スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"地酒処 清水家" @武蔵新城

武蔵新城にある「地酒屋 清水家」さんに何年ぶりかで行きました。
お酒に詳しいマスターと奥様が二人で切り盛りしてるアットホームなお店です。

店の中は、カウンタとテーブル席が14とこじんまりしてますが、このくらいが店の人とも会話しながら楽しめるちょうどいい感じです。
店内-2

テーブルの上には、レギュラーの日本酒がメニューにびっしり書かれていて、更にカウンタの上の壁には、本日オススメの日本酒が短冊で掛かっています。
DSC_1293.jpg

料理も日本酒に合うものばかり。ママさんにオススメを聞くのが間違いなし!
この日いただいたのは
 ・鯖スモーク(自家製)
 ・おでん盛り合わせ
 ・イベリコ豚のメンチカツ
 ・切立てハモンセラーノ
 ・あさりの酒蒸し
 ・エリンギバター炒め
 ・じゃがいもと肉の石焼ビビンバ風
等々

日本酒のアテに最高なのが「鯖のスモーク」↓。自家製燻製機で炙った逸品。
鯖のほどよい脂が乗って旨味が噛みしめるたびに広がり、これだけで日本酒がどんどん進んでしまいます。
鯖スモーク

こちらは〆近くで出てきた、石焼どんぶりに入ったじゃがいもと肉の炒め物。下にご飯が入っているので石焼ビビンバのようなお焦げが出来て、これがシャキシャキしたじゃがいもと合わせると実に旨い!!
じゃがいも石焼ビビンバ風

4人でしたので、お酒は二号徳利で9種類呑みました。新酒あり、燗酒比べあり、初めて呑む酒ありと色々楽しめました。
 ・臥龍梅
 ・TATSURIKI DORAGON epsode3
 ・相模灘
 ・龍力(燗酒)
 ・大七(燗酒)
 ・冬の月
 ・新政
等々(最後の方は記憶が定かでなく...)

この中で、初めて呑んだ「冬の月」を次回ご紹介します。

店の中には、マスターこだわりの酒米の稲穂が掲げられています。
こちらは「五百万石」
酒米稲穂(五百万石)

こちらは、幻の酒米「亀の尾」。背丈が食用米の二倍くらい高くなるので、雨風に弱く育てるのが難しいとのこと。一時姿を消したそうですが、こだわりを持った酒蔵が復活させ、最近この米を使った銘柄が出てきています。
「夏子の酒」にでてくる幻の酒米「龍錦」のモデルになった酒米です。
酒米稲穂(亀の尾)

マスターのお酒談義を聴きながら、旨いお酒と家庭料理を楽しみ、実に心地よい至福の時間を過ごせます。
帰り際に3月30日に催される「新酒を楽しむ会」を申し込みました。こちらも楽しみです。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
122位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。