スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地場外の人気店「築地すし大」(2/2)

お目当ての寿司屋は、銀座の同業者が足を運ぶという名店「築地すし大」。
場外市場のはずれにある「本館」は、予想どおり長蛇の列。少し離れたところの「別館」も数人の待ち行列。最後の砦の「新館」は、運よく待ち人無し。

ということで、こちら「すし大新館」に入ることにした。「本館」に比べると貫禄はないが、場外の喧騒から隔絶され、隠れ家風の粋な寿司屋という感じがよい。
DSC02904.jpg

入り口にメニューが置いてあるので、事前にチェックできるのがいいですね。
DSC02902.jpg
DSC02903.jpg

暖簾をくぐると、目の前がカウンター。中々綺麗で落ち着いた雰囲気だ。奥には半個室の座敷もある。ちょうど板さんの前が空いていたので、そちらに座らせていただく
DSC02898.jpg

一応メニューを見るが、やはりお得感たっぷりの「店長おまかせ握り」(税別3500円)を注文。店長オススメの10貫+玉子+巻物2種+好きなにぎり1貫+味噌汁という構成。
寿司以外におつまみも色々揃っている。カウンター内の壁にその日のオススメが貼られてる。
DSC02895.jpg

飲み物はもちろん日本酒だ。寿司には辛口が合うので「澤乃井 純米大辛口(300ml)」(税別1200円)を注文。日本酒は、定番で「澤乃井」「男山」「菊水」といずれも辛口酒。そのほか「浦霞」「開運」など5種くらいの地酒がある。

まず、お酒と共にお通し「ふぐの煮凝り」が出る。プリっとした歯ごたえと出汁が効いた味わいが素晴らしい。お通しにも手間暇かけているのは名店ならでは。
DSC02878.jpg

握り寿司は、お客のペースに合わせて1貫づつ出てくる。握りたてを食べられ、ゆっくり落ち着いて過ごせるのがいい。

スタートは「玉子」。甘さは控えめ、魚のすり身が混ざって、さすが寿司屋の玉子焼きと感心。
DSC02879.jpg

「ひらめ」
 脂が乗ってコリコリを塩でいただく
DSC02881.jpg

「戻りカツオ」
 カツオとは思えない口の中でとろける旨さ
DSC02882.jpg

「ぼたん海老」(写真なし)
 プリプリで甘みたっぷり

「カンパチ」
 天然ならではの身の締りと脂の乗り 
DSC02883.jpg

「赤貝」
 孔雀を模した?大きなネタ、コリコリで旨味がたっぷり
DSC02884.jpg

「金目鯛の昆布〆」
 脂の乗りを昆布で引き締め、甘みが引き立つ 
DSC02885.jpg

「鯵」
 口の中に身があふれ、トロトロ溶けていく
DSC02886.jpg

「ネギトロ巻」と「いかきゅう巻」 ごぼうと山芋のお新香付
DSC02887.jpg

「ウニ」
 口に広がる磯の香りと甘みがほとばしる
DSC02890.jpg

「鮪炙りトロ」
 表面は炙った味わい、中はレアな中トロと二度美味しい
DSC02891.jpg

「煮穴子」
 とろける柔らかさと甘みを抑えた煮味が秀逸
DSC02892.jpg

「かわはぎ肝付」(お好みの一貫)
 コリっとした身に肝がからみ口の中がパニック
DSC02893.jpg

こちらの握りは、ほとんどが板さんの味付がほどこされているので、そのまま食べられる。へたに醤油をつけて、醤油味になってしまう心配なし。

最後に海老の頭が入った味噌汁で〆。
約1時間半かけて、ゆっくり至福の時を過ごした。お腹いっぱい、大満足。

「すし大」の余韻を残しつつ、「築地本願寺」に向う。
インド様式の建築が素晴らしい。うちは浄土真宗なので、阿弥陀様をしっかり拝んだ。「ナンマイダブ、ナンマイダブ」
DSC02908.jpg

そして銀座へ。
長年銀座の風物詩だった「ミキモト」の「クリスマスツリー」も今年が見納め。名残を惜しんで、たくさんの人が記念撮影をしていた。
DSC02916.jpg

そんなこんなで、本当に久しぶりに築地・銀座をたっぷり楽しんだ。
築地市場は、2016年11月に豊洲に移転。場外市場の一部は残るらしいが、昔ながらの日本一の市場が消えるのは誠に残念。
築地にあるうちに是非再訪したい。そして旨い寿司も。。。。
「築地すし大」超オススメです。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓


 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

築地場外の人気店「築地すし大」(1/2)

年の瀬に奥方を連れて十数年ぶりに築地に出かけた。
上大岡からだと京急線が都営浅草線に乗り入れているので意外と近い。
東銀座駅から歩いて5分で築地市場エリアに着く。

