スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天明 中取り壱号 おりがらみ純米 無濾過生原酒

先日久しぶりに福島のお酒を呑みました。
あとひと月で東日本大震災から2年が経ちます。東北のお酒を呑むたびに今でも大震災のことが昨日のように思い出されます。

福島県会津坂下にある明治37年創業の「曙酒造」さんが醸すお酒です。
現在の5代目蔵元は「人の輪の中で舌鼓を打たせ続ける酒」を目指し、10年前より「天明」を醸し、「常に最高の一本」を提供できるように挑み続けています。

今回いただいたのは
「天明 中取り壱号 おりがらみ純米 無濾過生原酒」

会津坂下町で収穫された酒米「五百万石」を使用し、協会9号酵母で醸した天明スタンダード新米新酒。
無濾過オリがらみの「うすにごり」が新酒のフレッシュさを感じさせます。
天明 表

裏ラベルには、お酒の特徴や蔵元の思いが綴られています。
天明 裏

上立ち香は、甘い果実系の香りがほどよく漂います。口に含むと瑞々しい果実の甘酸っぱさがありますが、けしてくどさはなく、五百万石の爽やかスッキリの感じですね。舌の上で転がしていると、徐々に酸味がよく効いて、キリリとした辛さが感じられます。甘さと酸の辛味のバランスが全体を引き締めています。
余韻もきりっと締まり、非常に呑みやすいお酒です。

「天明」の新酒は、この「壱号」の前に「零号」というのがあって、そちらは東北地方で一番早く収穫が行なわれる「瑞穂黄金」という酒米が使用されています。同じように「中取りおりがらみ純米」なので、機会あれば米違いの味わいを試してみたいです。

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★
[女性おすすめ度(三段階)]★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年12月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:16~17度
 使用米   :会津産五百万石
 使用酵母  :協会9号
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.7
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :曙酒造合資会社
 所在地 :福島県会津坂下町
 創業  :1904年(明治37年)  
 代表銘柄:天明

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
88位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。