スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐世保の酒蔵で手に入れた新酒を味わう

先日の九州出張の際、佐世保から長崎空港に移動する途中で、佐世保唯一の酒蔵「梅ケ枝酒造」さんに伺いました。

「梅ケ枝酒造」さんは、創業天明七年(1787)江戸中期、11代将軍家斉の時代、時の大村藩主・大村純鎮公より「梅ヶ枝(うめがえ)」の名を賜りました。 豊かな自然と地下300メートルからの名水に恵まれ、以来200有余年、米づくりから酒づくりまで日々こだわりの手づくりをしています。(酒蔵hpより)

田んぼの中に忽然と立っている酒蔵は、創業当時のままのたたずまいとのこと。ちょうど新酒ができたということで、観光バスで買いに来ている人もいます。
DSC00887.jpg

蔵の入り口には新酒ができたことを知らせる「杉玉」がかけられています。
DSC00884.jpg

中に入ると日本酒がずらりと並べられています。もちろん試飲ができます。
DSC00883.jpg

ちょうど新酒ができたところで、最初に仕込まれた生原酒とにごり酒が販売されていました。試飲をして「にごり酒」を買いました。しゅわしゅわ感と甘めの味わいなので、多分奥方も呑めるだろうということで、お土産にしました。
DSC00882.jpg

DSC_0194.jpg

横倒し禁止ということで、飛行機の中も倒れないように気を使って運びました。
DSC_0195.jpg

そして家に帰って、早速奥方と味見。噴きこぼれないように慎重に開栓。恐れていたほど泡が出なかったので、大事には至りません。白くにごった中に小さな泡がプツプツと湧いてくるのが「にごり酒」の良さですね。
DSC_0200.jpg

しっかり系の「にごり酒」なので、酒の肴は濃いめの味の「牛筋の煮込み」にしました。奮発して黒毛和牛のスジ肉です。「にごり酒」のしっかりした味と煮込みは、双方が主張するとともに味の相乗もあり、よく合いますね。
DSC_0198.jpg

そして、これも梅ケ枝酒造で仕入れた「西海漬」。長崎の名産で、真珠貝の貝柱を酒粕で付けたもの。これを大根のスライスに乗せていただくと酒の肴にピッタリです。
DSC_0199.jpg

しっかりした米の味と甘み、フレッシュなシュワシュワ感、後口はほどよくキレていくらでも呑める感じです。
奥方にも好評で、残ったお酒はとられてしまいました。買ってきたかいがありました。
中々呑む機会がありませんが、長崎にも良いお酒がありますね。一期一会に感謝!!

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年10月
 精米歩合  :非公開
 アルコール度:15%
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :梅ケ枝酒造株式会社
 所在地 :長崎県佐世保市
 創業  :1787年(天明7年)  
 代表銘柄:梅ケ枝

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
127位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。