スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獺祭 試(Tameshi)

溝の口の日本酒専門居酒屋「はぐれ雲」さんで、「獺祭」の珍しいお酒をいただく。

「獺祭」は山口県の「旭酒造」さんが醸すお酒で、今や世界に発信する銘柄として注目度No.1。
「獺祭」命名の謂れが、蔵元のホームページに載っている。
「弊社の所在地である獺越の地名の由来は「川上村に古い獺がいて、子供を化かして当村まで追越してきた」ので獺越と称するようになったといわれておりますが(出典;地下上申)、この地名から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名しております。獺祭の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします。」

「酔うため、売るためだけの酒ではなく、味わう酒を求めて」という酒造りを目指して、「酒造りは夢創り、拓こう日本酒新時代」をキャッチフレーズに伝統とか手造りという言葉に安住することなく、変革と革新の中からより優れた酒を創
り出そうとしている酒蔵だ。全てが精米歩合50%以下の純米大吟醸酒というのもすごいこだわり。

さて今回のお酒は
「獺祭 試」
「獺祭 二割三分」を造る過程で、破砕等で磨き度23%から外れた精米を集めて造られたのがこのお酒。ということは二割三分ではないにしろ、ほとんどそれに近い精米歩合の米のはず。これは期待できる。
DSC_0472.jpg

シンプルなラベルが「試作品」を思わせる。破米使用のため、純米大吟醸と表記できないそうだ。
DSC_0473.jpg

スペックはアルコール度のみ。
DSC_0474.jpg

さぁ呑もう。味わいは如何に。。。
香りは「獺祭」特有の吟醸香が鼻をくすぐる。口に含むと綺麗でなめらかな口当たりとともに、上品な甘さが舌に広がり、その下に米の味がうっすらと感じられ、適度な酸味で後口もすっきりきれる。
さすが二割三分の規格外品で造っただけの優しい綺麗な味わい、するすると入ってしまう口当たりとのど越し。「試」であっても、しっかりした品質を保っている。

さずが「獺祭」だぁ~ 是非一度おしあれ!

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年6月
 精米歩合  :非公開
 アルコール度:15度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :旭酒造株式会社
 所在地   :山口県岩国市
 創業    :1948年(昭和23年)
 代表銘柄  :獺祭

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
116位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。