スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾坤一 純米生酒 うすにごり

地元上大岡の行きつけの居酒屋「一炭もんめ」さんで、久しぶりに宮城のお酒をいただきました。
最近は寒いせいもあるので、一杯目から日本酒のパターンが多くなっています。
この日も他の仲間は「とりあえずビール(とりビー)」でしたが、自分だけ日本酒で乾杯。
スタートは微発砲の爽やか系がいいなぁとメニューを探したところ、「乾坤一 純米 うすにごり生」が目に入ったので、すかさず注文。

「乾坤一」は、宮城の「大沼酒造店」さんが醸す銘柄です。「大沼酒造店」さんは1712年(正徳2年)創業で、約300年の歴史ある酒蔵ですが、先の東日本大震災では、沿岸部からは遠い内陸部にありながら、甚大な被害に遭われました。一時は蔵の取り壊しの危機に瀕しましたが、大変な苦労をされて酒蔵を再開され、以前にも増して美味しいお酒を造られています。仕込み水、お米、杜氏と地酒の三大要素を宮城県産にすべく頑張っておられます。

酒銘「乾坤一」は、初代宮城県知事の松平正直氏より賜ったとのことです。
店員さんに瓶の底に溜まっている「滓り」をよく混ぜてもらってから注いでもらいます。うすく靄がかかたような「うすにごり」がいい感じですね。
DSC_0466.jpg

このお店は炭火焼きをウリにしてますが、「この店に来たらまずこれ!」という「刺身3点盛り」から注文。嬉しいいのは、お店の粋なサービスで「3点盛り」は「5点盛り」になって出てくること。これで980円という驚きの格安価格。そして何よりも新鮮そのものでどれを食べても旨い!
魚の種類は入荷されたものを選んで盛ってあります。この日は「えびす鯛」「いさき」「ひらめ」「寒ぶり」「〆さば」という優れもの。何と言っても「〆さば」のほとんど生に近い締め具合がいつ来ても美味。運が良いとトロトロの本マグロが入ることもあります。
DSC_0468.jpg

刺身を肴に「乾坤一」を呑む。相乗効果があってそれぞれの持ち味を更に引き立てるいい組み合わせだ。香りは心地よいフルーティで爽やか。口に含むと微発砲の軽めのシュワシュワ感と品の良いすっきりした甘さが口の中に広がり、米の旨みも程よく感じられ、どこまでも優しい味わい。後口のキレもよく、全体のバランスが整った優れものです。
あまりの旨さにこの日は3杯おかわりしてしまいました。何杯のんでも飽きない旨さです。

久しぶりに宮城のお酒「乾坤一」を呑みましたが、いやぁ~素晴らしい仕上がりと感嘆しました。
こだわりを持って頑張っていますねぇ!!


[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年12月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17度
 使用米   :ササニシキ
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :-1.5
 酸度    :2.0
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :有限会社大沼酒造店
 所在地   :宮城県柴田郡村田町
 創業    :1712年(正徳2年)  
 代表銘柄  :乾坤一

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

「山和 純米吟醸 ひやおろし」@武蔵新城"おばら"

先日、武蔵新城の「おばら」さんに伺い、貴重な旨いお酒をいただきました。
このお店は、このブログでも紹介したことがありますが、利き酒師の若女将さんが選りすぐった各地の旨い地酒を、美味しい季節料理と共に呑ませてもらえます。

今宵も何種類かいただきましたが、こちらのお酒には驚きました。
宮城の「山和酒造店」さんが醸す美酒で、
「山和 純米吟醸 ひやおろし」

「山和酒造店」さんは、明治29年創業で、宮城県の加美郡加美町という酒どころに位置しています。周囲は米が豊富造られる穀倉地帯で、伏流水も豊富に湧き出ていたので、かつては多くの酒蔵が有ったそうです。主銘柄は「わしが國」で、地元中心に販売されていたそうで以前は宮城のトップブランドでもあったそうです。

