スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くどき上手 愛山 純米大吟醸 生詰

溝の口にある日本酒専門居酒屋「はぐれ雲」さんで、マスターおすすめの美酒、山形の「亀の井酒造」さんが醸す「くどき上手」をいただきました。
「くどき上手」は私の大好きな銘柄のひとつで、つい先日も今井社長の息子さんが醸す「くどき上手Jr」の呑み比べをして、この銘柄の素晴らしさ、父から子への酒造りの受け継ぎを再認識したところです。

今回いただいたのは「愛山」バージョン。「愛山」は「幻の酒米」といわれていますが、最近はこの酒米で酒造りする酒蔵も増えています。雄町と山田錦の系統の米で、元々灘の「剣菱」さんが自社専用に栽培して酒造りに使っていましたが、阪神大震災を機に他の蔵でも使用されるようになったとのことです。
米の心白が大きいためか、「愛山」のお酒は甘い味わいが特徴です。
DSC_0313.jpg

裏ラベルは鮮やかな赤色。「愛山」のお酒は「赤い」ラベルが多いと感じますが、「愛」というイメージからでしょうかねぇ。裏ラベルには「重厚・豊醇な 味わいあり 通も納得」とあり、私の好みのストライクゾーンをついてきます。
DSC_0315.jpg

香りは華やかでメロン系果実の香りがよい心地にさせてくれます。口に含むとトロっとした果実の甘みが香りとともにどっと押し寄せてきます。上品なフルボディの味わいですね。酸味は控えめなので、後口は余韻が残りますが、味わいそのものが綺麗なので、嫌味がなくそこそこキレよく余韻を楽しめるという感じです。まさにお酒そのものをしっかり味わい楽しむ美酒です。 

「くどき上手」はどれを呑んでも旨いですね。それでいて非常にリーズナブルのお値段というのも素晴らしい。父子で醸す美酒、これからも益々目が離せませんね!!

[じゅん吟好み度(五段階)]★★★★★
[女性おすすめ度(三段階)]★★★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2013年6月
 精米歩合  :48%
 アルコール度:17-18度
 使用米   :播州愛山
 使用酵母  :小山・KA
 日本酒度  :±0
 酸度    :1.4
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :亀の井酒造株式会社
 所在地   :山形県鶴岡市
 創業    :明治8年(1875年) 
 代表銘柄  :くどき上手、亀の井

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
105位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。