赤星★」があるではないか!!
驚きというか「何故あるの?」というか、ちょっと信じられない思い。というのは、このビールは市販店ではまずお目にかかれないばかりでなく、呑み屋でも本当にこだわっている店でないと扱っていない「幻のビール」。なので呑める機会は皆無に等しい。それが、家で呑めるなんて、この上ない幸せ!

「赤星」は、明治10年(1877年)の発売以来現在まで126年間、日本で唯一造り続けられている「ラガービール」で、現存する最古のブランドす。
今では、生ビールに圧倒されて生産量は年々減少してきており、最盛期の年間5千万ケース以上の販売から現在では年間100万ケースにまで減ってしまっています。50万ケースを切ると生産中止になるとの話もあり、昔からのファンから危惧されています。

ラベルの赤星は、北海道開拓使のシンボルであった「北極星」をイメージしたもの。そして「JAPAN'S OLDEST BRAND」の記載が、このビールの歴史を物語っています。
DSC_0027.jpg

DSC_0029.jpg

さあ、満を持して「開栓」です。
良く冷やしていただきます。ちょうど2人の息子達もいたので、奥方も入れて4人で乾杯。皆、このビールの存在は知らず、興味津々。
一口呑むと苦みのある味わいと麦のコク、旨みがじわぁ~と広がります。まさしくラガー、懐かしい味です。貴重なビールを呑めることに感謝!!

このビールの存在を知っている人は少ないのではないでしょうか。このブログを読まれた方は、是非探して飲んでみてください。
生産量が年々減少しており、採算が合わなくなってきたら生産中止と危惧されていますが、古き良き時代に愛されたビール、今なお愛し続けられているビール、これからも造り続けてほしいですね。


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

クラフトビール飲み比べ

今回はビール、それも今流行の「クラフトビール」のご紹介です。

いつもは日本酒一辺倒ですが、さすがに夏にはビールが飲みたくなります。
ビールを醸造している日本酒酒蔵もあり、また小さなビール醸造所でこだわりのビール造りをしている所もあり、大手ビール会社の画一的な味ではなく、もっと味わいの深い色々な種類のビールが楽しめるとのことで、いくつかのクラフトビールを買ってみました。うちの奥方にも飲んでもらおうと、いずれもフルーティ系の「ヴァイツェン」にしました。

こちら↓は地元横浜の関内に醸造所を持つ「横浜ビール」さんのその名もズバリ「横浜ビール」
横浜で初めてビールが醸造されたのは、140年以上も昔。明治3年、山手居留地で、アメリカ人のコープランドが「スプリング・バレー・ブルワリー」を創設し、ビールの醸造を開始しました。 その横浜の地で、横浜ビールは、ビール作りの歴史と伝統を受け継ぎ、飲む人の心に響くクラフトビール造りをしています。(会社hpより)

果実の甘い香りがほのかに感じられ、口に含むと甘みと深いコクがしっかり感じられ、香りもかなりはっきりと出ています。苦みはほとんどなく、非常に飲みやすく味わい深いビールです。
横浜ビール 表面

横浜ビール 側面

こちら↓は、茨城の「木内酒造」さんが醸している「常陸野ネストビール」
「木内酒造」さんは、文政6年(1823年)創業の日本酒酒蔵で、「菊盛」という銘柄で金賞受賞などこだわりある酒造りを行っています。政府の規制緩和により、平成8年にビール醸造の免許を取得してビール造りを始められました。
ビールの名称は、酒蔵のある地方の呼び名「常陸野(ひたちの)」そして酒蔵の所在地である「鴻巣(こうのす)」の「巣」の英語「NEST」を組み合わせ「常陸野ネストビール」。またイメージキャラクターを森のフクロウとしました。(酒蔵hpより)

香りは果実系ですが甘みは抑えられ、苦みも心地よくあり、コクもありながらスッキリ爽快な味わいというのがいいですね。横浜ビールとは対照的な味わいですね。
常陸野ネクスト ビール

常陸野ネクスト 裏

こちら↓は東京・拝島の「石川酒造」さんのビールで「多摩の恵」。
「石川酒造」さんについては、日本酒の紹介でこのブログに何度も登場しているので、そちらをご覧ください。
バナナのビールと言われるとおり、果物の甘い香りがあり、口含むとこれも同様なフルーティで香ある甘みが広がり、ちょっとビールという感じがしないですね。女性に好まれる味わいです。
多摩の恵 表

多摩のお恵 裏

クラフトビールをこんなにしっかり味わったのは初めて。同じヴァイツェンでもそれぞれ独自の味わいがあって面白いですね。今年の夏は猛暑続き、こんな味わい深いビールで涼をとるのも楽しくていいですね。
今度は、ペールエールやアルトなど他の種類も呑んでみたいと思います。


ちなみに奥方の評価は、多摩の恵>横浜ビール>常陸野ネストでした。お酒は苦手なので、やはり甘くフルーティな味が好みのようです。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
116位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。