スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木の酒と鮎を堪能@松井酒造&船場亭

先日、10年ぶりに那須・塩原の地を家族旅行した。会社に入ってから15年間暮した第二の故郷である。

東北道で西那須野まで行き、そこから塩原渓谷に向かう。途中、塩原十名瀑随一の素晴らしさを誇る「竜化の滝」を観瀑。三段の滝が、竜が天に昇っていく姿に見えることから、この名前がついたといわれる。
竜化の滝

その後、塩原温泉、川治温泉、鬼怒川温泉を経由て、鬼怒川のそば「松井酒造店」さんに伺う。
こちらが酒蔵入り口だが、残念ながら蔵見学はできなかった。
松井酒造 酒蔵

直売店は営業していて、先代の女将さんが対応してくれた。
松井酒造 直販店

ちょうど今の時期は新酒造りに入る直前で、お酒の種類も少なかったが、「松の寿 純米吟醸」をお土産に購入。
DSC02490.jpg

店の前には、仕込み水が湧いている。飲んでみたが、やわらかな甘みのある軟水であった。旨い水からは旨い酒ができるということですね。
松井酒造 仕込み水

「松井酒造」をあとにして「船場亭」へ。

茅葺屋根が目印。この奥に「船場亭ワールド」が広がる。
船場亭全景

ここは観光やなで、シーズン中鬼怒川に「やな」が常設される。子供たちには格好の水遊び場である。息子たちも小さいころ、必ずここを降りて遊びまくっていたことが思い出される。
やな2

鬼怒川が眺められる野天や炭火の囲炉裏端など趣きある場所で鮎を存分に味わうことができる。
鮎焼き場

こんな昭和の面影も残っている。
船場亭 昭和の面影

鮎の生簀。元気に泳いでいる。
いけす

那須にいたころは、親戚が来ると必ずこちらに伺って、四季の鮎など川や山の味覚を楽しんだもの。場所は目の前で鮎を焼ける囲炉裏端ときまっている。
この日も事前に予約したが、いつもの(といってももう10年ぶりだが)炉端が用意されているのには感激。実はこちらの社長さんにはいつも伺うたびに地元の話を聞いたり、色々なサービスやお土産をいただいていた。今回もお会いできるのを楽しみに伺った。

「どじょうの丸揚げ」苦味が効いてビールのつまみにピッタリ!
DSC02505.jpg

「いも串」これも囲炉裏端でじっくり焼き上げ、熱々をいただく。いなかの味わいだ。
DSC02506.jpg

酒は当然栃木の地酒だ。先ほどおじゃました松井酒造店の「松の寿 大吟醸」は、香りが程よくあり、柔らかさと綺麗さを持ち米の旨味も感じさせる逸品。日光の渡邊佐平商店の「清開 特別純米」は、まろやかな口当たりと純米酒ならではの米の旨味がしっかり感じる酒。氷の入った桶で冷やすなんて気が利いている。
DSC02513.jpg

「鮎の塩焼き」この時期落ち鮎といって脂が乗った鮎が食べられる。炭火でじっくり焼き上げるので、頭から尻尾まで全て食べられる。香味ある身と苦味あるハラワタ、活きた鮎ならではの旨さだ!
囲炉裏端の鮎

「鮎刺身」も身厚でコリコリして香味があり抜群の旨さ、いくらでも食べれてしまう。
DSC02517.jpg

変わったメニューは「まむし焼き」。うなぎ一本をまむしのように串に巻きつけて白焼きにしたもの。わさび醤油で食べるといと美味である。
まむし焼き

ここに来たら必ずいただくのが、「イワナ骨酒」。素焼きイワナの香ばしい旨味が熱燗酒にほとばしり、体に浸み渡る。
DSC02521.jpg

こわれも変わりダネの「鹿刺身」。ほとんどクセはない。馬刺しに似ている味。
DSC02527.jpg


最後の〆は「鮎釜飯」。新鮮な鮎を使った贅沢品。いつ食べても、ここでしか味わえない旨さを感じる。ボリュームがあっていつも食べきれないので、折詰にして持ち帰り翌日の朝飯にするのが楽しみ。
DSC02526.jpg

10年ぶりの「船場亭」訪問。社長さんとの再会に感激し、うまい鮎と酒を堪能した。今度いつ来れるかわからないが、思い出の地として是非また訪問したい。社長さん、色々サービスしていただき、ありがとうございました。いつまでもお元気で!!!

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓


 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
88位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。