スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京23区唯一の酒蔵 ”小山酒造”で蔵しるセミナー

11月11日、FBO主催の「蔵しるセミナー」に参加しました。
第1回は、東京23区内唯一残る酒蔵「小山酒造」さんにて行われました。
東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅から徒歩5分のところにあります。

「小山酒造」さんは明治11年創業。蔵の地下130mからくみ上げる浦和水脈秩父山系の伏流水は、酒造りに最も適するといわれる中硬水。この水の特性を活かしてスッキリのど越しの良いお酒を丁寧に醸しています。

DSC_1120.jpg
創業当初はかなりの規模の酒蔵だったそうですが、現在はその一角に集約され蔵自体もリニューアルされています。蔵入り口の門柱や講義を受けた部屋のはりやふすまなどに昔の面影が残っています。
新しい建屋に「杉玉」が吊るされています。

DSC_1101.jpg
初めにFBOの長田講師が「今、世界中で注目される日本酒」の講義をされました。

DSC_1105.jpg
続いて蔵元5代目の奥様「小山久理」さんが講師をされ、「小山酒造の酒造りと丸眞正宗の特徴」を紹介されました。「小山久理」さんは、蔵に嫁いで来る前は日本酒は縁遠い存在だったそうですが、こちらに来られてから日本酒に目覚め、利き酒師の資格も取得されて、今では小山酒造の表の顔として活躍されています。
このように若くて美しい方が積極的に活動されると女性の日本酒ファンも増えることでしょう。もちろん男性もですが。。。

DSC_1100.jpg
そしてお待ちかねの試飲となります。3種類の丸眞正宗のテイスティングと仕込み水の比較を行い、丸眞正宗の美味しい飲み方をご教示いただきました。

このあと蔵見学を行いましたが、残念ながら蔵内撮影禁止とのことで、写真はありません。蒸米を行う甑、瓶詰め機、麹室等々を見学しました。
この日は休日ということで、酒造りの社員の方も一緒に回ってくださり、色々と質問に答えていただきました。以前は越後杜氏がおられたそうですが、現在は社員制度に切り替えて若い蔵人が酒造りに励んでいます。

DSC_1111.jpg
蔵見学が終わると、新酒しぼりたての試飲、丸眞正宗の温度別試飲です。
押上「よしかつ」ご主人の佐藤さん自ら燗付けして、色々とご指南いただきながら温度差による微妙な味の変化を楽しみました。「吟醸辛口」の燗さましが非常に美味しく感じました。

蔵しるセミナー 小山酒造(SSIさんのサイトから借用)
最後に全員で記念撮影。
そして純米吟醸酒のお土産までいただきました。非常に中身の濃い2時間に皆さん満足された様子。
また、是非こういった機会を作っていただきたいと思います。
小山酒造の皆さん、FBOの方々、ありがとうございました。


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。