「『わしが國』の酒造りは、「水の如くに咽を越す」をモットーに、このうえない好適米と船形山系の自然水に、昔ながらの甑(こしき)を使った蒸米、蓋麹(ふたこうじ)による突き破精麹(つきはぜこうじ)、木造りの暖気樽(だきだる)でほのかに温めながら造った酒母(しゅぼ)、幣蔵百年の入魂の酒造りの技、これら三位一体となって醸された純粋な『日本酒』です。仕込みタンクで約1ヶ月養われた後、貯蔵タンクにて神秘な眠りについた美酒です。皆様にどんな甘美な夢を口移ししてくれることか。蔵人一同大崎平野の夕映えのようにおののいています。」(蔵元hpより抜粋)

その後、7代目蔵元を継ぐ「伊藤大祐」さんが大学卒業後に蔵に戻って来られ、「山和」という新たなブランドを立ち上げ、地酒愛好家を中心に注目を集めています。

久し振りの「山和」です。それも昨年の「ひやおろし」というのが、興味津々です。
DSC_0005.jpg

製造年月は24年9月の「ひやおろし」。ということは、この時点で既に半年以上熟成しているということです。更に半年以上経っているので、1年半くらい熟成したということですね。
DSC_0006-1.jpg

香りは穏やか。口に含むとふわっと軽やかで綺麗な果実系の香りを伴って、厚みのある柔らかい甘みと米の旨みが舌の上に広がっていきます。口の中で転がしていると更に米の味わいが拡がり、それでいてまったくしつこさがない、酸味もほどよく合わさってきて、後口もキレよく締まります。
「山和」といえば、どちらかというとスッキリで旨味があるお酒というのが今まで呑んだ印象ですが、これは「美山錦」でありながら、コクと旨味がしっかりある味わいになっています。やはり1年以上熟成させたからでしょうが、これだけバランスよく、更には旨味を増した味わいに仕上がっているのは驚きです! よほどしっかり低温管理して熟成させたのでしょう。素晴らしいの一言に尽きます。

そして旨い酒には、旨い料理。こちらは「金目鯛の煮付け」。脂が乗って煮付けの濃い味に「熟成の山和」は、バッチリ合います。これをつまみに何杯でも呑めてしまいます。
DSC_0007.jpg

いや~、この「山和」は、もう呑めないでしょうね。本当に「一期一会」の美酒でした。若女将さんに感謝、感謝!!

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★★(素晴らしい熟成!)
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年9月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:17~18度
 使用米   :美山錦
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.7
 アミノ酸度 :1.1
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :株式会社山和酒造店
 所在地 :宮城県加美郡加美町
 創業  :1896年(明治29年)  
 代表銘柄:わしが國、山和

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

"日高見 純米 山田錦"@上大岡「一炭もんめ」 

地元上大岡の「一炭もんめ」さんに奥方を連れて食事に行きました。
奥方はお酒はほとんど呑めませんが、外の料理には関心があり、ここは料理も旨いので一度味わせてみようと思い連れていきました。

ということで、まずは料理の紹介から。
ここは炭火串焼きがウリですが、魚にもこだわっていて、特に刺身はオススメです。
刺身3点盛りが980円とお得。その日入荷の魚から3点選んで頼めます。
そして何と3点盛りが5点盛りになって出てきました。(もちろん値段は一緒)よく来てくれるのでサービスとのこと。常連というほどではないですが、覚えていてくれて嬉しいですね。
〆サバ、かんぱち、金目鯛、すずき、トビウオ。どれも新鮮、コリコリで旨い。特に〆サバの生生の旨さと金目鯛の脂の乗った旨さは格別!
刺身盛り合わせ

そしてこちらもここに来たら定番のポテトサラダ。出来立ての暖かさとゆで卵と野菜がたっぷり入った家庭料理という感じが、どこか懐かしくて嬉しい。
ポテサラ

こちらは新しいメニューとのこと。自家製で熱々、卵白を混ぜてふわふわ感たっぷり。タコ焼きかお好み焼きの感じで、しっかり魚のすり身とイカの旨みが出ている逸品です。奥方も旨い旨いと感激!
イカと紅ショウガのさつまあげ

こちらは、まかない食をメニューに入れたそうです。串焼きで使う新鮮なレバーがたっぷり入ったコロッケ。これも味わったことのない感触で旨い。
レバーコロッケ中身

レンコンと海老しんじょうのはさみ揚げ。抹茶塩をつけて食べると、さっぱりして舌触りもカリカリとよく、海老の味もしっかり出て旨い。
れんこんと海老しんじょうのはさみ揚げ

