スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世代栃木の酒・下野杜氏 新酒発表2014

4月に行われた毎年恒例の栃木の酒イベントの紹介です。
場所は北千住のシアター1010。

私は栃木県那須で15年間過ごしたことがあるので、栃木は第二の故郷との思いが強い。
30年前、那須の地で飲んだ「天鷹」が日本酒を好きになったきっかけです。
そういうこともあり、栃木の酒には特別の思いを持って飲んでいるので、このイベントには毎年参加している。

今年も27酒蔵が参加して盛大に行われた。
DSC01544.jpg

酒宴に先立ち、山本洋子さんのセミナーが開催された。栃木の酒や酒造りの魅力について、試食・試飲も交えて大変ためになる講義であった。
DSC01570.jpg

田んぼ一坪から純米酒が一升造れる。だから毎日純米酒を飲めば減反が必要なくなる。米を食べ、日本酒を飲む、日本人の基本ですね。
DSC01588.jpg

そして懇親会がスタート。
山本洋子さんと澤姫の井上蔵元の音頭で日本酒で乾杯!
DSC01598.jpg

会場はあふれんばかりの人で熱気ムンムン。
DSC01594.jpg

お酒の肴は栃木の食材を使った逸品の数々。どれも日本酒に合うものばかり。そして栃木産「とちおとめ」も振る舞われた。
DSC01590.jpg

飯米「こしひかり」と酒米「とちぎ酒14」のおにぎり。食べ比べしたが、以外にも「とちぎ酒14」が旨い!ご飯でも十分食べられるのには驚き。
DSC01627.jpg

さて27酒蔵すべてというわけにはいかないが、いくつかをご紹介。

「鳳凰美田」の小林酒造さん。小林蔵元&新人社員の方が爽やかで元気いいのが印象的。先日の横浜の酒イベントにも来られてましたね。
DSC01601.jpg DSC01604.jpg

「杉並木・姿」の飯沼銘醸さん。久しぶりに呑んだ「姿」相変わらず旨い!
DSC01605.jpg DSC01606.jpg

「大那」の菊の里酒造さん。兵庫東条産山田錦の純米大吟醸は格別の味。
DSC01608.jpg DSC01610.jpg

「旭興」の渡邊酒造さん。何と「磨き九割九分」の「樫樽熟成」! 米ぬかタップリの味かと思いきや意外とスッキリ、でもウィスキーのようなワインのような日本酒のような複雑な味わい。最近、低精白の日本酒が流行っているが、これはその極みというより全然別物の領域。素晴らしいチャレンジです。
DSC01611.jpg DSC01614.jpg

「桜川・辻善兵衛」の辻善兵衛商店さん。「純米吟醸 雄町 槽口直汲み」は、新酒のフレッシュ感と雄町の旨みたっぷりの僕好みの優れもの。
DSC01615.jpg DSC01616.jpg

「仙禽」のせんきんさん。毎年サプライズが楽しみが酒蔵、今年はこちら↓「仙禽 鶴亀」、亀の尾を使って磨き19%の鑑評会出品酒。白ワイン酵母を使用した「ドルチェ・アロマ」は、米の味わいある白ワイン。
DSC01621.jpg DSC01547.jpg

「天鷹」の天鷹酒造さん。僕にとっては思いで多い酒。最高峰の「吟翔」、純米大吟醸でこれほど呑みやすいお酒はないかも...
DSC01622.jpg DSC01546.jpg

「燦爛」の外池酒造さん。県外向けの新ブランド「望」、香りとしっかりした味、旨味がバランスよく、これはブレイクする予感。応援します! 日本酒伝道師の「ジョン・ゴントナー」さんも熱心に蔵元の話を聞かれていた。
DSC01625.jpg DSC01562.jpg

「澤姫」の井上清吉商店さん&「松の寿」の松井酒造さん
DSC01552.jpg DSC01599.jpg

「四季桜」の宇都宮酒造さん&「東力士」の島崎酒造さん
DSC01561_20140511155511089.jpg DSC01554_20140511155448dc3.jpg

「忠愛」の富川酒造さん&「柏盛」の片山酒造さん
DSC01557.jpg DSC01560.jpg

そして燗酒コーナーにも各蔵とっておきの燗に合うお酒が。今年気になった銘柄は、杉田酒造さんの「鷗樹 生もと純米」。米の旨みとふくらみが増して熟成のまろやかさが際立つ味わい。
DSC01617.jpg DSC01619.jpg

というわけで、蔵元さんともたくさん話をさせていただき、各蔵自慢の新酒もタップリ飲ませてもらい、言うことなし。今年の一期一会に感謝!! また来年会えることを楽しみにしてます。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
88位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。