スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多でお得な呑み処!「美食隠れ家 てんき屋」

先日久しぶりに博多に行きました。そこで、ちょっと変わった居酒屋「美食隠れ家てんき屋」さんに行きました。博多といっても中州ではなく西新という場所です。
細い路地裏に入口があり、隠れ家というよりちょっと怪しげな感じ(笑)。入口の前には「てんき屋」の提灯と店の看板がデーンと置いてあります。その横のびっしり書かれたメニューボードに思わず引きこまれます。これだけメニューがあると選ぶのが困る...
店の中は1階がカウンターで2階に座敷が広がっています。雰囲気的にワイガヤ宴会で盛り上がる店ですね。

店入り口の提灯  店入り口の看板
    入口にある提灯         デーンと置いてある店の看板
店前のメニュー看板  
 店の前にメニューがびっしり

今回は宴会コース+呑み放題です。ここの呑み放題は、ちょっと変わっていて、30種くらいの日本各地の地酒が呑み放題という超お得な設定です。
但し、いきなりお好み銘柄は呑めません。まずは店指定のお酒を呑んでからということ。しかも店指定のお酒というのが一升瓶数本出てきたのにはビックリ! でも何と「醸し人九平次」の一升瓶もあり、これもビックリ!
更に見た目も大サービス(行けばわかる)の店員さんが、心をこめて並々とお酒をついでくれます。←これもお得!!

海の幸が旨い博多ならではの「ウマズラハギの肝付き」など10品くらい盛り込んだ刺身をつまみに日本酒というのがたまらない。

刺身と鍋島
 ボリュームたっぷりの旨い海の幸

まず、被災地応援として、福島の夢心酒造さんが醸す「奈良萬 純米吟醸 中垂れ」をいただきました。
上立ち香りは林檎のようなフルーティな香り、口に含むとほどよい甘さと旨みが広がり、わずかに微発泡のシュワ感があります。後半は酸味がきいて若干の辛味とともにのど越しはスッキリ切れていきます。旨いお酒っす!

次に最近旨い酒造りで注目されている佐賀のお酒をいただきます。
富久千代酒造さんが醸す「鍋島 辛口清酒 生酒 <愛山>」です。通称「鍋島ブルーラベル」と呼れており、更に「愛山」限定バージョンです。

鍋島 表ラベル  鍋島 裏ラベル
     鍋島ブルーラベル         限定愛山バージョン    

幻の米として人気の「愛山」を全量使用して、普通酒ランクでありながら60%の磨きで、上立ち香には吟醸の香りも感じられます。口に含むと最初ふんわり生酒らしいフレッシュ感と甘み旨みの味わいを感じますが、口の中で転がすうちにシャープに軽やかに広がって、後口はスッキリ切れていきます。今はやりのジューシーな「鍋島」とは一味違った食中酒として幅広さを持つ懐の深いお酒ですね。

次は、新潟の村祐酒造さんが醸す「村祐 常盤ラベル 純米大吟醸 無濾過生清酒」です。
これは新潟のお酒ですが、「新潟と言えば淡麗辛口」とはまったく違ったコンセプトを持って造られたお酒です。
「和三盆糖」という高級な砂糖をイメージして造られた酒という事で、上品な香りと甘みをもったお酒です。
女性に大人気のお酒です。よく料亭などの食前酒にも使われており、日本酒が苦手な方にオススメです。

村祐 表ラベル
   新世代新潟の酒 村祐 

上立ち香は優しく上品な香りがあり、口に含むと深く上品な甘味が口いっぱいに広がります。これが村祐の真骨頂で、甘みの心地よい余韻を長く引きならがらも、くどくなく、後味は爽やかにスッキリ切れていきます。村祐ならではの個性的な味わいです。

最後に秋田の齋彌酒造店さんが醸す「雪の茅舎 山廃純米」です。
最近、こだわりの旨いお酒を醸すことで注目されている銘柄です。その山廃純米バージョンで、上記のお酒に比べると力強い旨さを感じます。

雪の茅舎 表ラベル  雪の茅舎 裏ラベル
     注目の雪の茅舎           山廃純米が旨い

上立ち香は穏やかで口に近づけるとフレッシュな果実の香りがします。口に含むと口当たりの良さと優しい甘みを感じ、力強いコクと旨味が広がってきます。後半から酸味がきいてきて後味はきれいに切れていきます。
山廃にありがちな力強く重いクセは殆ど感じず、しつこさが全くなく呑み飽きしません。旨いっす!

この店はお勧めです。色々な意味で(食べて、呑んで、見て)お得!!!
久しぶりの博多で「旨い酒」と「海の幸」を堪能しました。満足、満足...


応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
56位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。