スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒の隠れ家 「和酒バル KIRAZ」

忙しさにかまけて、ずい分アップが滞っていました。

今回は、以前にも紹介した目黒にある隠れ家「和酒バル KIRAZ(きらず)」さんです。
今回は新しい仲間をつれて、新酒を楽しみにおじゃましました。
お店のオーナーは、徳島県にある「三芳菊酒造」の蔵元・杜氏である馬宮亮一郎氏の妹さんです。蔵元直送の「三芳菊」フルラインナップを揃え、日本酒とスペイン料理とのマリアージュを楽しめます。

<以前の紹介記事>
和酒バル KIRAZ
祝1周年 今夜は立ち飲みバル

料理は、いつもどおりオーナーにお任せでお願いしました。

前菜盛り合わせ
   前菜は自家製の色々なつまみが楽しめます

生ハム  パン盛り合わせ
   生ハムとソーセージ         美味しいパンも主役です 

トルティジャ  豚肉チーズ
  サーモンのトルティージャ    チーズロールのきのこクリームソース       

さてお酒のほうは、本日は「どぶろく」や「もろみ」があるとのことで、呑む前からのどが唸ります。
また、ちょうどお酒の入れ替えた時期だったので「三芳菊」以外のお酒も種類豊富で、こちらも楽しみ。

まずは奈良県の「千代酒造」さんが醸す「どぶろく」でスタート。
「千代酒造」さんでは「濁酒」の醸造免許を取得して、本格的「どぶろく」造りを始めたとのこと。
トロっとした米の甘みとシュわっとした爽やかさが同時に味わえます。一般の「濁りざけ」ではなく、搾る前のもろみ状態なので、しっかりした味わいです。
どぶろく 表  どぶろく 拡大
   正真正銘の「どぶろく」

「三芳菊」の「もろみ」は開栓までにもう少し時間がかかるとのことで、こちらをいただく。
以前呑んだことがある埼玉の「五十嵐酒造」さんが醸す「五十嵐」です。女性蔵人が仕込んだお酒だそうです。
上立ち香は穏やか。口に含むとしっかりした甘みから広がり、米の旨みも加わって濃醇な味わいが舌にまとわりつきます。酸味も出てきますが、濃純な甘旨みが勝って、後口はキレるというより余韻が残って行く感じです。
しっかりした味はありますが、バランス的にはちょっと粗い感じがします。 
五十嵐 表  
「五十嵐 純米直汲み 無濾過生原酒」

いよいよお待ちかねの「三芳菊」の「もろみ」。
新酒を搾る直前の「もろみ」を産地直送でいただけるのは、このお店ならではの贅沢です。
発酵途中なので慎重に開栓し、グラスに注ぐと、牛乳かヨーグルトを思わせる純白の液体が、泡を立てながら、まるで生きているように主張しています。
一口呑むと「これはお酒?」と思わせるくらい綺麗ですっきりした味で、口に含んでいると米の甘みや発酵途中のピリ感がじわっと感じられ、濃い原酒にもかかわらず、ともかくすーっと入っていくのは不思議。
先に呑んだ「どぶろく」とはまったく違う味わいに仕上がっています。これが「三芳菊」の旨さになるのですね。
三好菊 もろみ
 希少価値の「三芳菊のもろみ」

まだまだ「もろみ」の余韻が残っていますが、次のお酒に移ります。こちらも初めて呑むお酒。
酒銘が素晴らしい。「澪標」と書いて「みおつくし」と読みます。奈良の「世界一統」さんが22BYから醸し始めた限定品です。
フレッシュな果実の香り。口当たりはやや辛口でシャープですが、口の中で転がしていると僕の好きなボディがあり旨みがしっかりとした味わいが広がってきます。名前良し、味わい良しの逸品です。
澪標 表  澪標 裏
「澪標 純米吟醸 無濾過生原酒」  「澪標」への思いが綴られています

さらに美酒が続きます。愛知の人気酒「義侠」の新酒です。
五百万石バージョン。しぼりたての新酒らしい、フレッシュ感たっぷりの香り。口に含むとまずフレッシュな爽やかさを感じ、その後、ほどよい甘みと米の旨みが広がり、後半は酸味が効いてキレ味も良い。新酒のフレッシュ感と共にバランスのいいお酒です。
義侠 新聞紙  義侠 表
 新聞紙に包まれレア感たっぷり    「義侠 純米生原酒 滓がらみ」

そろそろ「三芳菊」が呑みたくなってきたので注文します。
「三芳菊」の持ち味である綺麗で上品な甘みとその後からくるすっきりした酸味が絶妙。滓がらみなので、更にしっかりした米の旨みも感じさせて、心地よい安堵の世界にハマります。
三好菊 表  三好菊 裏
  「三芳菊 おりがらみ」

だいぶ酔ってきましたが、まだまだいけます。
こちらも初めてのお酒。福島の「曙酒造」さんの新酒「天明 中取り零号」
震災の今年、特別バーションとして醸されたお酒で、「零」には「地震や原発事故の見舞われた本県で零から立ち上がる」との思いが込められています。
上立ち香は果実系の甘い香り。口に含むと柑橘系果実のようなフレッシュで若干の苦みを感じながら、その後から優しい甘みや柔らかな旨味がかぶさってきて、後口は酸味でほどよくキレえいきます。抜群にバランスよい味わいに仕上がってきます。ともかく優しい柔らかいお酒という印象です。
天明 表-2  天明 裏
 「天明 中取り零号」    「零」の思いが込められています

〆のお酒は、長野の「小布施酒造」さんが醸す「ソガペールエフィス」。
以前にもいただいてサプライズでした。とにかく「旨い」の一言に尽きますが、華やかさと濃醇さとスッキリ感を寄せ持つバランスが素晴らしく、僕の好みのぴったりのお酒です。
ソガペール 表拡大  ソガペール 裏
   ワインを思わせるボトル      蔵元の思いがびっしり記載   

この店は居心地が良すぎて、いつも最後まで(実は閉店より遅くまで?)いてしまいます。今回もいっぱい呑みました。もろみあり、新酒あり、初めての美酒あり、と盛沢山の美味を味わいハッピーなひと時でした。

よければポチっとクリックしてください。
↓↓         ↓↓
 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント
大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
864位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
60位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。