スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李白 純米吟醸 超特撰 ~WONDERING POET~

先日、三十数年ぶりに松江に行きました。松江の近くの出雲は神の国として良く知られています。ちょうど十月は八雲立つ出雲国にとって「神有月」。全国から八百万の神々が出雲に集い、国護りの議事や縁結び談義を重ねたと伝えられます。そのため出雲以外の国では「神無月」と言われます。
また、酒造りの神である久斯之神(くすのかみ)を祀っている佐香神社は、出雲国風土記に記され、古くから酒の神様として信仰を集めてきました。この佐香(さか)が酒の古名に該当するこの地が日本酒発祥の場所であるとされています。
そんな神々しい国の美酒「李白」をお土産に買ってかえりました。
「李白」は松江市の「李白酒造」さんが醸すお酒です。
「李白酒造」さんは、明治15年に創業し、出雲神話に出てくる酒造りの伝統を引き継ぐ出雲杜氏が古今の酒造技術の巧みな調和から幾多の賞に輝く芳醇でまろやかな清酒李白を醸しつづけてきました。
大正から昭和にかけて二度も内閣総理大臣を経験した松江市出身の若槻礼次郎氏によって「酒仙李白」に因んで命名された由緒ある酒名です。

「李白 純米吟醸 超特撰 ~WONDERING POET~」
酒造好適米「山田錦」を55%に精米し、伝統的手造りの技法でじっくりと低温発酵させた純米吟醸です。まろやかな味わいとコクがあり、且つ爽やかでキレの良さが特徴です。様々な料理と相性の良い、世界各国で飲まれている李白の代表的なお酒。ちなみに「李白」の英語酒銘は「WONDERING POET(吟遊詩人)」です。
李白 表
「李白」の文字は若槻氏の揮毫(きごう)を写したものです。

李白 裏
蔵元の「李白」への思いが綴られています。

上立ち香は、穏やかでわずかに果実系の香りが漂います。
口に含むと、一転して青リンゴのようなフルーティな含み香が口から鼻に抜け、やや辛口で酸味がきいた味わいが口に中に広がり淡麗辛口系を思わせますが、その奥から米の旨みとじわぁ~とした甘みが絡み合い、柔らかみとふくらみを持たせた味わいに仕上げてきます。酸味もほどよく効いて後口はスッキリ切れていきます。
しっかりとした甘みと旨味があり、丁寧に旨さを引き出した美味しいお酒に仕上がっています。

「李白」は何度か呑んでいますが、すっきりシャープな味わいでちょっと物足りなさを感じていましたが、今回家呑みでしっかり味わってみると甘みや旨味が奥底からからんできて深い味わいがあるお酒だと思いました。是非また違った種類を呑んでみたいですね。

[じゅん吟好み度:5段階] ★★★★
[女性おすすめ度:3段階] ★☆
[お酒のデータ]
 製造年月  :2011年10月
 精米歩合  :55%
 アルコール度:15-16度
 使用米   :山田錦
 使用酵母  :協会9号
 日本酒度  :+3
 酸度    :1.6
 アミノ酸度 :非公開
[蔵元のデータ]
 蔵元名 :李白酒造株式会社
 所在地 :島根県松江市
 創業  :1882年(明治15年) 
 代表銘柄:李白

応援してくださる方、ポチっとクリックしてください。
  ↓↓       ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
864位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
60位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。