築地市場は「場内」と「場外」に分かれていて、合わせて1000以上の店がひしめいている。「場内」はプロ業者の売買がメインであるが、一般の人も入ることができる。朝早くから始まり、昼前にはほとんどが閉店となる。
一方、「場外」は、一般の人や観光客も気兼ねなく入れるエリアで、アメ横を大規模にした感じ。

この日は昼近くに行ったので、「場内」はあきらめ、「場外」を散策して寿司屋で昼飯という段取り。そのあと、筑地本願寺にお参りして銀座へ。

ここから「場外」。
DSC02865.jpg

外周に加え、縦横に路地が入り込み、どこもかしこも人でいっぱい。
DSC02867-1.jpg

安くて良いものが目白押し。正月用にいくつか購入。

練り物の「佃權」。「築地みやげ」は、デパートより格段に安い。
DSC02869.jpg

玉子焼きの「松露」。試食で味見ができるのが嬉しい。
DSC02875.jpg

珍しい「無漂白のかずのこ」が激安。
DSC02872.jpg

「小肌酢〆」。小ぶりの小肌がどっさり入っている。
DSC02873.jpg

佃煮の「江戸一」。こちらも試食の大盤振る舞い。アサリ、ワカサギ、ホタテがオススメ。
DSC02871.jpg

鳥取港でとれた「生干しホタルイカ」。日本酒のアテに最高。
DSC02876.jpg

一通り回ってお腹もすいてきたので、お目当ての寿司屋に向かう。
続きは次回に。。。

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 
にほんブログ村

テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

市民酒場から大衆酒場に?「和泉屋」@横浜黄金町

以前おじゃました戸部の「常盤木」さんのご主人によれば、今でも「市民酒場」を名乗るのは3軒(常盤木、諸星、みのかん)だが、大衆酒場や割烹などに衣替えして酒場を継続している店は30軒近くあるという。
市民酒場についてはこちらをご覧ください⇒「市民酒場」

今回、奥方と共に元市民酒場の一つである(と思われる)黄金町「和泉屋」さんに伺った。今は「大衆酒場」を名乗る店だ。

京急線の黄金町駅から徒歩1分。黄金町エリアは昔の青線地帯で、2005年までは違法風俗店が立ち並ぶ怪しいエリアであったが、地元住民と警察いよる浄化作戦で一掃され、今では高架下に洒落たギャラリーが並ぶカルチャーエリアに一新された。

昔から続く老舗酒場の堂々たる店構え。「どぜう」と「若鶏から揚げ」が自慢らしい。多分、冬場は「ふぐ」だろう。
DSC02353.jpg

店の前には、本日のオススメのボードが置かれている。
IMG_20141011_205412.jpg

店に入ると、ほぼ満席状態。カウンターにわずかな空きがあったので、そちらに案内される。

この日は石川町⇒横浜橋⇒伊勢佐木町⇒黄金町とウォーキングをしたので、さすがに喉がかわき、トリビー(とりあえずビール)でスタート。
「キリン一番搾り」550円、お通しは「枝豆」。
IMG_20141011_182507.jpg

メニューは酒の肴になるものが豊富で、いずれもリーズナブルな価格が嬉しい。
IMG_20141011_182713.jpg

店の壁やカウンターの上にもオススメメニュー貼られている。
IMG_20141011_203142.jpg

じっくり眺めて、まずは4品を注文。

「青魚刺身盛り合わせ(650円)」新鮮な刺身がこの価格とは驚き。
IMG_20141011_183831.jpg

「さざえ刺身(400円)」サービス品。肝付きで、コリコリ感がたまらない。
サザエ刺身

「イカぬた(500円)」これは珍しいかも。量もあって、しっかり味わえる。
IMG_20141011_183541.jpg

「生野菜サラダ(550円)」一瞬、筍と見間違えるような洒落たキュウリの切り方が凝っている。
IMG_20141011_183322.jpg

日本酒がほしくなってきたので切り替える。日本酒メニューは多くないが、酒場の王道的なブランドが中心。
その中で、灘の銘酒「剣菱上撰(二合900円)」を燗酒で注文。しっかりした味わいとキリっと締まる後口が素晴らしい。

追加料理に肉系を注文。
名物の「若鶏の唐揚げ(650円)」手羽+胸肉でボリュームあり、白身ながらもジューシーな味が旨い。名物料理に納得!
若鶏唐揚げ

「レバテキ(500円)」熱々だが、中は柔らかくクセもない。
レバテキ

酒の追加は冷酒。今度は京都のブランド「月桂冠」を注文。
「月桂冠生酒(650円)」フルーティで爽やかな味わいが濃いめの料理を洗い流してくれる。
IMG_20141011_194348.jpg

