スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の美酒 「高千代 純米大吟醸 無調整壜燗壱火入れ」

先日、武蔵新城の「おばら(前回記事)」さんでいただきました。
「高千代」は初めて呑む酒ですが、以前ネットで淡麗辛口の新潟の酒と一線を画すと紹介されていたので、是非一度飲んでみたいと思っていた酒です。

「高千代酒造」さんは、明治初年に創業、米どころの南魚沼市に位置します。「酒米の自社栽培」「自社精米」「昔ながらの手作業」と「真面目すぎるこだわり」を持って酒造りをされています。
酒銘は“多くの人が「千代に八千代に」栄えるように”という願いのもと初代が清酒「髙千代」と命名したとのこと。

今回いただいたのは
「高千代 純米大吟醸 無調整壜燗壱火入れ」

全国でも珍しい酒米「一本〆」を全量使用し、日本百名山の一つ「巻機山」の伏流水で丁寧に仕込まれた純米大吟醸です。「一本〆」は「五百万石」を母に、「豊盃」を父とし、人工交配して育成された固定種です。平成17年に県から源原種を移譲され、今は「高千代酒造」さんで管理している酒造好適米です。新潟の代表酒米「五百万石」の「淡麗辛口」な味わいとは少し違い、米の旨みが出るお酒に仕上がり「純米酒」造りに適したお米です。

DSC_0161.jpg

DSC_0162.jpg

香りはふわぁ~と華やかな吟醸香が鼻をくすぐります。口に含むとまずほどよい甘みを舌に感じ、米の旨みもしっかり効いて呑みごたえある味わいに仕上がっています。これがいわゆる新潟の「淡麗辛口」とは一線を画す味わいなのかと感心。「一本〆」のなせる技なのでしょう。酸味もほどよく出て、後口はスッキリきれていきます。

新潟の淡麗辛口は、ある時期から物足りなくなって、久しく呑んでいませんでしたが、これは一味も二味も違います。基本辛口ですが、米の旨味を活かし飲み飽きしないキレの良さが素晴らしいお酒です。一期一会に感謝!!

P.S. 後で調べてびっくり! 何と一升瓶が3150円。純米大吟醸なのに、これだけのこだわりをもって丁寧に造っているのに破格の価格とは、驚異のコストパフォーマンスの高さです。もちろん手に入れることは困難ですが...また是非飲みたい美酒です。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年10月
 精米歩合  :48%
 アルコール度:16~17%
 使用米   :魚沼産一本〆
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :+2
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :高千代酒造株式会社
 所在地 :新潟県南魚沼市
 創業  :1868年(明治元年)  
 代表銘柄:高千代、巻機

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
114位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。