スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菖蒲&活魚&相模灘を楽しむ

先週末、ちょうど見頃ということで、「菖蒲」の花見に行きました。
場所は、横須賀にある「横須賀しょうぶ園」。土曜日に行きましたが、あまり知られていないためか、それほど混んでいません。
前週に鎌倉に行きましたが、押すな押すなの人混みに閉口したのに比べると、こちらはゆっくり、ゆったりと楽しむことができます。穴場ですね。
園内は菖蒲を始め季節の花がかなり広いスペースに植えられています。
菖蒲はこのように↓一面色とりどりに咲いていました。
しょうぶ園

かなり多くの種類があるらしく、紫の伝統的な菖蒲から、カラフルなものまで種々多彩です。
菖蒲

菖蒲をたっぷり堪能したあと、佐島漁港に寄って今宵の酒宴の肴を仕入れてきます。
佐島港

港のすぐそばに2軒のさかな屋がありますが、活魚が豊富なこちら↓で仕入れました。
佐島 魚屋

こちら↓は「アオリイカ」の生簀。大きい方を活〆にしてもらいます。
活魚-1

こちら↓は「マゴチ」の生簀。中くらいのを活〆で購入。イカと合わせて3100円と格安!!
katsugyo-2.jpg

家に戻ってから、さばいて刺身しします。
こちら↓が固くてヌルヌル、悪戦苦闘した「マゴチ」。コリコリで味がしっかり、超美味!!
DSC_0089.jpg

こちら↓が「アオリイカ」。こちらもコリコリで甘みがしっかりあり、醤油つけなくても美味しい。げそは吸い付くような弾力と旨みあり。さすが活魚ならではの美味しさ、やはり漁港で水揚げされた活ネタに勝るものは無しです。
DSC_0087.jpg

この旨肴と共に呑んだのが、神奈川県相模原にある久保田酒造さんの
「相模灘 純米吟醸 雄町 槽場直詰 無濾過生原酒」
ゴールデンウィークに酒蔵に行って購入してきた逸品です。
 -->相模灘酒蔵訪問
DSC_0090.jpg

香りは穏やかな柑橘系果実香。口に含むと、まず甘みが舌の上にほとばしってきます。けして甘ったるい味ではなく、甘みの中にややピリ感があり徐々に酸味と若干の苦みが被さってきて、そのバックに米の旨みもしっかり感じるというお酒の味わいを存分に楽しめる美酒です。雄町なのと瓶詰めから少し寝かせてあるので、やや重のしっかり系なのが、私には心地いいですね。神奈川のお酒は、伏流水の水質から淡麗辛口系が主力となっていますが、相模灘の特に無濾過生原酒は芳醇旨口系で私の好みの味わいになっています。
DSC_0093.jpg

旬の花見に旬の鮮魚と旨い日本酒!! 言うこと無しの素晴らしい休日でした。

[じゅん吟好み度:5段階]★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階]★★                 
[お酒のデータ]
 製造年月  :20131年3月
 精米歩合  :50%
 アルコール度:17-18%
 使用米   :備前雄町       
 使用酵母  :9号系
 日本酒度  :+2
 酸度    :1.7
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :久保田酒造株式会社
 所在地 :神奈川県相模原市
 創業  :1844年 
 代表銘柄:相模灘

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
56位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。