スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼子の活きイカと広島の美酒 @博多・大漁奉市

先日、博多に出張の折、懇親会で「大漁奉市」さんに伺う。
福岡の赤坂地区で長浜鮮魚市場の正門前にあるので、とれたての新鮮な魚貝類が食べらる。

DSC_0174.jpg

店の中には生簀があり、イカや魚が元気よく泳いでいる。
DSC_0170.jpg

呼子のイカの活き造り。九州に来たらこれを食べければね。
DSC_0164.jpg

まだイカの足がクネクネ動いている。コリコリの身が歯ごたえ良く、噛んでいると甘みがじわぁーと広がる。ほとんど醤油なしで食べたほうが、味がしっかりかみしめられて良い。

そして酒だが、九州ゆえ焼酎が主力、更に飲み放題なので日本酒は期待できない。しかし偉い吾人がいた。広島からお酒を持参で参加。広島と言えば、西条を筆頭に日本酒の旨い県として知られる。そこからわざわざ持ってきてくれるとは、何とありがたいことか! 

銘柄は「白鴻(はくこう)」、広島県呉市にある盛川酒造さんが醸すお酒です。私にとっては初めて呑む銘柄。
酒蔵のhpによると、"「白鴻」の目指す酒は、決して主張しすぎることなく、料理と共に楽しめ、飲む人を和やかにする名脇役です。華やかすぎることなく、飲むほどに味わいがあり いくらでも飲めるキレのある酒です。 明治20年(1887年)の創業以来、食中酒にこだわる姿勢を「汲むほどに 味も香りも 深き酒」という言葉に込めて受け継いできました。"とある。

飲み比べということか、米違いの2種類の「白鴻」を持ってきてくれた。これまた嬉しい!

こちら↓が「雄町」バージョンで「無濾過生原酒」。「雄町」の濃く複雑な米の旨みをベースにしっかりした味わいと辛口系の後味がキレるバランスが絶妙な美酒。オマチストとしてはすごく嬉しい酒だ!
DSC_0167.jpg

次なる酒↓は「千本錦」バージョンで「ひやおろし」。「ひやおろし」ではあるが、味わいはあっさりスッキリ系。先に「雄町」を呑んでしまったので、よけいにそう感じるのかも。でも飲み飽きない食中酒としてはいい感じ。
DSC_0168.jpg

味わいが対照的な2種類のお酒だが、いずれも「汲むほどに 味も香りも 深き酒」を感じさせる美酒。そして九州の旨い料理を食しながら、広島の旨い酒を呑む。こんな組み合わせは中々できないですね。
今宵も素晴らしい一期一会に感謝!!

そして今宵の最後は屋台の豚骨ラーメンで〆...
DSC_0175.jpg

P.S. 昼に少し時間があったので、博多の鎮守様「櫛田神社」にお参り。
DSC00856.jpg

実は、居酒屋の達人「太田和彦」さんが、出演されている番組「ふらり旅、いい酒、いい肴」の中で、旅する地で必ず氏神様をお参りすると言われたのが強く印象に残っていた。"神様に手を合わせ「よそ者ですが二晩三晩遊ばせて頂きます、美味しい酒を飲めますように」とすると気持ちが鎮まる"とのこと。今回、真似てみたが、確かに心が静まり、訪れた地に受け入れられた気分になる。これはいいことを知った。続けていきたい。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
114位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。