スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[東北応援] 東豊国 普通酒

東日本大震災で被災された福島県古殿町の豊国酒造さんが醸している「東豊国」をいただいたので、家でじっくり呑みました。豊国酒造さんは蔵に大きな被害はなかったようですが、製品が割れるなどの被害があったそうです。心よりお見舞い申し上げます。

豊国酒造さんは、かつて塩の道として栄えた浜通りと中通りを結ぶ御斉所街道沿いに天保年間に創業し、地元に愛される酒造りを続けています。それはこれからも変わることはありません。単に酒を造り、売るということではなく、そこには人と人とのつながりがあり、文化があります。地元産の酒米や契約栽培による米作り。そして自家精米を行う。水は当地の鎌倉岳という名山からの伏流水。少し硬めの水がキレのよいすっきりとした酒の味を造り上げる。造り手、地元の想いなど様々な要素があってこそ、永く愛飲され続いている地酒「東豊国」です。(福島県酒造組合の蔵元紹介より)

今回いただいたお酒は「東豊国 普通酒」です。
普通酒といっても精米歩合68%で、本醸造ランクのお酒です。地元で大変愛されていて、飲み飽きしない酒として、数多くの人から指名買いされるほどの人気酒です。

全景 縮小サイズ  表ラベル拡大 縮小サイズ

上立ち香はおだやかで、わずかにやわらかい米の香りが感じられます。口に含むと初めに甘みが感じられ、すぐにすっきりした辛口の味わいが広がります。全体的に淡麗辛口系で呑み飽きしないお酒です。寿司と合わせて呑みましたが、寿司の旨さを引き立たせると共にこのお酒自身の味わいも更に旨みを増して、これぞ食中酒と感じました。旨い肴と一緒にいくらでも呑めてします美酒です。

以前の僕の好みは、この種の淡麗辛口の日本酒でしたが、最近は薫醇酒系を好むようになって、淡麗辛口は物足りないと思ってあまり呑まなくなっていました。しかし、相性が良い肴と一緒に呑むとお酒そのものの良さが更に引き立ち、単独で呑む味とはずいぶん違って(旨くなって)くるのを今回知りました。やはり、料理との相性で呑むお酒をチョイスするともっともっと美味しいと思うお酒が広がりますね。

[お酒の評価:5段階]
★★★★(旨い肴との呑み合わせがベスト)

[女性おすすめ度:3段階]
★☆

[お酒のデータ]
製造年月  :2011年4月
精米歩合  :68%             
アルコール度:15-16%             
使用米   :チヨニシキ               
使用酵母  :協会9号            
日本酒度  :+3              
酸度    :1.3             
アミノ酸度 :非公開             

[蔵元のデータ]
蔵元名 :豊国酒造合資会社
所在地 :福島県古殿町
創業  :天保年間(1840年代) 
代表銘柄:東豊国

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
114位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。