スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常きげん 幻の加賀の庄 特別純米

久しぶりに石川の酒を味わう。
石川県加賀市にある「鹿野酒造」さんが醸す「常きげん」で、加賀酒の特徴である熟成させた濃醇旨口の美酒。

「鹿野酒造」さんは、文政2年(1819年)創業、のどかな田園地帯に位置して、自社の田で造った米と蓮如上人ゆかりの「白水の井戸」を仕込み水に、こだわりある酒造りをされている。
「常きげん」という名は、ある年の大豊作を村人たちと祝う席で、4代目当主が「八重菊や酒もほどよし常きげん」と一句詠んだことにちなんだもの。(酒蔵HPより)

今回いただいた美酒は
「幻の加賀の庄 特別純米」
中世期栄えた南加賀幻の七つの庄に由来して作られた芳醇な逸品。(酒蔵HPより)
山廃ではないが、1年じっくり熟成させたもの。
DSC_1263.jpg

DSC_1266.jpg

まず冷酒でいただく。
香りは穏やかで軽い果実香と米の香が混じった感じ。口当たりはやさしく米の甘み、旨味がほどよく感じられ、適度な熟成感でコクもある。後半は酸味もきいてキレがよい。

次にぬる燗はどうか。
冷酒よりまろやかでふくらみがあり、酸味の主張もはっきりしてキリリとしまる。ぬる燗がさめてきたころがベストの味わい。含み香も出てきて、甘み、旨味、コクも増す。非常にバランスがよく、いくらでも飲めてしまう味わいだ。

石川の酒は、昔ながらの酒造りを脈々と受け継いできた独特の主張がある。
奥深い味を楽しみ、じっくり体に浸みこませる。ああ幸せ!


[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★
[お酒のデータ]
 製造年月  :2015年1月
 精米歩合  :60%
 アルコール度:16度
 使用米   :非公開
 使用酵母  :非公開
 日本酒度  :非公開
 酸度    :非公開
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名   :鹿野酒造株式会社
 所在地   :石川県加賀市       
 創業    :文政2年(1819年)
 代表銘柄  :常きげん

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。