スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴齢 特別純米 越淡麗 無濾過生原酒

関内駅の近くの細い路地にひっそりとある呑み処「文次郎」で美味しいお酒を味わいました。
3種目の美酒は新潟の「鶴齢」です。

「鶴齢」は新潟県の青木酒造が醸しているお酒です。1717年創業以来、約300年絶える事なく醸し続け、約2000石の酒を「日本酒は寒造りが最高」と言われる冬期間だけで仕込み、雪のもたらす様々な恵みと越後杜氏の伝統の技、あくまで手造りに徹した正統蔵です。新潟の酒は、淡麗辛口が多い中で、酒本来の旨みを残した酒造りを目指しています。

この日いただいたのは、「鶴齢 特別純米 越淡麗 無濾過生原酒」です。
このお酒は、全国でも限られた特約店のみに蔵出しされる限定醸造のお酒で、米の旨みを存分に引き出した力強い濃厚な味わいが特徴です。。新潟のお酒の特徴である淡麗辛口とは真逆の路線で醸した新保杜氏の「同じようなものは造りたくない」というチャレンジ精神を感じさせます。
原料米には、新潟県が「新潟での栽培に適し、山田錦を超える米質」を目標に掲げ、平成元年より研究開発した酒米「越淡麗」を全量に使用しています。

鶴齢 表ラベル  鶴齢 裏ラベル

新潟の淡麗辛口タイプとは対象的な程よい甘味があり旨味たっぷりの濃厚な味わいです。上立ち香は、それほど強くなくソフトな果実香が感じられ、口に含むと初めに強い甘味を感じて、その後から米の旨みがじわっとしみわたり、それらが融合した味わいが口の中全体を駆け巡ります。それを受け止めるしっかりした酸が見事にバランスされ、後味もすっきり切れていきます。
「而今」はバランスが素晴らしいお酒ですが、「鶴齢」はインパクトが強いお酒に感じました。
味わってみて、従来の新潟のお酒のイメージを覆す衝撃的な感動を覚えました。

[お酒の評価:5段階]
★★★★☆                                  

[女性おすすめ度:3段階]
★★                 


[お酒のデータ]
製造年月  :2011年1月
精米歩合  :55%
アルコール度:17-18%
使用米   :越淡麗       
使用酵母  :協会701号
日本酒度  :-1
酸度    :1.6
アミノ酸度 :1.1


[蔵元のデータ]
蔵元名 :青木造株式会社
所在地 :新潟県南魚沼市
創業  :1717年 
代表銘柄:鶴齢、牧之

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
122位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。