スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 @川崎「げん」 

一年ぶりに川崎の日本酒呑み処「げん」さんにおじゃましました。川崎駅周辺の居酒屋で「而今」が飲めるのは、ここくらいなので、貴重な呑み処です。
「げん」前回訪問時の記事

最近、各地の酒蔵が醸す新しい飲み口の日本酒が人気を集めており、ひと頃大ブームになった「而今」の人気も落ち着いてきたようです。でも酒屋の店頭に並ぶことはなく、居酒屋でも限られた店にしかないレア物であることに変わりはない。

今回いただいたのは、私好みの「雄町」を使用。実は「而今 雄町」は初めて呑みます。これまで何度も飲みたいと念願していた酒。さらにこの時期に飲めるのは貴重な「無濾過生原酒」。

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒

きりっと締まった黒文字の「而今」に、雄町の短冊ラベルが嬉しい。
DSC_0709.jpg

裏ラベルには、変わらぬ大西杜氏の而今に込められた思いが記されています。
製造年月は2014年3月、つまり新酒として出荷されたものを冷温で熟成させたもの。
更に50%磨きの純米大吟醸クラス。
これだけ揃うと期待に胸が膨らみます。
DSC_0711.jpg

香りはベリー系のフルーティな吟醸香がほどよく立ちます。口に含むとジューシーな甘味がほとばしり、雄町ならではのやんちゃ坊主のような米の旨み、コクの主張が感じられます。 この辺が整った味わいの山田錦とは一味違います。それでいて酸味も適度にあって後口のキレも素晴らしい。2年前大西杜氏にお会いした時に「雄町の酒造りは難しい」と言われてましたが、大西杜氏の技は随分進化しましたね。

「而今 雄町」 久しぶりに「私好みの素晴らしい味!」に出会えました。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2014年3月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:16.5度
 使用米   :岡山産雄町
 使用酵母  :自社酵母
 日本酒度  :±0
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :木屋正酒造株式会社
 所在地 :三重県名張市
 創業  :文政元年(1818年)  
 代表銘柄:高砂、而今

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
56位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。