スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の本醸造酒 「三百年の掟やぶり」

久しぶりにインパクトある美酒に巡り合った。
地元の居酒屋(酒菜あつ@上大岡⇒後日紹介予定)で出してもらった逸品で、山形県の「寿虎屋酒造」さんが醸すお酒。

江戸時代享保年間(西暦1715~1735年)の創業以来300年の歴史ある蔵では、良質の米と蔵王山系の軟質の伏流水を使用して、杜氏や蔵人たちの技と酒への熱い心でこだわりある酒造りを続けてきている。
ひたすら社訓を守り、お酒は全て濾過して出荷してきたが、長年愛飲家より要望があった蔵人しか飲めない酒(つまり絞ったままいっさい手を加えない酒)を醸し、これを「三百年の掟やぶり」と命名。

それこそが今回いただく
「三百年の掟やぶり 本醸造 無ろか槽前生原酒 初しぼり」
槽前というのは、もろみを絞る槽場で直接ビン詰めするという意味。

何と新聞紙(山形新聞)にくるまれてレア感たっぷり。
DSC_1001.jpg

ラベルには蔵元の思いと自信が書きつづられている。
DSC_1003.jpg

DSC_1002.jpg

味わいはいかに??

立ち香はほとんど感じないが、口に含むとフルーティな含み香が鼻に抜け、優しい甘旨味が舌の上にほとばしる。背後から米のしっかりした味わいが被さってきて、19.5度の生原酒のアタックが舌を刺激する。口の中がパニック状態になり、いつまでも舌の上で転がしていたい気分。
決して重すぎるというのではなく、後半は酸味もほどよく出てきて辛口の味に変化し、後口はすっと引いていく。あまりの旨さに後をひき、おかわりしてしまったが、20度近いので、グイグイ飲むと後で効いてくる危険なお酒でもある。

「これ本当に本醸造?」というのが正直な感想。ネットで見たら、一升が2376円という安さも驚き。

まさに「最強の本醸造酒」に参りました。
年の瀬に出会った至極の美酒。一期一会に感謝!!


[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★★(コストパフォーマンス最高)
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2014年12月
 精米歩合  :65%
 アルコール度:19.5度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :寿虎屋酒造株式会社
 所在地   :山形県山形市 
 創業    :江戸時代享保年間(西暦1715~1735年)
 代表銘柄  :三百年の掟やぶり、霞城壽、寿久蔵

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
116位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。