スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王祿 超辛純米 中取 無濾過生原酒

「王祿」は、ひと頃独特の味わいにすごく嵌ったお酒です。
最近呑む機会があまりなくなりましたが、先日とある居酒屋に行ったところ、日本酒メニューに「王祿」があるではないか! ということで、早速注文。

王祿酒造さんは、蔵元・杜氏の「石原丈径」さんが、「生きている酒 王祿」をコンセプトに、全量無濾過、できる限り火入れしない、全量瓶内熟成等々、こだわりを持った独特のお酒造りをされています。ともかく一切の妥協を許さず、全身全霊で旨い酒造りに取り組んで、「王禄ワールド」を築きあげています。

今回いただいたお酒は
「王祿 超辛純米 中取 無濾過生原酒」

久しぶりにじっくり拝んだ筆字の「王祿」。この文字と同様に味わいも力強い。
DSC_1376.jpg

スペックを見ただけで、このお酒が半端な辛口ではないことがわかる。
そして製造年月が何と昨年の1月。ということは冷温貯蔵して熟成させてたってこと?
DSC_1377.jpg

辛口だがしっかりした旨み、熟成した濃醇さが口の中に広がります。その上からインパクトある極上の酸味が被さってきて、濃醇な旨みをきゅーっと〆ていくのが素晴らしい感触。
うーん、これって本当の意味で日本酒通の人でないと、旨さがわからないかもしれない。今流行のフルーティで芳醇甘口系のお酒とは大局的な味わいですね。

呑めば呑むほどに旨さがわかってくる、まさしく石原丈径氏しか造れない味わいです!!

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★
[女性おすすめ度(三段階)]★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2012年1月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17~18度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :協会9号
 日本酒度  :+9.6
 酸度    :2.3
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :王祿酒造有限会社
 所在地 :島根県松江市
 創業  :明治5年(1872年)  
 代表銘柄:王祿

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
57位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。