次は串焼き。これも↓必ず頼む定番。熱々のトマトが口の中でプシューと弾けて、甘酸みが広がり、それとベーコンの脂旨みがちょうどよくマッチする旨さ。少し冷ましてからでないとやけどします!
トマト巻

モモ肉、地鶏のコリっとした歯触りとしっかりした味がいいですね。
地鶏もも

レバーが安くてうまい。何と一本90円。塩焼きにはゴマ油とニンニクが付きます。塩とタレを味比べ。どちらもレアな焼き加減がトロっとして旨い!
地鶏レバー塩・タレ

さて本題のお酒の紹介。
お酒メニューはその時々の入荷で変わるのですが、「日高見」がメニューに入ったのは初めて見ました。
刺身を注文したので、辛口、すっきり系で合わせます。
「日高見 純米 山田錦」

日高見全景

香りは穏やかですが、わずかに果実の香りが感じられます。口に含むと辛口ながらもじわっとした甘酸味が感じられ、そのあとに米の旨みがしっかりあり、それと共に山田錦の綺麗な柔らかい味わいがあり、全体にすっきり爽やかではあるがコクもしっかり持った美酒です。やはり食中酒の定番といった感じですが、山田錦の味わいが香りとコクを引出し単なる辛口でない味わいをもった仕上がりになっているのが素晴らしい。
宮城の平孝酒造さんの「日高見」。2年前の大震災を乗り越え、更に旨みを増したお酒を醸しているのは、さすがですね。これからも頑張ってください!!

[お酒の評価:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 精米歩合  :60%             
 アルコール度:15-16%             
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :非公開            
 日本酒度  :+3              
 酸度    :1.7前後             
 アミノ酸度 :非公開             
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :平孝酒造株式会社
 所在地 :宮城県石巻市
 創業  :文久元年(1861年) 
 代表銘柄:日高見、新関

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

一ノ蔵 素濾過特別純米生原酒 3.11 未来へつなぐバトン   

一ノ蔵さん174名の願いが込められたお酒
「一ノ蔵 素濾過特別純米生原酒 3.11 未来へつなぐバトン」
をいただきました。   

一ノ蔵さんのHPに「3.11未来へつなぐバトン」の思いが綴られています。
「東日本大震災から早1年が過ぎようとしています。一ノ蔵では『皆様から賜ったご恩に少しでも報いたい。』という想いから、報道では表に出てこない困難な状況にある被災された子どもたちを微力ながらも支援しようと「未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクトF174」を発足致しました。
 このプロジェクト名のなかにある「バトン」とは、弊社が賜ったご恩を「バトン」に見立て、将来を担う子どもたちへこのバトンを渡し、更に次の方々へつないで欲しいという一ノ蔵グループ174名の願いが込められております。
 尚、本商品の弊社売上金は被災された子どもたちの支援のために「ハタチ基金」へ全額寄付させて頂きます。」

一ノ蔵 表
    未来につなぐバトンが描かれています

一ノ蔵 裏
   一ノ蔵さん一同の願いが込められています

一ノ蔵といえば、「無鑑査超辛口」が有名なほど、辛口系で程よい旨味を持ちながらすっきりした味わいが美味しいお酒ですが、この「バトン」は一味違いました。いい意味で私好みの味わいです。
立ち香も含み香も優しく華やかです。この時点でいつもの一ノ蔵とちょっと違うぞの感じ。そして口に含んだ味わいは、ほんのり優しい甘みがじわーと舌の上を滑っていき、柔らかい米の旨みも程よく絡み合って、その後にくる綺麗な酸味が後をきっちり〆ていきます。
優しくそして丁寧に仕上がっていて、思わず笑みが出てしまうそんな嬉しいお酒です。まさしく「未来へのバトン」に蔵人一人ひとりの思いが込められている味わいです。
ああ、このお酒が呑めて良かった!!一期一会!!

