スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨い肴と旨い日本酒 @武蔵新城「おばら」

このブログでも何度かご紹介している武蔵新城にある「おばら」さんに伺いました。
こちらは旬の季節料理と利き酒師の若女将が厳選した旨い日本酒が呑めるお店。こちらのお店と馴染み深い方が九州に転勤され、ちょうど出張で帰ってきて折りに一緒に伺いました。

お店に入るとカウンター内の女将さん、若女将さんたちが、いっせいに「いらっしゃいませ!」。ここは女性従業員ばかりなので、お店の中が華やかです。今宵は若女将が和服なので、なお一層ですね。
いつも個室を使うことが多いのですが、今回は二人なので、カウンター前のテーブルに座ります。この方が、お店の方とも話ができるし、料理を造るところも見れるので、楽しめます。

さて、まずおまかせで刺身を盛り合わせにしていただきます。「秋刀魚、鰹、鯛、蛸」と旬の魚です。
刺身盛り合わせ

「鰯の煮付け」
脂の乗った丸々した新鮮な鰯。ちょうど良い煮タレが旨みを引き出しています。
煮つけイワシ

今日のオススメ「焼きホタテ」
プリプリ歯ごたえのある食感と貝の甘みと貝汁の塩味が相乗して旨みを増します。
ホタテ焼き

「漬物盛り合わせ」
むかごの漬物!?は食べたことがありません。サクサクしてイモのようなムカゴの食感と漬物の味がよくマッチしていて美味しい。一粒食べて、お酒をいただく、これたまりませんね。
きゅうり・ムカゴ

さて若女将のオススメを聞きながら、本日いただいたお酒は6種。
宮城・墨廼江酒造さんの「墨廼江 特別純米酒」
本日のスタートはこちらから。香り穏やか、適度なふくらみとすっきりした飲み口で刺身に良く合います。

長野・大信州酒造さんの「大信州 純米大吟醸 仕込48号」
これは凄い! 華やかな香り、上品な口当たりながらもしっかり甘旨みが広がり、後口すっきり! ここの若女将が「大信州」にこだわっておられるようですが、これを呑むとその訳がわかります。
大信州墨廼江

広島・藤井酒造さんの「龍勢 八反錦 別囲い 純米原酒 22BY」
2年熟成のお酒。八反錦のシャープさと熟成したまろやかさが調和して旨みが増し、独りでじっくり呑みたいお酒です。
龍勢 表

長野・笑亀酒造さんの「嘉根満 純米無濾過生原酒」
この酒蔵のお酒は初めていただきます。「嘉根満」とは創業社名で、主銘柄「笑亀」とは別ブランド。熟成した旨みとフルーティ系の甘みが絡み合ったような味わい、生原酒の濃いトロっとした感じ。ちょっとクセがありますかね。
嘉根満 表

三重・瀧自慢酒造さんの「瀧自慢 純米 神の穂」
三重の酒米「神の穂」を使ったお酒。米の旨みとふくらみがある落ち着いたお酒です。お燗向きですね。
神の穂 表

福井の一本義酒造さんの「伝心 純米原酒 生詰」
こちらの酒蔵のお酒も初めていただきます。福井の酒米「越の雫」を使用した「ひやおろし」。果実の香り、適度な甘みがひろがり、ひやおろしならではのまろやかな味わい、酸味も効いて後口スッキリ、バランス良いお酒です。
伝心 表

このお店は、いつ行っても、その時々の旬の家庭料理と若女将が仕入れてきた美酒を楽しめます。今宵も初めての酒蔵、銘柄と一期一会でした。感謝!!

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

おばら割烹・小料理 / 武蔵新城駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
56位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。