スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和が残る市民酒蔵「諸星」@新子安

先日伺った「市民酒場 常盤木」さんの店主から、戦時中横浜にできた市民酒場なるものの話を聞いて大変興味を持った。
その時「常盤木」さんからいただいた元市民酒場組合加盟店(今でも残っているらしい店?)のリストを頼りに全店に伺うことを決意。組合に加盟していたことを知らない時期に伺った店を含めると今のところ4店(常盤木、三河屋、武蔵屋、栄屋)だ。

まずは、今でも市民酒場を掲げる以下の3店からということで、今回は「諸星酒場」さんを訪問。
 ・戸部「常盤木」:訪問済
 ・新子安「諸星酒場」:今回訪問
 ・東神奈川「みのかん」:次回予定


場所は京急新子安駅から海側に階段降りて30mの至近距離。駅前のロータリーに面した歩道にある。
大きく「市民酒蔵 諸星」と書かれた暖簾が目印。
DSC_0790.jpg

昭和の香りが漂う外観に期待を寄せながら、暖簾をくぐって中に入る。平日の18時半ころだったが、店内は比較的すいている。
右側に4人座れるテーブル席が5卓、左に名物の年季の入った長いカウンターが伸びている。このカウンター細長いけれど対面式に座れるように両側に椅子が置かれている。
DSC_0797.jpg

店内も随所にレトロな趣を感じさせるグッズが配置されているが、手入れが行き届いていて、非常に綺麗で心地よさを感じる。店を愛して客を大切にする店主の心遣いであろう。
DSC_0799.jpg

メニューは壁一面に張られている短冊のみだ。あまりの多さに目移りしてします。鮮魚、焼き物、揚げ物、煮物、サラダ等々酒飲みに嬉しい料理ばかり。
DSC_0793.jpg

日本酒の品揃えが素晴らしく、大手酒蔵の普通酒から最近注目されている銘柄まで、色々揃っている。それも350円~700円と居酒屋よりも格安。
DSC_0792.jpg

暑さも一区切りして雨が降って肌寒い感じがしたので、燗酒を注文。店主にどれがいいかなと尋ねると、「東鏡」「剣菱」「高清水」「福祝」あたりだが、純米酒や純米吟醸でも燗にできるとのこと。さすがだ、日本酒をよく知っていると見た。

久しぶりに「剣菱(400円)」をいただく。

店主がコップに注いで持ってきてくれる。摺り切り目いっぱい入っいるコップをこぼさずテーブルに置く技は素晴らしい。
お通し(サービス)は、大根の皮とひじきの煮もの。
DSC_0794.jpg

剣菱を飲りながら短冊をじっくり眺め、つまみに「イワシの刺身(520円)と「冷奴(160円)」を注文。
DSC_0796.jpg

イワシは、脂が載ってまったく生臭さがなく、新鮮そのもの。剣菱の熟成した味わいにしっかりマッチしている。

燗酒で体が温まったので、追加のお酒は冷酒とする。秋田の出羽鶴酒造の「やまとしずく純米吟醸(650円)」、初めて呑む銘柄だ。冷酒はコップ酒ではなく、片口とぐい呑。こちらもたっぷり正一合入っている。
DSC_0800.jpg

穏やかな香り、米のしっかりした旨味、酸味のキレも良いバランスのとれた美酒。食中酒にいいです。多分、お燗したらもっと旨味が膨らんで、体に浸み入る味わいになるだろう。

もう一品軽いつまみをと短冊を眺め、「竹輪きゅうり(210円)」を注文
DSC_0805.jpg

店のレトロ感に浸り、短冊を眺めながら酒と肴をゆっくり楽しむ。1時間も経つとお客さんもだいぶ増えてきて、テーブル席は満席、カウンターも7割の入り。
DSC_0806.jpg

お酒もつまみも無くなったので、今日はこの辺でということで、店主に会計を伝える。

こちらの店主、入った時はちょっと話しかけづらい印象だったが、会計の時に思い切って話かけてみた。例の「常盤木」さんからいただいた市民酒場のリストを見せて話出すととたんに顔が綻んで色々語ってくれる。「こんなリストがまだ残っていたんだ」と懐かしく眺めていた。店主は3代目で、店の正式屋号は「諸星酒場」。昭和初期の創業時からずっと今の場所にあるそうだ。元々は酒屋で、先代は市民酒場組合の神奈川支部長をされていたとのこと。酒屋だった店が「市民酒場」となり、戦後酒屋か飲食店かの二者択一を迫られた時、こちらは飲食店を選択。居酒屋スタイルになったのを機に「市民酒場」→「市民酒蔵」と変えたとのこと。
新子安界隈にも元々「市民酒場」だった店がいくつかあるが、今は「大衆酒場」を掲げているとのこと。諸星酒場さんのすぐ近くの「甘粕屋」さんや駅の反対側の「秋葉」さんがそれで、またそのうち訪問することになろう。

「市民酒場」の情報はほとんど書き物で残っていないようで、当時を知る人から直接話を聞くしかなさそうだ。「常盤木」さん同様、こちらの店主にもまたじっくり話を聞かせてもらいたい。
帰る頃にはすっかり暗くなって、「諸星」の文字が光っていた。。。
DSC_0823.jpg

よき酒場によき人あり、そしてよき酒あり。
今宵も一期一会に感謝!


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
127位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。