スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸奥八仙 特別純米中汲み 無濾過生原酒

~新春~第二弾は青森の新酒です。
最近注目度抜群の「八戸酒造」さんの醸すお酒で、
「陸奥八仙 特別純米中汲み 無濾過生原酒」
居酒屋でメニューにあると必ず注文するほど好きな銘柄です。しかし家呑みは初めて。昨年暮れにやっとのことで手に入れた貴重なお酒です。

「八戸酒造」さんは、元文年間(1740年代)初代駒井庄三郎氏が青雲の志で近江国を出で陸奥の地にて酒造りの道に入り、以来蔵元代々「良酒一念」の思いを込めて造り続けてきた「陸奥の地の酒」を醸す歴史と伝統ある酒蔵です。
「陸奥八仙(むつはっせん)」は、創業銘柄『陸奥男山』に変わって、主軸銘柄として10年前に立ち上げた製造量200石ほどの新ブランドです。中国に古くから伝わる八人の仙人(酔仙)にまつわる故事があり、それには酒仙たちの様々な逸話や世俗の有り様など、興味深い酒の楽しみ方や味わい方 が語られています。「陸奥八仙」は、この故事から引用し、飲む人が酒仙の境地で酒を楽しんでもらいたいとの思いを込めて名付けられたとのこと。
特に蔵元・専務の駒井秀介氏が手がけた「中汲みシリーズ」は、果実を想わせる吟醸香だけでなく、芳醇な甘みとしっかりとした米の旨み、香り、酸によるキレ味のバランスが素晴らしく、次世代を担う若手醸造家の中でも非常に注目度の高い蔵元です。

陸奥八仙 全景 縮小
     「陸奥八仙」赤ラベルが新春に映えます

陸奥八仙 裏 縮小
       「23BY」のしぼりたて無濾過生原酒

上立ち香は、意外に穏やかで仄かにメロンのような甘めで上品ないい香りが漂います。期待に胸を膨らませながら口に含むと、期待以上の芳醇でフレッシュな甘旨みが舌の上をほとばしり、まったりと濃厚ながら綺麗で上品な味わいに感動しつつ、舌の上でいつまでも転がしていたい気分に浸っていると、やがてキリっとした辛み、苦みが湧き出てきて、酸味とともに甘さを包み込んで、のど越しはスッキリと切れていきます。
新酒のフレッシュ感あり、新酒ながらも無濾過生原酒ならではの濃醇な甘旨さあり、酸味の効いた後口のキレの良さあり、全てにバランスがとれながら、各々がしっかり主張しているところがすごいお酒です。旨い、旨い、旨いっす!!!
益々好きになりました。今年も更に進化することを期待したいと思います。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2011年12月
 精米歩合  :麹:55%、掛:60%
 アルコール度:17度
 使用米   :麹:華吹雪、掛:まっしぐら
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+2
 酸度    :1.7
 アミノ酸度 :非公開

[蔵元のデータ]
 蔵元名 :八戸酒造株式会社
 所在地 :青森県八戸市
 創業  :1775年 
 代表銘柄:陸奥八仙、陸奥男山

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
114位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。