スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三芳菊 岡山雄町 呑み比べ

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日和酒バル「KIRAZ」でいただいた美酒紹介の第二弾です。
今回は岡山雄町を使った2種類の「三芳菊」の呑み比べです。

三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒 

まず最初に「三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒」をいただきました。

上立ち香は、リンゴとメロンを合わせたような甘い果実香が漂いますが、先にいただいた山田錦より吟醸香は緩やかです。口に含むとフルーティで甘みたっぷりの味わい口の中に広がり、甘みが芳醇さをかもしながらもしつこくなく、口の中に次々と米系の旨さが迫ってきます。最後に酸がきいてきて、後口はスッキリ切れていきます。
山田錦は華やかな香りが特徴ですが、雄町はしっかりした旨みが特徴で、三芳菊ではどちらも甲乙つけがたいですね。
山田錦同様にアルコール臭さがないので、女性でも抵抗なく呑めるお酒です。
このお酒は雄町の良さを活かしながら三芳菊のコンセプトを発揮する絶品ですね。雄町ファンとしては、たまらない美酒です。

三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 表ラベル
三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒

次に「三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒」をいただきました。
このお酒は、岡山雄町を使用した生原酒で2年熟成させた美酒です。熟成酒というと琥珀色で濃い味わいを想像してしまいますが、このお酒はまったく異なります。色は殆ど無色に近く、見た目には熟成酒には見えません。
上立ち香は穏やかな果実香が漂いますが吟醸香は弱く軽やかです。
口に含むと甘みは感じられますが、前の雄町に比べると緩やかで、初めは濃い口を感じますが次第に酸がきいてすっきりした味わいになります。適度な甘みとスッキリ感、そして酸味と切れのバランスが素晴らしいですね。
生原酒の熟成酒は初めて呑みましたが、こんなにのみやすく、旨さがはじけるお酒になるものかと感嘆しました。
よほどしっかりと保存管理して大切に寝かしていたのでしょうね。出会えて良かったという感じです。

三芳菊 岡山雄町 熟成 表ラベル
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒 


[お酒の評価:5段階]
三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒:★★★★★
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒    :★★★★

[女性おすすめ度:3段階]
三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒:★★☆
三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒    :★★

[お酒のデータ]
<三芳菊 岡山雄町 おりがらみ 無濾過生原酒>
 製造年月  :2011年3月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:17%
 使用米   :岡山雄町
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

<三芳菊 岡山雄町 純米吟醸 生原酒>
 製造年月  :20BY
 精米歩合  :65%
 アルコール度:17%
 使用米   :岡山雄町
 使用酵母  :徳島酵母
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開

[蔵元のデータ]
蔵元名 :三芳菊酒造株式会社
所在地 :徳島県三好市
創業  :1903年 
代表銘柄:三芳菊


よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。