スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年は「而今 にごり酒」でスタート


毎年元旦に飲む酒を何にするか迷う。
昨年は那須に勤務する息子が大枚はたいて買ってきてくれた「天鷹」。
ことしは一番好きな「而今」とした。お酒そのものが好きというのはむろんのこと、「而今」という言葉が大好きだ。
人生の2/3が過ぎ、過去や未来のことをあれこれ考えることもあるが、そんなことに拘らず「而今=今という時間を大切に精一杯生きる」ことが重要なんだと感じている。携帯画面の「而今」を毎日見て戒めている。
少し前にラテン語の「carpe diem」という言葉を知った。紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩に登場する語句で、「一日の花を摘め」、「一日を摘め」などとも訳されるが、これも「而今」と同じ「今という時を大切に使え」という意味だ。このふたつの言葉を行動の支えにしている。

今年の口開けは、お正月にふさわしい「にごり酒」。おせち料理とうまくマッチする。
而今とおせち

新酒ではなく、25BYを約1年低温熟成させたもの。滓が底の方に固まっていたが、「開栓注意」を意識してそのまま開栓。そのあと再び栓をして混ぜたところ、シュワシュワっと泡が立ち上ってきたものの、吹き零れることはかった。
DSC02342.jpg

酒盃は、昨年唐津に行った際に大枚はたいて買ってきた「斑唐津」のぐい呑み。最初の一杯は、正月に飲もうと使うのをずっと我慢したきたが、良き日にこの酒盃で「而今」を飲むことができ、幸先良いスタートである。
而今と唐津焼-2

心して新年の一杯目を味わう。
上立ち香は、それほど強くなく爽やかな果実香。口に含むとシュワシュワ感が舌を刺激し、それと共に甘みと米の旨味が広がる。1年近く寝かせたにもかかわらず、フレッシュでシュワシュワ感たっぷりなのは素晴らしい。それでいて新酒のようなピリピリした荒々しさはなく、どちらかと言えばまろやかで落ち着いた味わい。後半にはほどよく酸味がきいてそのままスッキリきれる。新年を祝うにふさわいお酒だ。
フルーティで甘みもありクセが無いので、女性にも飲みやすいお酒。

今年は私なりの日本酒道を見出し、「美酒との一期一会」を更に高めていきたいと思います。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★☆
[女性おすすめ度:3段階] ★★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2014年2月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:16.5度
 使用米   :富山県産五百万石
 使用酵母  :三重酵母
 日本酒度  :非公開
 酸度    :1.4
 アミノ酸度 :0.9
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :木屋正酒造株式会社
 所在地 :三重県名張市
 創業  :文政元年(1818年)  
 代表銘柄:高砂、而今

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。