メニューを見ていると次々に頼みたくなってしまい、更に料理を追加。

「穴子一本天(700円)」穴子はサクサクで適度に脂が乗って美味。更に野菜天まで付いていてお得感大。
IMG_20141011_201952.jpg

「肉豆腐(600円)」肉と豆腐が煮込まれ玉子でとじてある柳川風が土鍋に熱々で出てくる。ご飯と一緒に食べたい旨さ。
肉豆腐

そして〆は、店の自慢の「どぜう」を使った料理。
「どぜう汁(450円)」丸ドジョウを使って、ボリュームたっぷり。
IMG_20141011_203814.jpg

店の外に貼ってあったチラシ。ああ、やっぱりここは市民酒場なんだと再認識。
IMG_20141011_205425.jpg

とまあ、よく食べました。とにかく出てくる料理一品一品が出来立てでごだわりある旨さ。それでこんな値段でいいのというくらいお客満足度が高い店だ。
さすが市民酒場の精神が受け継がれている。
今度は早い時間に来て大将に昔の市民酒場のことをゆっくり聞いてみたい。


よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓


 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

栃木の酒と鮎を堪能@松井酒造&船場亭

先日、10年ぶりに那須・塩原の地を家族旅行した。会社に入ってから15年間暮した第二の故郷である。

東北道で西那須野まで行き、そこから塩原渓谷に向かう。途中、塩原十名瀑随一の素晴らしさを誇る「竜化の滝」を観瀑。三段の滝が、竜が天に昇っていく姿に見えることから、この名前がついたといわれる。
竜化の滝

その後、塩原温泉、川治温泉、鬼怒川温泉を経由て、鬼怒川のそば「松井酒造店」さんに伺う。
こちらが酒蔵入り口だが、残念ながら蔵見学はできなかった。
松井酒造 酒蔵

直売店は営業していて、先代の女将さんが対応してくれた。
松井酒造 直販店

ちょうど今の時期は新酒造りに入る直前で、お酒の種類も少なかったが、「松の寿 純米吟醸」をお土産に購入。
DSC02490.jpg

店の前には、仕込み水が湧いている。飲んでみたが、やわらかな甘みのある軟水であった。旨い水からは旨い酒ができるということですね。
松井酒造 仕込み水

「松井酒造」をあとにして「船場亭」へ。

茅葺屋根が目印。この奥に「船場亭ワールド」が広がる。
船場亭全景

ここは観光やなで、シーズン中鬼怒川に「やな」が常設される。子供たちには格好の水遊び場である。息子たちも小さいころ、必ずここを降りて遊びまくっていたことが思い出される。
やな2

鬼怒川が眺められる野天や炭火の囲炉裏端など趣きある場所で鮎を存分に味わうことができる。
鮎焼き場

こんな昭和の面影も残っている。
船場亭 昭和の面影

鮎の生簀。元気に泳いでいる。
いけす

那須にいたころは、親戚が来ると必ずこちらに伺って、四季の鮎など川や山の味覚を楽しんだもの。場所は目の前で鮎を焼ける囲炉裏端ときまっている。
この日も事前に予約したが、いつもの(といってももう10年ぶりだが)炉端が用意されているのには感激。実はこちらの社長さんにはいつも伺うたびに地元の話を聞いたり、色々なサービスやお土産をいただいていた。今回もお会いできるのを楽しみに伺った。

「どじょうの丸揚げ」苦味が効いてビールのつまみにピッタリ!
DSC02505.jpg

「いも串」これも囲炉裏端でじっくり焼き上げ、熱々をいただく。いなかの味わいだ。
DSC02506.jpg

酒は当然栃木の地酒だ。先ほどおじゃました松井酒造店の「松の寿 大吟醸」は、香りが程よくあり、柔らかさと綺麗さを持ち米の旨味も感じさせる逸品。日光の渡邊佐平商店の「清開 特別純米」は、まろやかな口当たりと純米酒ならではの米の旨味がしっかり感じる酒。氷の入った桶で冷やすなんて気が利いている。
DSC02513.jpg

「鮎の塩焼き」この時期落ち鮎といって脂が乗った鮎が食べられる。炭火でじっくり焼き上げるので、頭から尻尾まで全て食べられる。香味ある身と苦味あるハラワタ、活きた鮎ならではの旨さだ!
囲炉裏端の鮎

「鮎刺身」も身厚でコリコリして香味があり抜群の旨さ、いくらでも食べれてしまう。
DSC02517.jpg

変わったメニューは「まむし焼き」。うなぎ一本をまむしのように串に巻きつけて白焼きにしたもの。わさび醤油で食べるといと美味である。
まむし焼き

ここに来たら必ずいただくのが、「イワナ骨酒」。素焼きイワナの香ばしい旨味が熱燗酒にほとばしり、体に浸み渡る。
DSC02521.jpg

こわれも変わりダネの「鹿刺身」。ほとんどクセはない。馬刺しに似ている味。
DSC02527.jpg


最後の〆は「鮎釜飯」。新鮮な鮎を使った贅沢品。いつ食べても、ここでしか味わえない旨さを感じる。ボリュームがあっていつも食べきれないので、折詰にして持ち帰り翌日の朝飯にするのが楽しみ。
DSC02526.jpg

10年ぶりの「船場亭」訪問。社長さんとの再会に感激し、うまい鮎と酒を堪能した。今度いつ来れるかわからないが、思い出の地として是非また訪問したい。社長さん、色々サービスしていただき、ありがとうございました。いつまでもお元気で!!!

