スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天鷹」「石見銀山」の蔵元を囲む会

浜松町にある日本酒のアンテナショップ「名酒センター」。常時100種類以上の日本酒を置いてあるが、あまり知られていない酒蔵の銘柄をアピールしているのが特徴。一杯(60ml)200円~で試飲できるので、色々な銘柄を味わうことができる。
そして、ここでは毎月2~3の酒蔵・蔵元を招いて「蔵元を囲む会」を催している。今回は、栃木の「天鷹酒造」と島根の「一宮酒造」が参加しての会が開催された。
栃木県は15年住んでいた地で、第二のふるさとのようなもの。その時に地酒「天鷹」を呑んで日本酒が好きになった思い出がある。以来、「天鷹」には特別思いがあるのだが、首都圏では中々お目にかかれないのが残念である。そんなこともあり、今回のイベントにはすごく期待して参加した。

「蔵元を囲む会」は16時半からなので、少し早めに浜松町に行き「大門」で有名な「増上寺」を散策することにした。法然が開いた浄土宗の七大本山のひとつで、正式名称は「三縁山 広度院 増上寺」。

入口に建つ「三解脱門」、背後の東京タワーと時代を跨いだ景観が素晴らしい。
三解脱門

境内も広いが、本堂も巨大。こちらも背後の東京タワーとの2ショットが素晴らしい。
本堂

徳川将軍家の菩提寺として、二代将軍秀忠公をはじめとして6人の将軍、御台所、側室、子女多数が埋葬されている。その御霊屋は厳粛かつ壮麗であったが、戦争の空爆直撃によりほとんどが焼失し、残った宝塔などを現在の地にまとめて御霊屋として改葬された。

霊廟の入り口にある「鋳抜門」。扉に付いている三つ葉葵の紋章が江戸時代を感じさせる。
霊廟入口の門

土日は特別公開日として霊廟内を拝観できるので、中に入ってみた。
霊廟内

8つの宝塔が配置されており、一つ一つお参りをしていくと江戸時代にタイムスリップして、徳川将軍家の栄華と衰退をを厳粛に感じた。

こちら↓は「秀忠公とお江のお方」のお墓。もともとは別々のお墓であったが、秀忠公のお墓が戦災で焼失したため、お江のお方のお墓に合祀されている。
秀忠宝塔

こちらは、14代将軍 家茂公の正室で朝廷より降嫁した和宮様のお墓。この宝塔だけは、側面に菊の紋章が付けられている。
和宮宝塔

小一時間、増上寺を散策した後、「名酒センター」に向かう。
ちょうど途中にもつ焼きで有名な居酒屋「秋田屋」がある。16時開店なので開店早々だと思うが、すでに店の中は満席の繁盛ぶり。
秋田屋

旨そうなもつ焼きの誘惑を振り切って会場に向かう。
定刻10分前に到着。既にかなりの参加者が来ていたが、運よく天鷹酒造の出品酒が並んでいるカウンター近くに陣取ることができた。尾崎蔵元とも挨拶できて、いい雰囲気でスタート。
会場内

この日の出品酒。いずれも蔵元厳選の逸品。更にこのリストにない特別なお酒も登場した。
酒一覧

利き酒用のグラスが2つと和らぎ水用のグラスが入った利き酒セット。
きき酒セット

こちら「天鷹酒造」さんの出品酒。この時期たげの限定品もある。
天鷹出品酒

「天鷹酒造」の蔵元・尾崎宗範さんは、とても気さくで優しい人柄で、何を聞いても丁寧に答えてくださった。辛口の酒にこだわり本当に旨い酒造りに情熱を傾けているのを感じた。
尾崎蔵元

こちら↓は「一宮酒造」さんの出品酒。バラエティに富んだ品ぞろえ。
石見銀山出品酒

「一宮酒造」の蔵元後継者・浅香理可さん。昨年東京農大醸造学科を卒業した後、酒蔵に戻って杜氏を目指しているとのこと。初々しく可愛らしい杜氏さんはきっと日本酒ファンを増やすことでしょう。応援します!!
浅野次期蔵元

そしてアナウンサーで雑穀料理研究家の多田羅りかさんも参加されて、お手製の野菜中心のおつまみを振る舞っていただきました。
料理

とてもヘルシーで日本酒によく合って美味!
皿に盛った料理

あっという間の2時間は、とにかくフレンドリーで蔵元さんと気軽に話ができ、参加者の方とも日本酒談議に花を咲かせられ、とても素晴らしい会でした。
会場で意気投合した若者たちと二次会に繰り出し、夜遅くまで日本酒三昧に浸りました。

良き酒、良き人との一期一会に感謝!!

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
114位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。