スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いづみ橋 生もと 黒蜻蛉 春生

先週、久し振りに武蔵新城の「おばら」に伺いました。
若女将さんから以前教えてもらったお酒をやっと呑むことができました。

神奈川地元酒蔵の「泉橋酒造」さんが醸すお酒です。
「とんぼ」「夏ヤゴ」など独特のネーミング・ラベルでおなじみの酒蔵です。

今回いただいたのは、「とんぼ」シリーズではありますが、「泉橋酒造」さんが今年初めてチャレンジする「生もと造り」の「無濾過生酒」。
「いづみ橋 生もと 黒蜻蛉 春生」

黒とんぼ 表
「黒とんぼ」とともに昔ながらの「生もと造り」の絵

香りはおだやかで米の香り。口に含むと米の旨みがしっかりあるが、それほど濃くなく、ガツンとくるわけでもなく、あくまでもなめらかでまろやかな感じが心地よい。酸もよくきいてしっかり〆るのがいい感じ。お燗にしても美味しいでしょうね。

黒とんぼ 裏

泉橋酒造の蔵元さんのブログに、なぜ「黒蜻蛉」を出したのかが書いています。以下要約。
<7年前から「山廃仕込み」を開始。そんな中で「生もとの仕込みをやりたい!」。蔵内からの意見がずっとありました。
しかしながら、「自社精米、全量純米酒、全量麹フタ、袋しぼりと作業の多い中、さらに作業が加わるのはどうか?」「生もとと山廃もとは所詮一緒なのでは」とか考えていました。
しかしながら、どうもいろいろと調べて見ると、そこは違うようで、そこを試してみたい!そんな欲望にかられました。そこで、昨年末から生もとの仕込みを始めました>

生もと純米というと濃醇旨口でしっかりしたお酒で、料理もしっかり系という感じですが、この「生もと純米」はどんな料理にもあう万能型。「いづみ橋」流「生もと」なのでしょうか。新境地を造りだしたというところでしょうか。これからが楽しみですね。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年4月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:18~19度
 使用米   :海老名産山田錦
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+10
 酸度    :2.2
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :泉橋酒造株式会社
 所在地 :神奈川県海老名市
 創業  :1857年(安政4年) 
 代表銘柄:いづみ橋

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
864位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
60位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。