スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上大岡に出来た地酒呑み処「文次郎」

今年2月に地元上大岡に地酒処「文次郎」がオープン。実は最近までその存在を知りませんでした。「文次郎」は東神奈川と関内にありますが、以前会社の事務所が関内にあった時期によく伺いました。→「関内の文次郎」
日本酒が豊富で、特に私が好きな「而今」が揃っており、魚とおでんが旨いお気に入りの店でした。その「文次郎」が上大岡にできたとのことで、早速伺いました。

鎌倉街道側のアーケード商店街を抜けて、大岡川の橋を渡って少しのところで、駅から3分程度の近場です。

店内は右にテーブル席、左にカウンター、奥に座敷という造りで、落ち着いた雰囲気です。まだオープンして半年Kらいなので、店内いたるところ綺麗で気持ち良いです。
DSC_0678.jpg

奥の座敷では宴会もできます。
DSC_0677.jpg

カウンターの上には、神奈川の地酒の看板と自慢の「おでん」のネタが書かれた札が並びます。
DSC_0676.jpg

小田原から直送の相模湾でとれた地魚が自慢。本日のおすすめがすべて入った刺身盛り合わせを注文。
DSC_0665.jpg

新鮮な地場野菜をたっぷり使った豆腐サラダを注文。野菜不足を解消!
DSC_0663.jpg

魚と共に「おでん」と「串揚げ」が売り。今宵は「串揚げ」をいただく。「ウインナー」「うづらたまご」「れんこん」「ピーマンチーズ」。いづれも衣は薄めで素材の味をしっかり感じさせる。種類が多いので色々楽しめます。
DSC_0675.jpg

お酒は関内店同様日本酒が揃っています。神奈川の地酒、全国から選りすぐった地酒、燗酒などなど。。。
「而今」はその時々に入荷したものを出しているとのこと、この日は
「而今 千本錦 純米吟醸」
がちょうど入荷したところで、運よく口開けをいただけることに。
久しぶりに飲む「而今」、特にこと「千本錦」お気に入りの一品で、香り、甘み、旨味、酸味、全てがバランスよく主張されていて、飲むほどに旨さを感じる酒。お酒の味を楽しむのも良し、料理と共に合わせるのも良しの万能選手!大西杜氏の酒造りは進化してますね。(★★★★☆)
DSC_0666.jpg

女将さんからいい夏酒を勧められて
「鶴嶺 特別純米 爽醇」をいただく。
「鶴齢」といえば、新潟酒の代名詞「淡麗辛口」とは一線を画したお酒として人気があります。このお酒は、しっかりした味、旨味をベースによりさらっととした飲み口に仕上がっています。アルコール度が14度と低めで、ボトルも涼しげな感じで、、正に夏酒にぴったりです。(★★★★)
DSC_0668.jpg

〆は長野の女性杜氏「千野麻里子」さんが醸す
「幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒」
フルーティで綺麗で優しい飲み口、女性杜氏だからこそ醸せる独特の味わいを持ったお酒です。女性に好まれる味ですね。(★★★★)
DSC_0672.jpg

カウンターに座って美人の女将さんとの会話を楽しみながら、旨い酒と旨い魚・肴を堪能しました。地元に出来て感謝!!

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
864位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
60位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。