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年3月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17度
 使用米   :宮城産ササニシキ
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :株式会社一ノ蔵
 所在地 :宮城県大崎市
 創業  :昭和48年(1973年) 
 代表銘柄:一ノ蔵

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

震災を乗り越えて "宮城の美酒"

仙台で宮城の美酒をいただきました。
宮城県大崎市三本木の「新澤醸造店」さんの「伯楽星」「愛宕の松」
宮城県柴田郡村田町の「大沼酒造店」さんの「乾坤一」
いずれも昨年の東日本大震災で甚大な被害に遭われた酒蔵のお酒です。

「新澤醸造」さんは、震災で酒蔵が壊滅的な被害に遭われ、1873年の創業以来の三本木に本社のみ残し、蔵は新たに75km離れた川崎町に移転されました。
震災1ケ月後の蔵元からのメッセージに
"余震のたび、蔵中に砂埃が舞い、蔵が一層傾き、未来が欠けていく現状を見続けてきました。補強でどうにかなる状態では無い事を理解しました。何度も考えた結果、来季以降、現蔵での醸造継続は不可能と判断致しました。"
とあります。天災とはいえ、無念で苦渋の決断だったことでしょう。
今は新天地で酒つくりの歴史をつなぎ、様々なリスクに果敢なチャレンジを続けられています。

いただいたお酒は「伯楽星 純米吟醸」
芳醇で濃厚な酒が主流の時代に"食事に合う酒","飲み飽きない酒"という方向性を決め,究極の食中酒"伯楽星"が誕生しました。

伯楽星 表 縮小 伯楽星 裏 縮小

上立ち香は、穏やかで仄かに優しい果実香が鼻をくすぐります。
口に含むと、柔らかく綺麗な味わいが感じられ、どちらかというとスッキリ系、しかし奥の方から米の旨みも感じられます。後口も酸味がきいてしっかり切れていきます。
お酒が前面にしゃしゃり出るのではなく、食を引き立たせながらお酒の旨さも際だたせるという、まさに伯楽星特有の"究極の食中酒"らしい見事なコラボレーションです。

「愛宕の松 M 純米吟醸」
平成23年3月11日に発生した東日本大震災にて倒壊した三本木蔵の夏の解体直前に醸したお酒で特別限定品。
夏場の仕込みでいつもの食中酒とは仕上がりが違うため、発売するか迷いぬいた末、歴史を伝えるという意味も込め、三本木蔵の最後のお酒を出荷されました。
メモリアルの「M」と命名、この震災で被害に遭われて方や地域を想い忍びながら飲んで下さいとの意味が込められています。
酒瓶の裏ラベルに杜氏の思いが綴られています。

あたごのまつ 表 縮小 あたごのまつ 裏 縮小

上立ち香はおだやか。口に含んだとたんにボディの重い、ちょっと濃いミルクのような香りと舌触りを感じながら、後から酸味がかぶさってきて複雑な味に仕上がっています。
確かに先に呑んだ"伯楽星"とは全く異なる味わいです。
この個性的な味わいが、震災による酒造りをもの語っているのでしょうね。何とも複雑な気持ちで呑みました。

「乾坤一 特別純米辛口」
「大沼酒造店」さんは、沿岸部からは遠い内陸部にありながら、震災の被害は甚大でした。一時は蔵の取り壊しの危機に瀕しましたが、大変な苦労をされて何とか修復して酒造りを再開されています。

このお酒のラベルには「創業正徳2年」と堂々と書かれていて、蔵の自信とプライドがうかがえます。

乾坤一 表 縮小 乾坤一 裏 縮小

上立ち香は控え目で仄かにお米の香りが漂います。口に含むと柔らかい口当たりでお米の旨味がじわっと湧いてくるような、とけこんでくるような味わいです。
旨みがあり、すっきり綺麗な辛口でキレも良い。これも"伯楽星"同様に食中酒にぴったりのお酒です。
ともかく飽きがこない。このお酒を呑むまでに既にかなりのお酒を呑んでいましたが、それでも飽きずに呑めるお酒です。

震災後1年経ち、宮城の仙台の地でお酒を呑んで、改めて被災した酒蔵の皆さんのご苦労と酒造りに対する情熱と頑張りを感じました。
今年も素晴らしいお酒をありがとう!!

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
62位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。