スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井の熟成美酒 「梵 ときしらず 純米吟醸酒」

福井のお酒を呑む機会は中々ありませんが、先日地元の酒店で「ひやおろし」を物色していたら、こちらのお酒を見つけました。「長期氷温熟成」で「5年物」というのに興味をそそられ即購入。

福井県鯖江市にある1860年(万延元年)創業の「加藤吉平商店」さんが醸すお酒。酒蔵のある鯖江市吉江町は、越前松平家ゆかりの地で武家屋敷が残り、また江戸時代の劇作家・近松門左衛門が15歳まで住んでいた町でもあります。こうした歴史のある地で「梵」が生まれ、現在まで受け継がれています。

< 銘柄「梵」(ぼん:BORN)は、サンスクリット語で ”けがれなき清浄””真理をつく”と訳され、そしてボーンで未来への”誕生””創造”を 表しています。昭和のはじめ、先の天皇の御大典の儀のおりには「越の井」の名で、初めて 地方選酒として使われる栄誉を受け、現在まで数々の日本国の重要な席で使われています。>(蔵元hpより)

この酒蔵の特徴は、全てのお酒が純米酒で長期氷温熟成されていることです。最低でも1年、長ければ5年以上の熟成酒が造られています。そして海外にも積極的に展開されており、「梵 BORN」は60ケ国以上で登録商標されていますし、海外で数々の受賞をされています。最近では、全米日本酒鑑評会2012で最高賞、IWC2012で金賞を受賞されました。

さて今回いただくのは、全米日本酒鑑評会2013で金賞を受賞した
「梵 ときしらず 純米吟醸酒」

5年熟成のレアなお酒です。呑むほどに時を忘れるくらい美味いことから、「ときしらず」と命名されました。季節はずれの5月~7月頃川に帰ってくる鮭は、時期が異なるという意味で「時不知(ときしらず)」と呼ばれています。。秋鮭に比べ柔らかく絶妙の脂の乗りでとても美味しいとのこと。ちょっと意味合いは違いますが、どちらも美味しいという点では一致。
DSC_0134.jpg

ラベル側面の「濃醇辛口」「特別熟成酒」がレア感たっぷり。
DSC_0133.jpg

グラスに注ぐとやや黄緑がかった色合い。氷温でゆっくりと長期熟成した時間の流れを感じさせます。
DSC_0135.jpg

さて、味わいは如何に??
冷蔵庫に冷やしておいたので、まずは冷酒でいただきます。
香りはほとんどありませんが、奥の方から米の蒸したような香りが若干感じられます。口に含むとトロっとした舌ざわりで優しい口当たりが心地よく、やや甘めの味が舌に感じられますが、すぐに辛味、酸味が被さってきて絞まった味わいに変化します。全体にはまろやかでスッキリという感じですが、米の旨さやコク感もあり、5年熟成の奥深さを感じさせる味わいです。

ぬる燗もいただきましたが、こちらもいいですね。冷酒よりも膨らみが増して、まったりした柔らかい包み込むような味わいが体に優しく浸み込んできます。そして真骨頂は、ぬる燗から常温に至るあたりです。ぬる燗のまったり感を保ちつつ、更に味わいが奥深く舌にしっかり米の旨みを感じる絶妙の味わいになります。
一口お酒を口に含んで料理をいただくと、本当に料理の旨さが一段も二段も引き立ちます。ポテサラ↓ともピッタリです。ポテサラの甘みを増長させて抜群の相乗効果でした。
DSC_0138.jpg

5年熟成の長い時間が醸す独特の奥深い味わいに感服しました。温度でこれだけ味が変わるのを体験したのも貴重です。福井のお酒、本当は地場の山海の肴と呑むともっともっと奥深い味わいが感じられるのかもしれませんね... 「ときしらず」との一期一会に感謝!!

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年9月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:15%
 使用米   :五百万石
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+4
 酸度    :1.7
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :合資会社加藤吉平商店
 所在地 :福井県鯖江市
 創業  :1860年(万延元年)  
 代表銘柄:梵

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/21 09:28)

鯖江市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
105位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。