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓


 にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

神奈川宿歴史の道&市民酒場「みのかん」(2/2)

「みのかん」さんは、外観が昭和のレトロ感たっぷりで、この一軒家だけが別世界なのを感じさせる。写真を撮りながら、しばし雰囲気に浸る。
DSC02438_20140929231252621.jpg

一見では入るのを躊躇してしまいますが、思い切って暖簾を上げて引き戸を開ける。中は外観以上に昭和の良き時代がそのまま時間が止まったような空間で、タイムマシンで時間が戻った感覚です。

こちらカウンター席。
DSC02449.jpg

テーブル席もある。壁のタバコのヤニが歴史を物語っている。
DSC02451.jpg

扇風機も時間が止まっている。今も使えるのかな??
DSC02452.jpg

カウンターの向こう側には、ハイボール用のウィスキーと炭酸が、床には焼酎が並んでいる。
DSC02444.jpg

土曜の13時ということなのか、先客はカウンターに3名。当然、皆さん昼酒だ。カウンターの真ん中が空いていたので、そこにおじゃまさせてもらう。

さて飲み物だが、酒のメニューは10種とシンプル。
DSC02453.jpg
DSC02454.jpg

まずは名物(と言われている)酎ハイをいただく。

何が名物かというと、焼酎と炭酸が別々に出てきて、焼酎の量が半端でなく、1合量ってグラスに入れてくる。なのでグラスはほとんど焼酎。これを炭酸で少しづつ割って飲むスタイルだ。炭酸水もこだわりがあって、こんなのあるの?と言いたくなる「mission of california」。ネットで調べても存在がわからぬ不思議な代物。
DSC02441.jpg

お通しも手抜きなし。厚揚げとじゃがいもの煮物。温かくてしっかりした味付け、酒のアテに良し。
DSC02445.jpg

つまみのメニューは10種とシンプルで安い。さすが市民酒場だ!
DSC02442.jpg

外は暑かったので、冷奴を頼む。一丁そのままで、カツ節と葱がたっぷり載って登場。この豆腐がまた旨い!
DSC02446.jpg

そうこうしているうちに酎ハイも飲み切り、日本酒に切り替える。
澤之鶴の一合ボトルで出てきた。これもレトロな店の雰囲気にピッタリだ。
DSC02447.jpg

つまみにタコ刺身を頼む。結構ボリュームがあり、しっかりタコの旨味がある。これは正解!
DSC02448.jpg

私以外は常連さんだと思うが、何も注文しなくても店主が頃合いを見て肴も酒も出してくる。これはすごい!

店主は酒と配膳を担当し、女将は裏方で料理を担当という感じ。もう結構な年だと思うが、元気で気丈なのが感じられる。

隣も日本酒をやっているので、思い切って声をかけてみた。私よりも年上で現役引退の方だが、朝家を出て街中ウォーキングして昼酒を楽しんで帰るというのを趣味??にしているという。酒飲み同士大いに話が盛り上がり、それとともに酒のピッチも上がり、気が付いたら2時間以上も時間が経っていた。
野毛あたりにも良く行くらしいので、またの再会を約束して店を後にした。

初めての「みのかん」は、引き戸を入った瞬間から時間を超えた別世界に引き込まれ、ずっとこの雰囲気に包まれていたいなぁと思わせる素晴らしい空間である。そして引き戸を出ると現実の世界に戻っていく。そんな不思議で魅力ある店だ。横浜の貴重な宝として、ずっとずっとこのままでいてほしい!!

よければポチっとクリックしてください。
   ↓↓       ↓↓
 
にほんブログ村

テーマ : 横浜&川崎周辺のグルメ
ジャンル : グルメ

大震災に遭われた方々へ
東日本大震災で被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 本年は皆様にとって幸多き年であることを祈念しております。
プロフィール

じゅん吟

Author:じゅん吟
日本酒をこよなく愛し、美酒との一期一会を求めて夜な夜な銘酒探訪が趣味のきき酒師です。
我が愛する「国際都市横浜」から日本の伝統的文化の一つである日本酒を発信するべく、「横浜美酒倶楽部じゅん吟」を構想しています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1099位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
80位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。